古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市母子生活支援センター「いそごはいむ」廃止の現場へ ~横浜市議会第一回定例議会の質問準備

 2月7日 木曜日。晴れ。
 今日は、横浜市議会第一回定例議会の現年度議案で出された議案の一つ「横浜市母子生活支援施設条例の一部改正」、つまり磯子区にある母子生活支援センター「いそごハイム」がこの3月いっぱいで廃止されるということで、現地に行ってきました。
 この「いそごハイム」は閑静な住宅街のなかにある施設。
CIMG8798.jpg
 母子生活支援センターとは、「18歳未満の児童がいる母子世帯で、いろいろな事情から子どもを育てるうえで、援助を必要としている場合に入所し、専門職員の支援を受けながら自立を支援」するところ。
 今回の廃止は、今年の5月に港南区に民設民営の施設ができることと、この建物が築35年を超えて老朽化が進んだことがその要因。すでに、入所者はいない状態。
CIMG8801.jpg
 配置されている職員は、ケースワーカー3名、保育士3名(嘱託含)、事務管理2名。子どもいる施設らしく、可愛らしい飾り付けがされています。
CIMG8815.jpg
CIMG8816.jpg
 間取りは、1DKと2Kの二種類。
CIMG8804.jpg
 トイレと
CIMG8807.jpg
 台所は設置されています。
CIMG8808.jpg
 お風呂は、共同でシャワー室が二つ、お風呂が一つ。これは使用料金が必要で、シャワーが1世帯で100円。お風呂は1世帯で200円。
CIMG8811.jpg
CIMG8817.jpg
 広い学童室。ピアノをはじめ、様々な遊具も揃っています。
CIMG8823.jpg
 宿題をしたり勉強をする図書室。
CIMG8825.jpg
 3月いっぱいでの廃止予定のため、現在は入居者は0。しかしそれまでは、使える部屋は全部満室だったそうです。この施設に入所される方は、区の保護課を通じて入所されます。その大半は、メンタル面で問題を抱えていて、生活保護を受給しても自活するにはなかなか難しいケース。母子生活支援センターではありがちかと私が思っていたDV被害者は、全入所者の一割程度だそうです。
 横浜市では、母子生活支援センターが市内8ヶ所・155世帯が入ることができます。離婚も増え、メンタル面で悩みを抱える方も増えている中、さらなる拡充が求められる分野かもしれません。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<議会などの公式の場では聞けない市長の本音 ~市長との意見交換会&昼食会に参加 | ホーム | 「鶴見駅西口第二自転車駐車場新設工事」「江ヶ崎こ線橋架替事業」などの進捗について ~鶴見区の来年度の主要事業の報告がありました! >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1264-a92b42f9