古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

防衛相「普天間周辺にも原っぱある」 ~アメリカを擁護する、そして内容もお粗末な森本防衛大臣の答弁

 ああいえば、こういう人は、どこの世界でもいるが、
 仮にも、日本とアメリカで合意した約束「人口密集地ではヘリモードで飛ばない」ということを反故にされていて、日本の防衛大臣は何も言わないばかりか、こういうアメリカを擁護する、そして内容もお粗末な答弁をしているのを聞くと、どこの国の大臣なのかと思う。 
 ハワイでは、オスプレイの配備にあたって、同機がもたらす強烈な吹きおろしの風などによる環境への悪影響を考慮して、2カ所の空港で計画されていた飛行訓練を米軍が事実上取り下げられています。
 本国では飛ばなくて、日本では飛ぶというのは、明らかに日本は馬鹿にされているとは思いませんか?


防衛相「普天間周辺にも原っぱある」 11月9日 沖縄タイムス

 【東京】森本敏防衛相は8日の衆院安全保障委員会で、オスプレイが米軍普天間飛行場周辺で「人口密集地をできるだけ避けて飛行する」とした日米合意に違反しているとの指摘があることに対し、「人口密集地ではない田畑、野原(の上空)を飛ぶようにするという合意。普天間周辺にも『原っぱ』はある」と“反論”した。赤嶺政賢氏(共産)への答弁。

 普天間周辺ではフェンスから基地内側には緩衝地帯として緑地帯はあるものの、基地の外はほとんどの地域がフェンスから数メートルの場所に住宅が存在する。「原っぱがある」との森本氏の発言は、地元住民との認識のズレが垣間見えた格好だ。

 森本氏は2米兵による暴行事件を「事故」、「たまたま外から来た兵士が起こした」などと発言し地元から反発を受けている。

 この日の委員会でも「原っぱ」以外に、自らの会見や日米両政府がこれまで合意の文言などで使用している「人口密集地」について「定義は必ずしも理解できない」などと発言。負担軽減を口にする一方で、時折のぞかせる“言葉遊び”にも映る態度は、沖縄が抱える政府への不信感を増幅させかねない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<死なない、死なせない、生き残るために、施設管理者が今日からできる対策は何か ~高齢者施設における災害対策講座 | ホーム | 「低線量被曝でも白血病」 チェルノブイリの作業員11万人対象にアメリカの研究機関が追跡調査>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1117-30abd11a