古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

学童の困っていることを聞いて! ~学童ではリフォーム費用などお金を借りられない

 4月30日 火曜日。晴れ。
 今日は、我が家から一番近い、「しんつる学童」へ、斉藤 放課後児童育成課長をはじめ、こども青少年局の職員の総勢3名と、行ってきました。
CIMG9300.jpg
 この「しんつる学童」は、急速に対象児童が増え、借りている場所も手狭となっている問題、借りている建物に耐震性がなくその耐震補強に莫大なお金がかかる問題などなど、今横浜市内の学童であれば、どこでも共通するような問題を抱えている学童です。
 これが3・11の時に入ったひび割れ。
CIMG9302.jpg
 その実際の現状をぜひ横浜市にも直接知ってほしいということで、今回の場を設定しました。
 冒頭、指導員の先生からは、「一刻も早くこの危険な建物から引っ越したい。子どもの安全に責任を持てない」との訴えから、実はもう引越し先を決めてきているとの話。
 なかなか、学童の物件を探そうとしても、貸してくれるところがないこと、引越し時に二重に家賃を支払わなくてはならないこと、リフォーム費用などを銀行からは借りることができないという問題、いろいろ保護者会の役員の方からも切実な訴えがありました。
 これが、移転先の元は機械系の工場があったところ。
CIMG9304.jpg
 まだまだ油くさいですが、保護者の方が休みのたびごとに、せっせと掃除をしています。引越しも、保護者の手で行うとのこと。

 今回は、とにかく実態を知ってもらって、困っていることを市に対して直接訴えたいとことは、達成できたと思いますが、実際どう制度を構築していくのかは、これからしっかり詰めていきたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【情報】猫の不妊去勢手術費用の一部助成について、今年は6月3日から受付が始まります。

 情報です。
 猫の不妊去勢手術費用の一部助成について、今年は6月3日から受付が始まります。
記者発表資料(H25不妊去勢)_02
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【情報】横浜でのカラスの大量不審死は、鳥インフルエンザではありませんでした。

 情報です。
 横浜でカラスの不審死が・・・。
 鳥インフルエンザは陰性だったようです。
0430 記者発表(中区内でのカラスの不審死)_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

展示飛行でのオスプレイの風圧の凄まじさがよくわかります。これで10人が怪我をする事故に!

アメリカのニューヨーク市では2010年5月に、展示飛行で飛来したオスプレイが会場の公園に着陸しょうとした際、風圧で周りの木を折り、10人が怪我する事故が起きたその様子です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【名社説です!】スポーツで、試合のルールを自分に有利なように変更することは許されない。 ~河北新報2・24社説「統治者には拘束が必要だ」

いい社説です。記録用にブログに残します!

憲法96条 統治者には拘束が必要だ/河北新報 社説  2013-02-24

 スポーツで、試合のルールを自分に有利なように変更することは許されない。
 例えば野球で、貧打に悩むチームが「三振」を「四振」に変えてくれと相手チームに持ち掛けても、通るはずがなかろう。
 憲法改正手続きをめぐって、安倍晋三首相がルール変更の必要性を繰り返し主張している。理由は「ハードルが高すぎる」。
 最高権力者が簡単に緩和を口にするようでは、専横とのそしりは免れない。何より、立憲主義に対する理解不足を疑われても仕方がない。
 首相が改憲を志向することの是非は、あえて問わない。だが、衆院選大勝の余勢を駆ってルール変更に動くことは無謀であり、国民的理解も得られない。
 議論になっているのは、憲法改正手続きについて規定している96条。改憲には衆参両院とも総員の3分の2以上の賛成で国会が発議し、承認には「国民投票で過半数の賛成が必要」としている。
 首相はかねて96条を問題視してきた。衆院選前には「たった3分の1を超える国会議員の反対で、発議できないのはおかしい。そういう(改憲に消極的な)横柄な議員には退場してもらう選挙を行うべきだ」と述べた。  発議に「3分の2以上」という特別多数を求めている点で、日本国憲法は「硬性憲法」といわれる。自民党など改憲肯定派は、これを過半数という単純多数に引き下げることで、改憲に向けた環境整備を図ろうとしている。「軟性憲法」化だ。
 仙台市出身の憲法学者、樋口陽一東大名誉教授は「憲法は権力を持っている人たちを縛り、持たない人の自由を確保するのが主眼」と述べている。
 統治者を拘束する国の最高法規であるからこそ、発議要件は厳格に。これが「硬性」に込められたメッセージだろう。
 発議要件を過半数とした場合、確かに発議は容易になる。だが、今度は政権交代があるたびに与党の意向でいとも簡単に改廃できるようになる。
 「不磨」と同様、「朝令暮改」も憲法を害する行為であることを指摘しておきたい。
 首相にとってのジレンマは96条を変えるにしても、差し当たりは現行の規定に沿って事を進めなければならないことだ。つまり、衆参で3分の2以上の改憲勢力を確保する必要がある。
 自民、公明両党は衆院で325議席を獲得。数字上は可能だが、公明党は発議要件の緩和に慎重だ。このため、改憲に前向きな日本維新の会などとの連携を視野に入れる。
 焦点は参院だ。自民党はことし夏の参院選で「ねじれ状態」の解消はもちろんのこと、民主党内にも一定数いる憲法改正派を糾合して、改憲を政治日程に載せる戦略を描いている。
 であるなら、参院選を「憲法とは何か」という根底的な問いをめぐる国民的議論の場としなければならない。
 「横柄な議員」とは誰のことを言うのか、見極めるのは私たち国民である。


