古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

お帰りなさい宣伝!! ~本日(11月29日)付のしんぶん赤旗の四面で、いま青年後援会が中心になって連日行われている「お帰りなさい宣伝」の様子が掲載されました

 本日(11月29日)付のしんぶん赤旗の四面で、いま青年後援会が中心になって連日行われている「お帰りなさい宣伝」の様子が掲載されました。
フル ページ写真_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【ご注意】 横浜市内でインフルエンザが流行期に入りました!!

 横浜市内で、インフルエンザが流行期に入りました。
2014-15横浜市インフルエンザ流行情報2号_01
2014-15横浜市インフルエンザ流行情報2号_02
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

家庭弁当基本ではなく、中学校給食の実施を ~横浜市政のことがよく分かる週刊市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号

 横浜市政のことがよく分かる週刊市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号。
 横浜市での中学校給食実現を阻んでいる勢力の言い分。ぜひ見てください。
古谷1126 (3)_01
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

カジノ解禁考える・・・依存症や商業衰退 負の側面、報告や講演  ~11月23日付けの神奈川新聞の社会面に、先日開催したカジノシンポジウムの記事が掲載されました

 11月23日付けの神奈川新聞の社会面に、先日開催したカジノシンポジウムの記事が掲載されました。
SKM_364e14112414370_0001.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【写真多数】全てが日本からの思いやり予算で作られた、米軍兵が住んでいる住宅はこんな感じです!! ~池子住宅と根岸住宅の視察報告

 11月21日(金)晴れ。
 今日は横浜市会基地対策特別委員会の市内米軍施設の視察日。
 まずは、逗子市と横浜市にまたがっている池子米軍住宅へ。
 周りは深い林に囲まれていて、生活環境としてはいいところです。
IMG_6872.jpg
 これは高層型の住宅。建物一つ一つに、日本の地名の名前がついていて、京都タワーとか、奈良タワーとか、宮島タワーとか。
IMG_6852.jpg
IMG_6874.jpg
 低層型は、二階建ての建物が横に5~6軒つながっていて、長屋のような感じ。
 IMG_6861.jpg
 中に入ると、もちろん土足で入る。キッチンはこんな感じで、すべて備え付けられています。
IMG_6855.jpg
 これはリビング。
IMG_6854.jpg
 二階には3つの寝室と、そのうち二つにバス・トイレがついています。
IMG_6858.jpg
IMG_6856.jpg
IMG_6857.jpg
 住宅だけでなく、付帯施設も一通りあります。
 これは幼稚園。
IMG_6851.jpg
 グラウンド。 
IMG_6868.jpg
 体育館。
IMG_6862.jpg
 写真は撮れませんでしたが、最近小学校もリニューアルオープンしたようです。

 今度は、池子地域から根岸住宅地区へ。
 個々は写真は撮れませんでしたが、広々した芝生が広がる中に、平屋のアメリカ風の家が点在しています。しかしよく見ると、カーテンもなく住んでいる形跡のない家の方が多く見受けられます。
 ここは、もはや有名になった根岸住宅地区内にある非提供地域の佐治さんのお宅。
IMG_6875.jpg
 ここは根岸住宅内にあるショッピングモールのような感じの所。
IMG_6880.jpg
IMG_6876.jpg
 この中には映画館もあります。
IMG_6878.jpg
IMG_6877.jpg
 ガソリンスタンドやクリニックなんかも隣にはあります。
IMG_6881.jpg
IMG_6882.jpg
 
 これらの全ての施設は、日本からの思いやり予算という名の税金が注ぎ込まれいます。さらに言えば、ほとんど居住者もいない施設は速やかに返すのがルールのはず。そのうえ、池子では新たに、171戸の住宅が新たにこれから建設されようとしています。こんなことを本当に認めていいんでしょうか?
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

中学校給食の検討を迫る!!市教育長への申し入れ  ~本日(11/21)付け、しんぶん赤旗の第四面に、昨日の申し入れが掲載されました

 本日(11/21)付け、しんぶん赤旗の第四面に、昨日の申し入れが掲載されました。
SKM_364e14112112260_0001.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

介護保険の大幅な改悪から、市民生活を守るための横浜市会議員団としての提案してきました!!  ~「第6期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画素案」に関する改善の申し入れ

 介護保険法が改悪され「医療・介護総合法」が施行され、それに基づくガイドラインなどで、今までの介護保険がさらに改悪されました。それを市として改善するように、団で副市長に申し入れてきました。
PB140001.jpg
PB140011.jpg


