古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

3万人の滞納者を出すような事態になっておきながら、何の反省もありません! ~神奈川県後期高齢者医療広域連合議会第一回定例議会で発言

 3月27日 水曜日。曇り。
 昨日、横浜市議会の第一回定例議会が閉会し、その翌日の今日は、神奈川県後期高齢者医療広域連合議会の第一回定例会が行われました。
CIMG9070.jpg
 私は、各市町村から選ばれる20人の広域連合議員の一人で参加。そして、日本共産党からは私一人。ということで、たくさん出番がありました。
「一般質問」
「一般会計予算への質問」
「特別会計予算への質問」
「特別会計予算への反対討論」
と計4回、登壇しました。

 最後の反対討論では、以下の通り訴えました。

 横浜の古谷やすひこです。特別会計予算に反対の立場で討論します。
CIMG9082_20130327174226.jpg  
 行政機構は、自ら提案して施策を進めることで、どう影響を受けるのか、ある程度予測を立てなければなりません。環境であればアセスメントを行うことと同じです。こういった保険料水準を決める際にも、同じように、この保険料を課してしまうことで高齢者の生活はどうなるのか、どんな影響が被保険者に出てくるのかをある程度予測しなければなりません。
 今回の保険料を定めた昨年の議会で、私は「保険料が高すぎる」ことについて何度も指摘をして、
改善するように要望しましたが受け入れられず、執行されました。
 結果、全国一の3万人を超える滞納者をうむ事態となってしまいました。そして今回の予算でも
大量の滞納者をうんでしまったという反省がないままの予算だてとなっており、このままでは、新
年度もまた今年以上に滞納者が増えることは予測できます。
 滞納者が増えれば当然財政運営にも影響が出ます。また滞納者に対して特別の対応をしなければ
ならず、そういった経費がまた余計に掛かります。年金を差し押さえてまで保険料を取り立てると
いうのは、あまりにもやりすぎです。それを無理に取り立てても、結局払えなければ、生活保護へ
と追い込むことにもなりかねません。持続可能性のある制度をというのであれば、被保険者の生活
も持続可能性のあるようにするようにしなければなりません。
 また、当広域連合が、主導的に施策を進めていないことも問題だと思っています。例えば、健康診査の問題でも、受診率を引き上げたり、予防活動をもっと促進させるような手立てを他県の広域連合などでは主導的にやっていますが、当広域連合では、そういう主導的な動きはほとんど見られません。神奈川県後期高齢者広域連合としてきめた目標の達成については当然、当広域連合が責任を持つべきものです。そのためにもっと、当広域連合としてイニシアチブを発揮して創意工夫をして施策を前に進めていただきたいと思います。
 よって、本予算案には反対すること表明して討論を終えます。 
CIMG9083.jpg

 また、一般会計予算の質問の中では、こんなことも質問。
 「会議費について、なぜホテルで議会を開催する必要性があるのでしょうか?県有施設やその他の地方自治体施設を借りることをなぜしないのでしょうか?特に、全国一の3万人もの滞納者を出してしまっている当広域連合ですから、より厳しく経費の節減に努めなければならないはずです。それでも、ホテルで議会を開催することの妥当性について、伺います。」

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<日本で初めて自然エネルギー導入によるまちづくりを進める飯田市等へ視察に行ってきます! ~長野・新潟へ市会議員団視察 | ホーム | 総額600万円のイタリアへの世界遺産等への市会議員の海外視察が、どう横浜市政に役立つのでしょうか(怒)!?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1344-5b6a195c