古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

福岡県の「70歳現役社会づくり」の取り組みを視察してきました!

 10月24日 水曜日。晴れ。
 今日から、3日間の予定で、横浜市議会健康福祉・病院経営常任委員会の行政視察で、今福岡にいます。
 その視察の一つで、福岡県の「70歳現役社会づくり」という事業のレクチャーと「福岡県70歳現役応援センター」の視察がありました。
 この事業は、年齢に関係なく、それぞれの意思と能力に応じて、職場や地域で「活躍」する「70歳現役社会」を目指して取り組みを進めているというもの。
CIMG7855.jpg
 福岡県庁の担当者の方からのレクチャー後、「福岡県70歳現役応援センター」へ行ってきました。
CIMG7857.jpg
 そこは、いわゆるハローワーク的な再就職支援や、シルバー人材センター、起業の支援、NPO・ボランティア・地域活動などへと、相談者のニーズに応じて専門相談員がマッチングを支援するというもの。
 これは、行き先の決まった人からの感謝の声だそうです。
CIMG7858.jpg

 まだこの事業が始まって半年余りなので、評価をするには早いかもしれません。これから爆発的に高齢者が増えていく時代。その世代に対しての何らかの施策を横浜市も検討していかなければならないと思います。

 しかし高齢者はいくつから高齢者なんでしょうか?30年前の60歳と今の60歳と比べて、全く違いますよね。国連は、「65歳以上を高齢者」と定めていますが、これを定めたのは今から60年近く前の1956年だそうです。その頃の平均寿命はおおよそ65歳。平均寿命以上の人を「高齢者」と呼んでいたようです。現在の日本の寿命は、男性80歳、女性86歳と大幅に伸びている。ということは、今の60代、70代は、まだまだ現役世代です。そういう意味では、この福岡県が提唱している「70歳現役社会」というフレーズは、一つのこれからの社会の在り方を提示しているのかもしれません。  
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<昨日は、原子力発電の必要性をあらためて強調した石原東京都知事、そして今日は辞任表明!   | ホーム | 低所得・複数人数世帯で保険料の急激な値上げとなります! ~横浜市の国民健康保険料の計算方式が来年4月に変更されます。 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1091-06cb502d