2013年02月23日土曜日
img_23132_14091122_0.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

4年ぶりの梶山診療所健康まつり、いい天気の中無事開催されました!!

 4月28日 日曜日。晴れ。
 今日は、梶山診療所の健康まつりの日。長年地域の方々に支えられながら続いた、この健康まつりも、実は4年ぶりの開催。2010年は雨で中止。2011年は震災直後で中止。昨年も雨で中止。ということで、今日は実に4年ぶりの開催。実にいい天気です。
IMG_1438.jpg
IMG_1418.jpg
IMG_1421.jpg
IMG_1419.jpg
IMG_1435.jpg
 岡山所長、宮下友の会会長に続いて、私からも一言ご挨拶させていただきました。
IMG_1427.jpg
IMG_1432.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

中国で100人を超える感染者を出している「鳥インフルエンザ」への横浜市の対応は・・・?

 情報です。
 いま、中国で起こっている鳥インフルエンザA(H7N5)感染の横浜市の対応についてです。
 今のところ、100人を超える感染者と20人を超える死亡者を出している鳥インフルエンザ。しかし、ヒトからヒトへの持続的な感染は、現時点では確認されていません。
 この鳥インフルエンザが、ヒトからヒトへと持続的に感染が広がるような事態となれば、WHOが「フェーズ4」を宣言し、それに基づき厚生労働大臣が記者会見をし、その後横浜市として「横浜市新型インフルエンザ等対策本部 及び 区新型インフルエンザ等対策本部」を設置する、とのこと。
13042502_01.jpg
13042502_02.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

ぜひ読んでみて!今話題の横浜市の待機児童ゼロについて「保育所待機児童ゼロというけれど・・・」 ~横浜市政のことがよくわかる週刊市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号

 横浜市政のことがよくわかる週刊市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号。
 今日は、話題の横浜市の保育所待機児童ゼロについて、「保育所待機児童ゼロというけれど・・・」と題して、ここをもっと改善したほうがいいのではという問題点を指摘。
 ぜひ読んでみてください!!
古谷0424_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

岸谷生麦線トンネル工事現場 「スモッグ不安! 住民視察」 ~4月24日付けのしんぶん赤旗の首都圏版に、先日の岸谷生麦線のトンネル視察の記事が掲載されました

 4月24日付けのしんぶん赤旗の首都圏版に、先日の岸谷生麦線のトンネル視察の記事が掲載されました。
13042501_01.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