2014年11月14日
横浜市長 林 文子 様
日本共産党横浜市会議員団
団長 大 貫 憲 夫

「第6期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画素案」に関する改善の申し入れ

 いま介護問題が、高齢者はもちろん現役世代にとっても大きな不安要因となっています。国のコスト優先の貧困な福祉、社会保障施策で病院を出され、介護施設にも入れない高齢者が「お泊りデイサービス」などの脱法施設を利用したり、ホームレス用の宿泊施設を転々とするなど、メディアが「老人漂流社会」と呼ぶような深刻な状況も広がっています。「独居老人」や「老々介護世帯」が急増し、高齢者の貧困と孤立が進行する中、「介護心中」「介護殺人」などの痛ましい事件も続発しています。認知症高齢者の行方不明が年間一万人を超え、65歳以上の「孤立死・孤独死」も年間2万人にのぼると推計されています。横浜市でも、特別養護老人ホームの待機者は5000人を超えています。
 こういう現実を打開することが求められている時に、先に国会で成立した「医療・介護総合法」は、打開策にはなりえないものでした。要支援者切り、特養ホームからの軽度者の排除、一定以上の所得者の利用料の二割負担への引き上げ、病床数の削減など、介護について公的保障を後退させるばかりのメニューしかなく、今以上に公的介護・医療保障を土台から掘り崩す大改悪法であると言わざるを得ません。
 そういう「医療・介護総合法」に基づき出された「第6期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画素案」について、私たち日本共産党横浜市会議員団は、誰もが安心して必要なサービスを受けられる制度へと改善するために申し入れを行うものです。
 2025年の高齢化のピークがやってくる、そしてそれに備えるというのであれば、公的保険による介護・医療は、抑制ではなく充実こそ必要です。虐待や貧困などの「処遇困難」な高齢者が急増するいまこそ、介護保険導入後いわば“立ち枯れ”状態になってきた自治体の老人福祉・保険・公衆衛生などの再構築が急務となっています。まずは、「必要な方が必要なサービスを受けられる」介護保険を受ける権利をしっかり確保する介護保険事業計画にすること。これは大きな原則としていただきたいと思います。そして、横浜市として検討する高齢者保健福祉事業は、介護保険ではできなかった市独自の福祉施策もしっかり盛り込んで計画を策定することを求めます。
 介護保険制度には、根本的な矛盾があります。それは、サービス利用者の増加や介護従事者の労働条件改善を実行すれば、ダイレクトに保険料・利用料の引き上げに跳ね返ります。それを解消するのは、国庫負担率の大幅引き上げを国に対して強く強く求めていただきたいと思います。
 介護は福祉であり、単にコストと考えるのは誤りです。福祉は、地域で事業所を構え地域に雇用を生み出す地域密着型の産業でもあります。中小企業振興基本条例から見ても理にかない、文字通り地域経済に好循環をもたらします。こういう発想の転換こそが、これから生産年齢人口が減る中で2025年問題を攻勢的に乗り切る手立ての一つとなるのではないでしょうか。
また、ボランティアやNPO、民生委員や自治会、社会福祉協議会など、多様な担い手による地域福祉についても、保険給付の肩代わりを押し付けるのではなく、本来の役割発揮を応援することが大切です。地域福祉の担い手には、加重負担を押し付けるのではなく、きめ細やかな支援を行うことこそ行政の役割です。「公的保険」「自治体福祉」「地域福祉」が各々の職分・役割を発揮しながら連携してこそ、地域全体で高齢者を支える取り組みも前進するのではないでしょうか。
 これらのことを踏まえ、本素案について次の通り改善を要望します。


1.成立した総合法を具体化した「ガイドライン」の撤回を国に対して求めること。
2.あらゆる手立てを講じて、介護保険料の大幅値上げはやめること。
3.利用者の負担を軽減する現行の介護利用料の減免制度を拡充すること。
4.今回特別養護老人ホームの入所対象から外される「要介護1・2」の方々について、 軽費老人ホームを増設する等、受け皿施設を整備すること。
5.年300床の特別養護老人ホーム増設のペースを上げること。
6.現在「要介護1・2」で特養の待機者となっている方については、「特例入所」の対象とすること。そして、本市の特別養護老人ホームの入退所指針には、要介護1・2については、国の特例入所基準に加えて現行の規定を踏襲すること。
7.本来の「特例入所」の要件である虐待・孤立など処遇困難を救済する措置福祉施設である養護老人ホームの増設も行うこと。
8.要支援者への現行で提供されている介護サービスについて、総合事業となっても専門職による現行サービス基準を維持すること。
9.介護サービス利用について介護認定を受けることを基本にすること。その上で、「基本チェックリスト」を活用する場合でも、専門家によるものとすること。
10.現状でも問題となっている認定会議でさばききれなくなっている事態について改善を図ること。
11.上記を達成するために、国庫負担の抜本的な増額を国に求めること。

以上

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜ぜんそく患者の救済をめざす会が結成されました ~本日付け(11月12日)しんぶん赤旗の首都圏版に、私のことが記事に掲載されました

 本日付け(11月12日)しんぶん赤旗の首都圏版に、私のことが記事に掲載されました。フル ページ写真_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

解散カードをちらつかせる安倍政権をしっかり追い詰めよう!! ~本日(11月12日付け)しんぶん赤旗の党活動版で、先日の定例の朝宣伝の様子が記事になりました。

 本日(11月12日付け)しんぶん赤旗の党活動版で、先日の定例の朝宣伝の様子が記事になりました。この記事の中では触れられていませんが、先日の赤旗まつりに参加した青年後援会のメンバーが「木佐木と古谷が頑張っている中で、私たちも何としても二人を勝たせるために自分たちでやれることから頑張ろう」と自主的に加わってくれています。
フル ページ写真_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします