古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見区内のたくさんの地域からの要望が出されました!! ~恒例の対区交渉を行いました。

 7月5日 木曜日。晴れ。
 毎年2~3回、地域の皆さんから寄せられた行政への要望事項などをまとめて提出し、調査していただいて、その場で回答をいただくという「対区交渉」を行なっていて、今日の午前中にありました。
 毎回30名近くの方が参加するため、進め方をまずは打ち合わせしてから会場へ。
CIMG6686.jpg
 全部で、40項目以上の寄せられた要望事項を手渡しながら、対区交渉は始まります。
CIMG6688.jpg
 私から、要望事項全体の説明をして、区役所側から回答をもらいます。
CIMG6691.jpg
 鶴見区全体に関わる計画について
「鶴見工業高校跡地について」→来年度には校舎を解体する準備を整えている。
「花月園競輪場跡地利活用について」→現在、調整中。
「二ツ池公園の整備事業について」→まもなく計画が発表される見込み。
「鶴見駅西口の新設駐輪場について」→現在放置自転車が約600台、駐輪場を待っている方が約200台と認識しているので、これから自転車利用者に対して意向調査を行う。その上で、定期利用・一時利用について判断していくと聞いている。
「鶴見駅東口の整備事業について」→(歩行者と自動車が錯綜している)今の状態は危険だと認識している。今年の整備事業でそのあたりは解消されるものと思っている。
「鶴見中央の千代田化工跡地について」→民間のマンション業者が開発を行うと聞いていて、現在の樹木などについても残して欲しいとの要望は伝える。

 鶴見区の防災について
「想定浸水域にある地域災害拠点の災害備蓄庫は少なくとも3階以上に上げること」→想定浸水域にある地域災害拠点は代替施設を検討している。
「想定浸水域にある住民に対して啓蒙活動を行うこと」→現在、対象地域の連合町内会に説明をしている段階。

 個別の要望事項について
 全ては書ききれませんので、特徴的なところで、
●なだらかな坂にあるお宅に雨が降った際、道路から雨水が流れ込む獅子ケ谷のお宅への対応 →早ければ7月末までに工事を終えます
●矢向1丁目公園角の十字路交差点にカーブミラーを設置すること →設置します。
●品鶴線跨線橋下の両側の歩道を確保すること →国道橋脚部分の一部が民地になっていて、オーナーと相談をします。
●鶴見1ー6付近のクレッセント鶴見二見台南側の通学路の歩行帯を確保すること →7月末にも実施。
CIMG6693.jpg

 要望書全体への回答は、1ヶ月程度あとになり、その後、要望を出された方々へ、結果をお伝えしていきます。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
<<野田首相、あらためて原発再稼働、やめましょうよ! ~毎週金曜日の首相官邸前のアピール行動に参加してきました | ホーム | 30年以内に70%の確率で首都圏直下型地震!?その時横浜は?「横浜の防災を考えるシンポジウム・14」>>

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
  1. 2012/07/07(土) 12:48:44 |
  2. URL |
  3. 職務経歴書の書き方 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/tb.php/1001-c64605b4