古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

私たちは10分の一の世界で生きている、その10分の一すら奪われるような仕打ち ~視覚障害者の方から切実な訴え

 さきほど、ある視覚障害者Aさんととお会いしました。
 横浜市が今市民意見募集をしている「障害者の外出支援制度の見直し」について、意見を聞いて欲しいということが、視覚障害者のガイドボランティアをしている方を通じて、私に伝わり、直接お会いすることとなりました。
そこで、出されたのは以下の文章です。Aさんは、全盲ではなく弱視であるので、このぐらいの大きさの文字はなんとか書けるし読むこともできます。


CCI20120810_0000.jpg

CCI20120810_0001.jpg

CCI20120810_0002.jpg

 そのAさんが訴えた中身は、
「ガイドボランティアさんは、私たち視覚障害者にとって、私たちの命を守ってもらっている存在。そのボランティアさんの単価が一律に500円しか払われないとなったら、私は申し訳なくて頼みづらくなってしまう。」
「耳から入る情報だけでは、健常者に比べ10分の一程度しか情報が取れない。私たちは、10分の一の世界で生きている。今回の措置を強行すれば、その10分の一すら無くしてしまうようなもの。」
「何としても、現行制度を守って欲しい。」
というもの。本当に身につまされました。

 ただでさえ、ハンディキャップをもって生きづらい毎日を過ごしている障害者の方に、さらに追い打ちをような改悪は絶対に許してはいけません。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<「福祉パスの有料化はやめよ」 ~最新の「こんにちは 古谷やすひこ です」 | ホーム | 【拡散】原発の是非について、あなたの声を政府に直接届けましょう!! ~パブリックコメントは、8月12日18時まで>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1025-a1655188