古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

昨日は、原子力発電の必要性をあらためて強調した石原東京都知事、そして今日は辞任表明!  

 今日、石原 東京都知事が辞職を表明しました。
gogai_1210250001.jpg

 昨日、関東地方知事会の石原慎太郎・東京、橋本昌・茨城、大沢正明・群馬の3都県知事は24日、同知事会の活動の一環として東京電力福島第1原発を視察しています。
 その感想として(発言は福島民友から)、
 茨城県の橋本知事は「原発事故をしっかりと検証し、将来の日本の電力の在り方を考えるべきだ」
 群馬県の大沢知事は「周囲の町が静まり返っている状況を見ると、安全がしっかり確保できるところでないと原発を再稼働させることはできないと感じた」
 そして、石原東京都知事は「補助電源の設置場所を誤ったということで冷却し切れずに水素爆発をさせたのは大きな反省点だと思う」「事故処理は綿密に対処している」
 また別の福島民報の記事では、「今回の原発事故について『冷却をしきれずに水素爆発を起こしたことは大きな反省点』と指摘。その上で、今後の原子力発電については『原発事故をもって、人間が開発した現代的な新しい技術体系を放りだすのは愚かだと思う』と述べ、原子力発電の必要性をあらためて強調した」とのこと。

 いったい、福島の何を見てきたのか?
 そして、国政で何をしたいというのか?

 ともかく、政局はさらに大きく流動化することになるでしょう。
 その中で、未来に希望ある選択肢をしっかり提供していけるように頑張りたい!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<鶴見区で行われる「11.11なくそう原発!鶴見区パレード」の案内状が届きました ~100万人の国会大包囲行動に連帯して | ホーム | 福岡県の「70歳現役社会づくり」の取り組みを視察してきました!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1092-d645b4a4