古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「原発なくせ」の17万6000人の思いが一つになった日 ~さよなら原発10万人集会に家族で参加しました! 

7月16日 月曜日 晴れ。
 今日は、代々木公園でノーベル賞作家の大江健三郎さんらが呼びかけた「さようなら原発10万人集会」が行われ、私たち家族5人で参加しました。
 もともと最寄りの原宿駅は、混雑が予想されるために、ほかの駅を利用して欲しいとビラにもあったので、渋谷駅から歩いて代々木公園へと向かいましたが、そこからもまた人・人・人。やっと会場に付いても、たくさんの人。
CIMG6872.jpg
 地元の後援会の方と一緒に来ていたのですが、一旦はぐれてしまうと、もう会えないぐらいの人の多さ。
 メインステージの会場に入ると、こんな感じ。
CIMG6873.jpg
CIMG6880.jpg
 感動です。しかし、とんでもない暑さでしたので、うちの子どもたちはこんな感じで伸びていました。
CIMG6877.jpg

 原発の問題は、もちろん今に始まったことではありません。
 しかし、昨年の福島原発の事故を受けて、放射能汚染の拡散の問題、除染指定地域の問題、風評被害の問題、震災ガレキの広域処理の問題など、様々な問題を引き起こし、未だ何ひとつとして終息したとは言えない状況です。それなのに、野田首相の一声で、原発の再稼働が決定され、実行されてしまいました。多くの国民の反対の声を踏みにじって。
 今までの福島原発事故に由来する様々な問題は、被災地と被災を受けていない県、また放射能汚染の問題の捉え方の違いなどで、日本の中に住む人の中でも温度差があったように感じていました。
 しかし、原発再稼働の強行は、問題の捉え方の違いなどではなく、大きく国民の側が一致できる問題の焦点として、浮かび上がりました。政治家は、こういう事態の時に、何を決断し、何を発言して、どう行動していくのか、問われてきます。
 これだけ、国民が声を上げているときに、日頃雄弁に声を上げている政治家は、市町村なのか県なのか国の議員なのかはともかく、発言すべき問題です。今の原発再稼働問題。是なのか否なのか。
 私は、日本共産党の地方議員だからではなく、私自身の思いとして、何としても原発の再稼働の流れを食い止めたい!原発は廃炉にしていきたい!本気で自然エネルギーへと転換していきましょう!これからも発信し続けていきます。

 これは、今日の集会の様子を号外として出した「しんぶん赤旗」です。
20120716-001_01.jpg

 

 
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<福祉パスの切り捨てはやめて!! ~横浜市内の身体障害者団体連合会の皆さんとの懇談 | ホーム | 警察の厳戒態勢の中、首相官邸前デモは、先週と同じく、15万人の参加者です。警察の警備体制が厳しくすればするほど混乱を招きます!>>

コメント

僕も参加しました

古谷さんを探したのですが、見つかりませんでした。きっと来ていると思っていたのですが。とにかくすごかったですね。歴史に残る大集会だったと思います。
  1. 2012/07/16(月) 23:03:17 |
  2. URL |
  3. 青空 #Lr6tztD6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1009-90e35b4c