古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「だいだい色」論争 ~保険証の色についての相談

 3月19日 火曜日。晴れ。
 いま、予算議会の真っ最中ですが、それと並行して、来週にある神奈川県後期高齢者医療広域連合議会の準備も始めています。
 そんな中、後期高齢者医療についての苦情が団に寄せられました。
 それは・・・、
 保険証の色についての苦情。
 1週間前に誕生日が来て、後期高齢者医療制度の保険証が送られてきた。その保険証と一緒に案内文章も入っていた。その案内文章の一番下には、わざわざ「ご注意ください」として保険証の色は「だいだい色」ですと書かれてある。
フル ページ写真_01
 そして送られてきた保険証は、これ。
フル ページ写真_02
 確かに、これは「だいだい色」と言われると、ちょっと!

 ともかく苦情の内容は、「役所はいつも厳密なことを要求して、四角四面の対応しかしない。だからこの色がだいだい色だと言われても間違えたと思ってしまう。訂正して欲しい」とのこと。
 ちょうど、来週の議会に向けて質問のためのレクチャーを受けていたところだったので、この件について聞くと、担当は「これはだいだい色なんです。少し薄いですけど。」と言います。
「本当にだいだい色なのか、業者の色見本で、正確にどの色をオーダーしたのか教えて欲しい」とさらに聞くと、「だいだい色の30%。つまり薄いだいだい色をオーダーしています」とのこと。

 難しいですね。結局、「だいだい色」には違いなかったわけですが、色というのは突き詰めれば微妙な個人差が出てきます。保険証のように誰もが使うモノについては、もっと誰がみてわかりやすい明確な色にしても良かったのではないかと思います。 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<最大50%の国保料が上がる!? ~横浜市政のことがよくわかる週間市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号 | ホーム | なし崩し的に横浜で保管し続けるような事態は認められません! ~横浜市内にある8000ベクレル以上の放射能汚染物を国に指定廃棄物として申請>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1338-0f5adb4e