古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

昨日、不法侵入し中学二年生に対して暴行米兵はいまだ身柄は確保されておらず。藤村官房長官も「要請しない」

 昨日、家でテレビを見ていた中学二年生の子どもがいるお宅に不法侵入し、障害を負わせた米兵は、いまだ逮捕されていません。海軍病院に担ぎ込まれて入院中で、身柄は、米軍にあります。
 これに対して、日本政府の藤村官房長官は、「起訴前の身柄引き渡しを要請する必要はないとは考えている」と発言しています。
 いったいどこの国の官房長官なんでしょうか?


米兵、中学生を殴打 酔って民家侵入 県警、容疑聴取できず2012年11月3日


米空軍兵とみられる男による住居侵入中学生傷害事件が発生したアパート=2日午前9時5分ごろ、読谷村古堅

 2日午前1時ごろ、読谷村古堅の居酒屋から「米兵の男が酔って暴れている」との通報が嘉手納署にあった。署員が駆け付けたところ、居酒屋付近で倒れていた米兵を発見。消防が北谷町の海軍病院に搬送した。男は肋骨(ろっこつ)骨折、肺破裂の重傷を負い、現在入院中。署員が到着する直前には、同建物3階の住宅に米兵とみられる男が侵入し、室内で就寝していた中学2年の男子(13)を殴るなどした事件が発生しており、同署は負傷した米兵が関わっているとみて、住居侵入、傷害、器物損壊の疑いで、米兵の回復を待って、事情を聴く方針。
 在日米軍は10月16日に本島中部で発生した米海軍兵による集団女性暴行致傷事件後、日本に駐留する全米兵に午後11時から翌日の午前5時まで深夜の外出を禁止する指示を出していた。
 負傷した米兵が犯人だった場合、今後、米兵の身柄をどうするかが焦点だが、藤村修官房長官は同日午後の会見で「起訴前の身柄引き渡しを要請する必要はないとは考えている」と発言。県警が捜査を終えない中での発言に、県内では強い反発が広がっている。
 同署によると、被害男子は、左頬に全治1週間の打撲を負った。現場にはその男のものとみられる身分証明書が落ちており、米空軍嘉手納基地所属の24歳の兵士であることが判明した。男は男子を殴った後、室内のテレビを壊し、その後窓から外に出ようとして転落したとみられる。当時室内には小学生の男児もいたが、けがはない。
 被害に遭った男子の母親(41)は「警察から外国人が海軍病院に搬送されて身柄確保ができなかったと聞いて、足が震えるくらい怒りが込み上げた。何もしていない子どもに殴りかかるとは許せない」と憤った。
                                           (琉球新報より)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<99%が年収200万円以下の厳しい実態  ~日本における障害者の生活実態 | ホーム | 横浜の街の魅力UPの「スマートイルミネーション横浜2012」に家族で行ってきました。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1106-1d80dc4f