工事中のトンネルの現場を歩いてみました!  ~都市計画道路岸谷生麦線の視察

 4月23日(火)晴れ。
 今日は、鶴見区の岸谷地域・生麦地域で工事が進められている岸谷生麦線の工事の進捗とトンネルの現場視察を地域住民の皆さんと一緒に行いました。
 都市計画道路岸谷生麦線は、鶴見区岸谷二丁目(国道1号)を起点とし、鶴見区生麦三丁目(東京大師横浜線)を終点とする延長約1.2km、標準幅員約17mの幹線街路です。
file____C__Users_古谷家_Desktop_keikaku_map4_01
 はじめに、一言ご挨拶させていただきました。
古谷①
 横浜市道路局職員と首都高速道路公団からの工事状況の説明の様子。
CIMG9257.jpg
 そして、トンネルの現場へ。
CIMG9256.jpg
CIMG9260.jpg
CIMG9261.jpg
岸谷線視察2
岸谷生麦線3
 この岸谷生麦線のトンネル部分は、200m強なので、トンネル部分には特に換気棟などは設置されず、自然排気するとのこと。
 しかし皆さん、ちょうどその出口をトンネル側から見てみると、
CIMG9264.jpg
 マンション群が広がっています
CIMG9269.jpg
 また、それ以前に、このトンネルのちょうど真上には、生麦中学校が立地しています。
CIMG9266.jpg
 生麦中学校の体育館の壁に広がっているひび割れ(「因果関係はない」というのが当局説明でしたが・・・)。
CIMG9272.jpg
 今でも、この生麦中学校は喘息罹患率が全市的に見ても高い。この道路が完成すれば、さらに罹患率が増えていくことになるのは間違いありません。
 
 これはトンネルの出口側の工事の様子。
CIMG9273.jpg
CIMG9274.jpg

 この道路が完成すれば、多くの走行車両がこの道路をかけぬけ、当然周辺住民や学校施設には悪影響が出てくることは明らかではないでしょうか?横浜市と首都高速は、周辺住民の命と健康を守るために、しっかり対応していただきたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【写真集】 なんと日産スタジアムのピッチに立ってしまいました! ~アフリカ開発会議横浜開催親善サッカー大会のその様子

 この夏に、横浜を会場として行われる「アフリカ開発会議」。超党派で議員連盟もつくって、その成功のために準備しているところです。
 私が所属している「横浜市会議員フットボールクラブ」でも、この成功のために何かできないかということで、親善サッカーを行えないかということで準備をしてきたサッカー大会が4月20日に開催にこぎつけました。そして会場は、なんと日産スタジアム。びっくりです。
IMG_1389.jpg
画像(掲額写真) 024
 まずは、古川キャプテンのもとに打ち合わせ。
画像(掲額写真) 094
画像(掲額写真) 089
 そして、まずは横浜市内の小学生の選抜チームとの試合。
画像(掲額写真) 098
画像(掲額写真) 159
画像(掲額写真) 173
画像(掲額写真) 288
画像(掲額写真) 299
画像(掲額写真) 420
画像(掲額写真) 484
画像(掲額写真) 491
CIMG9254.jpg

 そして、いよいよ在京アフリカ外交団(ADC)のチームとの対戦です。
 横浜側は、林市長があいさつ。
画像(掲額写真) 671
 ADC側は、コンバッハ ジンバブエ駐日大使があいさつ。
画像(掲額写真) 680
 そして試合開始!
画像(掲額写真) 758
画像(掲額写真) 802
画像(掲額写真) 882
画像(掲額写真) 902
画像(掲額写真) 903
 結果は、3 対 1 で、ADCチームの勝ち。
IMG_1392_20130423180638.jpg
画像(掲額写真) 1092
画像(掲額写真) 1165
 2試合とも負けましたが、誰も大きなけがなく何とか終えました。この後交流会には、ADC側の家族の方も参加して楽しんでもらえたと思います。 
 IMG_1391_20130423181028.jpg

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜の地域を守る消防団、若干昨年より増えました! ~横浜市の消防団の最新の現状資料

 横浜市の消防団の状況についての最新データです。
 火事を含めて、災害時には地域を守る消防団の存在は大事です。
 最新資料では、昨年に比べて若干団員が増えましたが、まだまだ必要数までには遠いです。
 消防局の方とも一緒になって、いろいろアイデアを出していきたいと思います。
各区消防団員実員数(H25 04 01現在)_01
 もちろん、横浜市の消防団の一員として!
CIMG7877_20130422232214.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【お知らせ】みんなの一歩が世界を変える! ~今年もまもなく平和行進が始まります。鶴見区は5月11日。

