古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

国民に対しては、自助を求めておいて、政党の自助しようとはしないのでしょうか?? 

 いい記事ですよ。
 特に、一番下にあるグラフを見てください。
 ずばり「どれだけ、税金に依存した党運営を行っているのか」の表です。
 国民に対しては、自助を求めておいて、政党の自助しようとはしないのでしょうか??
 どうもここがよくわかりません。
 みんなの党さんなんかは、「もっと自由に競争を」とか「消費税増税の前にやるべきことがある」とか、行っているのであれば、なぜ率先してやろうとしないのか。これは、「政党助成金を受け取らない」と意思表示すれば、法改正なくともできる話です。


2012年12月1日(土)付け しんぶん赤旗より

各党の税金依存さらに
企業献金と二重取り 民主83% 自民72%
政党助成金

 各党が2011年中に受け取った政党助成金(政党交付金)が収入全体に占める割合=「税金依存率」が前年比でのきなみ上昇し、民主党が83・2%、自民党が72・5%となりました。みんなの党も前年の58・9%から37・9ポイントも急増し96・8%。11月30日に総務省が公表した政治資金収支報告によって明らかになりました。(グラフ参照)

 助成金受け取り額のトップは民主党の168億2589万円。10年に行われた参院選の敗北による議席減少で前年より2億7928万円減少しましたが、党本部収入全体に占める割合は0・5ポイント上昇しました。次いで高額の101億1469万円を受け取った自民党も、総額では減らしましたが、税金依存率は5・1ポイントの増加。同時に自民党は、11億5500万円の企業・団体献金を受け取り、助成金と企業団体献金を合わせると依存率は80・7%です。公明党も22億7534万円の助成金を受け取っています。

 1994年の政治改革・政党助成金制度導入に際しては、5年後に企業・団体献金を禁止するとしていましたがその措置は今日までとられていません。このため、日本共産党以外の政党は税金と企業・団体献金の二重取りを続けています。

 さらに、各党の本部や支部が使い残した政党助成金(基金残高)も、11年末時点で総額171億9130万円に上っていることも判明。前年末比で108億2447万円も増えました。

 政党らしい政党とは何かが鋭く問われる中、日本共産党以外の各党が、党財政の大半を税金で賄い、さらに企業・団体献金を受け取るという深刻な実態です。
2012120104_01_1.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<まだまだ紅葉は見頃でした! ~鶴見区の「横溝屋敷」の収穫祭に参加してきました! | ホーム | いま、横浜がイルミネーションがすごい!  ~「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」に行ってきました。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1166-5dccddd6