古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「(大飯原発の真下は)確実に活断層だ」と現地調査団の東洋大学教授が言明!!

 いよいよ、大飯原発を動かし続ける危険性が明らかになりつつある。
 追加調査の結果が決定的に重要になる。
 大飯を止めて、日本からすべての原発を止めるそして、廃炉作業に一刻も早く取り掛かろう!

大飯原発「確実に活断層だ」現地調査団の渡辺氏 
2012112301001699.jpg
関西電力大飯原発の敷地内にある断層について、講演で説明する原子力規制委現地調査団の渡辺満久東洋大教授

 関西電力大飯原発(福井県)の敷地内にある断層が活断層かを調べている原子力規制委員会現地調査団の渡辺満久東洋大教授が23日、大阪市内で講演し「三浦半島(神奈川県)の活断層とよく似た破砕帯で、確実に活断層だ」と主張した。7日に開かれた調査団の評価会合では結論に至らず、さらに調査することになった。
 渡辺氏は現地調査の際の写真などを示しながら「活断層の可能性があるという点ではみんな一致した」「私はクロだと判断したが、残念ながら追加調査することになった」と説明した。
 さらに、今夏に大飯原発が面する小浜湾で音波探査を実施した結果、海底の地形に断層活動による変形がみられたと報告。

河北新報 2012年11月23日
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<「県立三ッ池公園は県として都市公園を廃止することは考えておりません」との回答だが、まだまだこんな危険性が・・・ ~「県立三ッ池公園の存続署名運動報告会」に参加してきました! | ホーム | 横浜でもやっていますよ、毎週金曜日の東電神奈川支店前行動。ぜひぜひご参加を!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1148-6d7e281d