 お知らせです。
 「核兵器をなくす」「フクシマを繰り返さないためにも、原発ゼロ、自然エネルギーへの転換をすすめましょう」ということで、今年も全国各地から広島へ、長崎へ、平和行進が行われます。
 鶴見区は、毎年5月11日です。一歩でも二歩でも、一緒に歩きましょう。
フル ページ写真_01
フル ページ写真_02
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

日本の地方議員の現状は・・・「所属政党別人数は」「女性議員数の数は」 ~総務省による地方議会議員の所属党派別調査から

 日本の地方議員の現状の調査結果が総務省から発表されました(全国市議会旬報より)。
 所属会派別では、無所属が全体の62.7%でダントツです。続いて、2位が公明党、3位が日本共産党、4位が自民党。
 女性議員の割合は、年々微減している中、政党別では、日本共産党が689人でトップ。

 日本共産党は、草の根の市民の皆さんの声を拾い上げるために、全国津々浦々まで地方議員がいます。また、女性のちからもしっかり、その能力を活かしていくことを、スローガンではなく、実践している証拠だと思っています。
13042101_01.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【拡散】2つの巨大デモが国会前に大合流 ~「0602反原発国会大包囲」圧倒的市民の声をたたきつけよう

みなさん、6月2日に集まることはもちろんのこと、
このことを大きく情報拡散していきましょう!
0602_flyer_01.jpg
0602_flyer_02.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【情報】横浜市の大災害の発生時の緊急度・重症度に応じた医療体制の変更

 大規模災害時の医療について新たな取り組みが始まるとのことです。
【130417】記者発表資料_01
【130417】記者発表資料_02
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

ぜひ見てみてください。県内でも最低レベルの小児医療費助成の実態。横浜市は最低レベルの水準です ~横浜市政のことがよくわかる週間市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号

 横浜市政のことがよくわかる週間市政ニュース「こんにちは 古谷やすひこ です」の最新号。
 ぜひ見てみてください。県内でも最低レベルの小児医療費助成の実態。横浜市は最低レベルの水準です。
古谷0417_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「ベビーカーはどこを通ればいいのか?」をテーマに、局の垣根を越えて現場で検討しました! ~鶴見区の矢向第一陸橋のバリアフリー化を目指して 

 4月16日。
 午後から、地元の鶴見区矢向にある、矢向第一陸橋の現場へ。
CIMG9210.jpg
 ここは、長年地域のみなさんから、エレベーターの設置の要望が出されているところです。
 尻手駅から矢向2~6丁目の町が広がり、この陸橋をはさんで、矢向1丁目と江ケ崎町があります。
 この矢向地域全体が、鶴見区内のなかでも人口急増地域です。特に、矢向1丁目と江ケ崎町は、中小の向上が撤退しどんどん宅地開発が進んでいる地域です。さらに、特別養護老人ホームが3箇所、障害者施設が1箇所、小学校・中学校・保育園・学童施設などが急速に整備されてきた地域です。
 そんな地域の中で、この矢向第一陸橋は、車中心の道路で、歩道がほとんどなく、側道からの階段のみの状態。
CIMG9217.jpg
CIMG9218.jpg
CIMG9212.jpg
 ベビーカーや車椅子、足の不自由な方は、一体どこを通ればいいのか???
 そのために、日頃からこの橋を使っている地元の方々と、市当局からは、道路局橋梁課、鶴見土木事務所、健康福祉局福祉保健課のそれぞれの立場から、解決法を探るということで、一同に集まっていただきました。
CIMG9221.jpg
CIMG9223.jpg
CIMG9234.jpg
CIMG9236.jpg
CIMG9238.jpg
CIMG9246.jpg
・この辺にエレベーターは設置できないだろうか。
・この辺に斜路を作ってはどうか。
・陸橋に沿った形での張り出し歩道を作れないだろうか。
・既存の階段を再整備して、エレベーターを組み込めないだろうか。
などなど、いろいろアイデアを出し合いました。

 今回で結論にはもちろん至りませんが、現場にみんな集まって、地元の方の意見を聞きつつ、現場を見て、検討する場をもてたというのは、非常に有意義だったのではないかと思います。引き続き、検討を続けていきたいと思います。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

