古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

生活密着の公共事業に、もっと予算をつけて! ~横浜市内の小中学校の築年数の一覧の資料

8月31日 金曜日。晴れ。
 間もなく、横浜市議会の定例議会が始まるため、準備などでワサワサしています。そして、こういう時期は、いろんな資料も飛び交う時期です。
 今日はその一つを紹介。
 今横浜市の小中学校491校ありますが、築年数がどれだけ経っているのかの資料です。
img257_02.jpg
 では、自分の子どもが通っている学校は一体いつぐらいに建てられたものなのかという資料がコレ。
img257_01.jpg
 鶴見区で一番古い学校が、平安小学校。次いで東台小学校。上末吉小、寺尾中、生麦中、矢向中などなど。
 うちの子が通う矢向中学校は、築49年が経過しています。
 公共施設のうち、学校という公共施設はもっとも使用頻度の高い、そして安全性が何よりも問われる施設です。これから、こういった築年数を重ねた学校の建て替えや修繕費がこれから莫大に膨れ上がってくることは必至です。
 ちなみに、日常的な修繕の予算は、以下の通り少しずつ減らされてきてます。
img258_01.jpg
 横浜市は、大きな港をつくったり、高速道路をつくったりすることには、莫大なお金をつぎ込んでいますが、こういった生活に密着した身近な公共事業には、なかなかお金を出さない傾向です。ここはしっかりお金の使い方を改めてもらわないといけないところです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<国会議員だけではなく、首長や地方議員も原発についての態度表明をすべき! ~毎週金曜日の官邸前行動参加、元気にコールしてきました!! | ホーム | あらゆる努力で保険料を下げる努力を不断に行わなければ、高齢者の生活は破たんします! ~神奈川県後期高齢者医療広域連合の定例議会が行われました!!>>

コメント

学校建て替え

よくわかる資料ですね。泉佐野の学校も老朽化がすすんでいますが、H27年度に耐震化100%達成予定です。長い目で見れば「建て替え」がベストですが、財政面で「せめて耐震化を」というのが実情です。
  1. 2012/09/01(土) 05:51:50 |
  2. URL |
  3. 山下由美 #PnttjUXg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1041-e72efaab