古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

このままだと街の銭湯が無くなってしまいます!!

 1月10日 木曜日。晴れ。
 今日は、県の浴場組合の役員の方と参院候補の畑野さん、大山県議候補(港北)、宇都宮県委員会副委員長とともに懇談。いま県で議論されている「緊急財政対策」の関連で、銭湯に出されている補助金「公衆浴場対策費」が削減され用途していることに対して、浴場組合の皆さんは「補助金カットはやめて」と要望されて、先日の県議会で出された陳情が議会では採択されました。
 浴場組合の役員さんは、「いま全国で3500軒しか銭湯はない。利用者も圧倒的に高齢者が多い。経営努力はいろいろやっているが本当に苦しい経営状態。銭湯の料金は、物価統制令のもと料金審議会で議論され、決められる公的な料金です。それだけ、公としての役割を担っているということです。それに消費税なんか上げられたら本当に廃業も考えなければならない。なんとか、考えられることは全てやって、補助金存続を求めていきたい」とのこと。
 私たちからは、ともかく県はこれから次々と見直しをして、声を出さないところは補助金カットされる恐れがある、どんな方法でも声を上げ続けることが大事なので、私たちで出来ることがあれば一緒にやりますよ、とお話。
DSC_0006.jpg
 この写真、実は銭湯の中のロビーみたいなところで懇談しています。今は、番台方式ではなくてフロントと、まるでホテルのような呼び名になっています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<補助金存続へともに・・・はたの氏ら浴場組合と懇談 ~1月12日付 しんぶん赤旗首都圏版に記事が掲載されました  | ホーム | 【情報】横浜市でインフルエンザの報告が増えてきています!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1223-d28818b6