地元住民は望んでいない都市計画道路岸谷線は要りません ~恒例の道路局交渉を行いました

 4月16日火曜日。晴れ。
 今日は、鶴見区の生麦地域岸谷地域の地域住民で結成されている「都市計画道路岸谷線と大気汚染を考える会」と「生麦の高速道路と大気汚染を考える会」の役員の皆さんが、毎年行っている道路局への要望に同席させていただきました。
IMG_1383.jpg
 要望に際して、岸谷の柳町町会の会長から「岸谷生麦線が建設が進んでいて、その上岸谷線はいらない。無駄遣いではないか。それでもどうしても進めるというのであれば、市長自らが現場をみて、地元の町内会館で市長自らが地元住民に説明して欲しいと思います。」
 要望事項の読み上げ後、参加者から重ねての要望・意見が寄せられました。
・「岸谷のコミュニティーセンター用に市民局が取得している土地も、岸谷線用地となってしまっているのは、どういうことなのか?」
・「岸谷小学校などの児童への喘息対策はやっているのか」
・「商業施設や物流センターが出来るときでさえ、交通量の問題などのシュミレーションをするのに、なぜ岸谷線では行わないのか?」
・「トンネル部分は、排気ガスや粉塵の対策がきっちり取られているが、高架部分の対策は皆無で、この部分の排気ガスや粉塵が何の処理もされないまま、宅地に流れ出してしまう。」
・岸谷線の位置づけについて、従来は小型道路の説明がされてきたが、今は普通道路の検討がされているというのは、どういうことなのか?
などなど。

 後日、個別の要望事項への回答が出され、その住民説明会が(前述の両方の)「会」の主催で、5月に生麦地域と岸谷地域でそれぞれ行われます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【情報】横浜市の緊急風疹対策 ~風疹の流行が止まらない

 情報です。
 風疹の流行が止まりません。
 そこで、横浜市でも、緊急に助成して接種してもらおうと、対策にのりだしました。
 まずはお知らせまで。
記者発表資料25 4 15 (風しん対策)_01
添付資料 感染症臨時情報_01
添付資料 感染症臨時情報_02
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

よう壁工事はお金がかかりすぎます! ~先週の爆弾低気圧での岸谷の土砂崩れ現場での防災工事説明会を開催しました!

 4月15日 月曜日。晴れ。
 先週末に、全国的に大きな被害をもたらした爆弾低気圧によって、土砂崩れの被害が鶴見区内でも、数箇所起こりました。
 そのうちの一つ、岸谷の現場は、民家の擁壁が崩れ、階段上の公道が土砂で埋まり通行不能となりました。その様子はこちら。
CIMG9177.jpg
CIMG9179.jpg
 崩れた擁壁は、大谷石の擁壁の上にブロックも積んである、いわゆる二重擁壁の状態。これを解消するための応急処置は、今日の時点ではとにかく済んでいました。
 しかし、ここで問題が・・・!
 同じような二重擁壁の状態が別の面にもあり、その隣のお宅を含めて3軒が同じような状態。
CIMG9181.jpg
 しかも、少し外側に膨らんでいる様子が見えます。もし、同じように擁壁が崩れれば、下のお宅にも大きな被害が出ることは明らか。また自宅もどんな被害が出るのか。
 そこで、横浜市として、個人が所有している擁壁で、市が「改善を求める」要望があり、その擁壁を作り変える防災工事の一部助成金の制度「横浜市がけ地防災対策工事助成制度」という制度があって、この制度説明を近隣住民を対象に説明会を行いました。
IMG_1778_20130415231123.jpg
 説明後いくつかの質疑応答がありましたが、一番の大きなネックは、費用がかかりすぎること。確かに助成金で5m以上の擁壁で400万円が限度で出ますが、ここでの大まかな見立て金額は、総額1000万円弱はかかるのではないか。そうすると実際、そんな金額は払えない、という声がほとんど。
 そうすると、折衷案として、擁壁を全面で更新することはできなくても、擁壁の強度をいくらかでも増すような補強工事が現実的な提案かもしれません。しかし、十分な強度を保証できない補強工事には、一切助成金は出ません。

