古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

ちょっとディスカウントしたからいいという話ではありません(怒)!! ~横浜市の障害者の福祉パス有料化の議案が12月議会で審議されます

 11月26日 月曜日。雨。
 今日は、12月議会の議案説明が当局からありました。
 その中で、この間、健康福祉常任委員会で議論になっていた障害者の移動支援施策の中で、福祉パスの有料化についての議案がとうとう出されました。
 対象の障害者には、全て無料活用していただいて、障害者の外出支援を後押ししていたこの福祉パスの制度。横浜市が誇るべき制度です。
 そして、この制度利用の対象者を増やす代わりに、現在無料でお渡ししている福祉パスの有料化して、お渡ししていても使っていない人にご遠慮してもらいたい。その有料化の額の提案が当初は、3200円。
 この提案に対して、市民意見募集としては異例の数で意見が集まりました。さらに、集まった意見には、自由欄にたくさんの自筆の反対する意見が寄せられました。また、障害者団体をはじめ、市内の51もの団体から福祉パス有料化反対の意見書が上がりました。常任委員会の議論の中でも、多くが反対意見で占められました。
 
 そういう経過があった中、今日の議案では、当初の3200円の提案から、1800円の提案へと引き下げられた提案が今議会で議案として出されました。
 今日の説明では、ほとんど突っ込んでやり取りをできるわけではありませんでしたが、一言だけ私から「1800円の根拠は?」と聞くと、「障害者の移動支援施策の見直し全体で、収支バランスをとれたのが、この金額なんです」とのこと。
 つまり、福祉パス・タクシー券・ガイドボランティア・ガイドヘルパーなどの全体を見直しをして、対象が増えたりして支出が今よりも増える部分や、逆に有料化で収入が増える部分、それらをひっくるめて、全体としてプラスマイナス0となるように、福祉パスの金額設定で調整をしたということなんです。

 本当にひどい話しです。お一人おひとりの障害者のみなさんには全く関係のない話しです。出された1800円という金額には、何の根拠もありません。
 市民意見募集で寄せられた意見の多くは、有料化そのものへの反対だったわけで、3200円を1800円にディスカウントしたからいいんだということではありません。健康福祉局側は、提案の仕方を誤ったと思います。



 今議会は、非常に審議すべき議案が特段に多い議会となります。
 そして、衆議院選挙の日程とこんなにばっちり重なって定例議会が行われるようになったことも過去にないほどだそうです。
 大変な政治日程が続きますが、議会での役割もしっかりと果たして行きたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<「私たちは周りの方々に何度頭を下げているかわかりません。」 ~視覚障害者団体の方から請願の紹介議員にとのお願いがありました! | ホーム | 【情報】鶴見工業高校跡地の最新情報  ~体育館の一部が保育園の仮園舎として活用されます。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1154-8a61889f