古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

今の「ワークシェアリング」論議は、企業の腹はいためないもの!!

1月10日土曜日。昨日降った雨はあがり、晴れてはいましたが、寒~い一日でした。
今日は午前中、潮田地域で後援会員さんへのごあいさつ廻り。「いよいよ、今年は選挙です。このひどい政治を何とかする為にも、ぜひお力貸してください」と訴え、しんぶん赤旗の購読をおススメしてきました。
この日は、新年会を2軒はしごして、ご挨拶をさせていただきました。1軒目は日本共産党の鶴見区委員会と後援会の役員会の合同新年会。参加されたお一人お一人の今年の選挙へのかける思いから、昔の闘いの思い出から様々なお話を聞かせていただきました。
2軒目は、梶山地域後援会の新年会。おいしそうな料理のすべてが手作りです。
画像-0022
残念ながら、1軒目で相当食べてしまったので、勧められつつも、ほとんど食べられず残念なことをしました。ここでは、3人の子持ちの31歳の新入党員の方が来られていました。

どちらの新年会でも話をしたのが、派遣労働をめぐる話。あの「年越し派遣村」を支えようとしたボランティアは、1700人、カンパは2300万円をこえたこと。どんな思いでボランティアの方が参加したのか、を新聞記事から紹介。そして最近財界が言い出している、「ワークシェアリング」の問題。正規社員と非正規社員の対立構造をあおって、雇用を守りたければ賃金抑制を飲めといわんばかりの、正社員いじめ。結局、経営者側は一切腹は痛まないということ。このことをしっかり告発し、いままで溜め込んだ内部留保を企業側が吐き出しながら、しっかり雇用を守るのが企業の社会的責任というものだとの主張をしっかり訴えていきたい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<朝日新聞一面で、日本共産党が大きく取り上げられました!! | ホーム | 氷雨の降る中、元気に宣伝!!赤旗も増えました!!>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/01/15(木) 13:02:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/121-6f389a2e