 これは本当に難しい問題です。
 自分の宅地の敷地内にある擁壁は、個人にその管理責任の所在があります。
 危険だと今分かっていても、あまりにも金額が多額すぎて、防災工事をやったほうがいいけどできない。
 どうするのか?
 そこに今のところ対案はありません。
 早急にこれからの対応策を考えなければなりません。

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

視覚障害者の老後を過ごせる場所がない!? ~市民アンケートへご意見を寄せていただいた方との直接懇談をしてきました

 今、私たちの議員団として、「税金の使い道について」などの市民アンケートに取り組んでいます。
 そのアンケートへの返送はがきがどんどん集まってきています。
 その中の一通に、磯子区の福祉施設代表の方からご意見をいただき、ぜひ直接伺ってお話を聞かせてもらいたいということで、先日磯子まで伺ってきました。
 ご意見を寄せていただいたのは、地域活動支援センター「ジョイフレンド」の代表・上杉さん。
CIMG9201.jpg
 上杉さんは、元教師。全盲の障害者となり、磯子の視覚障害者福祉協会の現会長でありながら、福祉施設の運営も行っている方です。
 上杉さんからは、今の横浜市の障害者施策について、いくつかの要望を頂きました。
・肢体不自由の障害者が高齢のためグループホームに入居したいとなって、区役所に相談に行ってもなかなか対応ができていない。
・特に視覚障害者の方が高齢となって、老後を安心して過ごせる施設が圧倒的にない状態。
・もっと、横浜市がイニシアチブをとって、視覚障害者のグループホームを作って欲しい。

 また、元教師という経験から、中学校給食をなぜ実施できないのかという点と、希望する生徒全員が高校に入ることができないという問題点について、様々ご意見を頂きました。

 障害者施策へのご意見は、直接市の障害の担当者と懇談をセッティングすることとなりました。

 みなさんからも、横浜市政へのご意見ご要望ありましたら、どしどしお寄せください。 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市のミサイル発射情報の誤配信問題で、全く誤った情報が2300件以上もリツイートされてしまう事態となりました!!

 昨日、大々的に報道された横浜市のミサイル発射情報の誤配信についての記者発表資料です。
 訂正はすぐに出したものの、すでに誤配信された情報が2300件以上もリツイートされた後でした。
CCF20130412_01.jpg
CCF20130412 (2)_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

自然エネルギー普及施策から住民自治を尊重する仕組みまで... ~横浜市政のことがよくわかる週刊市政ニュース「こんにちわ 古谷やすひこ です」の最新号

 横浜市政のことがよくわかる週刊市政ニュース「こんにちわ 古谷やすひこ です」の最新号です。
 長野・新潟へ行った視察の報告をのせています。
古谷0410_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【情報】横浜市の市営住宅の募集が明日(4/10)からはじまります!!

 情報です。
 毎年二回、春と秋に募集している市営住宅の募集が4月10~19日で行われます。
 「募集のしおり」は、各区の区役所の窓口に置いてありますので、必要な方はご応募ください。
13040901_01.jpg
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【お知らせ】毎年恒例5月3日は、「鶴見平和フェスティバル」が開催されます!!

 お知らせです。
 5月3日の憲法記念日には、もはや恒例となった「鶴見平和フェスティバル」が、今年も行われます。
 憲法をとにかく変えるんだと推し進めている安倍政権に対して、草の根の運動を広げていくことがどうしても必要です。ぜひふらりと寄ってください。私もふらっと寄ります。
フル ページ写真_01
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

爆弾低気圧での土砂流出の被害現場の様子 ~緊急に市内全域で点検が必要です

 今朝、鶴見区役所から、昨夜からの爆弾低気圧での区内の被害状況の報告がメールで以下の通り届きました。
Microsoft Word - 20130406【記者発表資料】避難勧告事案_01
 まずは、避難されているという町内会館へ行くと既に自宅に戻ったあと。そこで「土砂が流出」したというその現場へ。
CIMG9173.jpg
 建築局の担当者は立ち去ったあとでしたが、その判断はとりあえず、このまま崩落するような事態ではないということで、避難された方々はとりあえず自宅に戻られたとのこと。

 今後のこの現場の復旧を急ぐことと同時にまだまだ区内でもたくさんの急傾斜地は残っています。あらためて、緊急に安全性の点検をすることが求められています。 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

住民による自治を尊重する取り組みを実践している新潟市 ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その四

 長野県飯田市・下條村に続いて、新潟市へ移動。
 新潟市の「にいがた自治体研究所」でお話を伺いました。
P3300015.jpg
・新潟市は2007年に政令指定都市になった際に、行政区毎に区自治協議会を設置し、住民による自治を尊重する取り組みを行っています。また、もう少し身近な単位での地域コミュニティー協議会も運営されており、多様な方法で住民意思を取り上げていこうとしています。
・「分権型の政令市」を目指し、区長に大きな権限を与えることなどをはじめ、”大きな区役所”を指向。
・こうした分権の仕組みを自治基本条例として、条例で定める。
・地域にとって大問題である、小中学校の統廃合などについては、行政側の意向と地域コミュニティー協議会の意見が真っ向からぶつかることも。
・区自治協議会からの「建議・意見書」の扱いは重く、仮に市長と地域協議会の意見が異なった場合、慎重な対応が求められ、真っ向から反する場合、市長はその意見に従わないことについて十分な説明責任をおう。

 横浜市は、日本一の人口を抱える政令市であるがゆえに、多様な住民意思を行政運営の中でどう反映させるかは大きな課題。横浜市も、大阪都構想の向こうをはって、県から独立して特別自治市を目指すとしていますが、何のために目指すのか。それよりも、もっと足元から固めていくほうが、市民のためになるのではないでしょうか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

子育て支援に投資をして人口が増えた村を視察 ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その三

 翌日は、飯田市の視察に続いて、その近隣にある下條村へ。
 全国から視察が相次いでいて、町村レベルの視察を優先的に受けているということだったので、日本共産党の串原村会議員から、説明を受けました。
CIMG9106.jpg
・全国でもトップクラスの健全な財政運営(全国で4位)。
・生活コストの削減を図るため、70~75歳の医療費自己負担分の3割助成、75歳以上は5割助成を実施。
・村営住宅の整備を促進、家賃を市価の半値に抑える。特に若者の専用住宅なども積極的に整備。
・子育て世代を村に呼び込むために、子どもの医療費を高校生まで無料。保育料の値下げ。結果、14歳以下の人口比率は16.4%と県内トップに。人口は増加、この10年で小学校は二学級、中学校は一学級増えた。
・下水道事業は、合併浄化槽方式で、事業費を削減。
・村道や農道などの整備補修など200万円以下の事業費のものは、村としては整備せず、資材を提供するという方法に。
P3290005.jpg
 そして、村営住宅を視察。
P3290010.jpg
 村が資材を提供し、住民が自ら整備した農道を視察。
CIMG9110.jpg
P3290014.jpg
 
 どこにお金を配分して、村の未来を形作っていくのか?この下條村も試行錯誤の中で、大きな公共事業を進めていくという方向性よりも、村に住む人に着目してお金を投資していくという流れにしていくことの実践をみさせてもらいました。

(続く)

  
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

画期的!信号機のない交差点「ラウンドアバウト」を体験! ~長野・新潟への自然エネルギー等の議員団視察報告 その二

 長野県飯田市の視察の続き。
 自然エネルギー施策の次に、信号機のない交差点「ラウンドアバウト」の説明。
CIMG9093.jpg
・「ラウンドアバウト」とは、交差点の中央に円形地帯が設けられた円形交差点の一種。車両はこの中央島に沿った環状の道路を一方向に通行し、それぞれの道路へと流出していく。環道を走行する車両に優先権がある。
・直進をする車も、一旦は環道に入らなければならないため、必ず減速します。そのため、交差点内の事故は減ったそうです。
フル ページ写真_01

 そして実際の場所を視察。
CIMG9095.jpg
CIMG9096.jpg
CIMG9097.jpg
CIMG9098.jpg
CIMG9100.jpg
 はじめてだと若干戸惑いますが、とにかく環道に入るときは右側だけをみて入り、そして目当てのところで出て行く。いくつか課題はあるものの、なかなかいいシステムです。特に、大震災が起こった場合、電力供給が途切れても、ラウンドアバウト方式の交差点は何も影響を受けません。 
P3280021.jpg

(続く)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします