古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜の公立中学校入学にかかる費用は...  高い!!

 1月28日 土曜日。晴れ。
 いよいよ我が家の長男も、今年の春には、中学生になり、近くの公立中学校に通うことになります。今日は、その制服など、諸々の買出しがあるということで、夕方に出かけました。
 「矢向中学なんですが、...」と話すやいなや、店員さん5人ぐらいがワラワラとやってきて、よってたかって、服を着せ始めます。
IMG_0638.jpg
 「上着とズボンとワイシャツを一式揃えていただくと、特典でヤイシャツをもう一枚プレゼント」とか、
 「卒業式用のブレザーなんかも、今なら無料でレンタルできますよ」とか、
 とにかく、それぞれの口からいろんな情報が発せられるので、聞き取る方は大変です。
 とにもかくにも、4月からの入学用の物は一式揃えました。
 上着が、19950円
 冬ズボンが、11445円
 長袖ワイシャツ(2枚)が、5340円
 ネクタイが、1575円
 ベルトが、2000円
 夏ズボンが、10920円
 夏用半袖ワイシャツ(2枚)が、5120円

 しめて、その総額は、56350円です。ちょっとびっくり、高いですね。そのほかに、カバンやジャージなど、今日揃えていないものもありますので、6万円は超えることでしょう。
 その後も含めて、これから次男三男と続いていくと思ったら、教育費にお金がかかっていくのは、これからです。「子育てにお金がかかる」ことを実感して、帰ってきました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

ベラルーシでの出来事は、未来の日本です。しっかり学ばなければなりません。 ~横浜での菅谷・松本市長講演会の中止について

 明日の夜に、開港記念会館で予定されていた、長野の松本市長・菅谷昭さんの講演会が中止になったのは、本当に残念です。しかも、この直前に。何者かによる脅迫FAXが松本市に送られたとのこと。私のように参加を予定していた人はもちろんのこと、中心になって運営にあたっておられた方々のご心労ご心痛はいかばかりかと、思います。

 私も、明日の講演会に向けて、菅谷市長の著書を読み、
41nEMEF2BJL__SL500_AA300_.jpg
準備万端だったので、非常に残念です。これは、ベラルーシで今なお続く、チェルノブイリの苦しみがリアルに描かれています。
 ベラルーシでの出来事は、未来の日本です。しっかり学ばなければなりません。菅谷市長の講演は、私自身が聞きたいという気持ちと、一人でも多くの横浜市民のみなさんに聞かせたいと、あらためて思います。

 重ね重ね、まだいろいろ後始末があると思いますが、主催者の方々、本当にお疲れ様です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

近隣病院の救急車などの車両通行に問題が出るか? ~鶴見区元宮に「ホームセンターコーナン」の工事が始まります。

 近隣の方から、「あの場所は何が出来るの」とよく聞かれていた場所の利用計画が明らかになりました。
鶴見区元宮2丁目の場所です。
バインダー1_02
 この場所に、「ホームセンターコーナン 鶴見元宮店」の工事が、5月から始まります。
バインダー1_05
 地上一階建てで、駐車場は525台。
 716㎡の公園も提供されます。
バインダー1_03
 国道からの引き込み道路はありませんので、既存の道路が活用されるということなので、近隣住民の方や近隣の病院に向かう救急車などの車両の走行に支障がないような計画にしてもらわなくてはなりません。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

予算議会に向けて、ご意見ご要望をお聞かせください  ~日本共産党横浜市会議員団の市政懇談会(2/9)のお知らせ

 お知らせです。
3440123_01.jpg
 来年度予算について、みなさんの声を聞かせてください。
 どなたでも参加できます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見区に、縄文時代の遺跡がみつかったことを知っていますか? ~「馬場綿内谷遺跡」の発掘調査が鶴見区馬場7丁目の現場で進んでいます

 鶴見区に、縄文時代の遺跡がみつかったことを知っていますか?
 「馬場綿内谷遺跡(ばばわたうちやといせき)」という遺跡が、馬場7丁目に、横浜環状北線の工事の中で見つかりました。
baba01_20120123212144.jpg
(公益財団法人かながわ考古学財団のHPより)
 「遺跡からは、江戸時代の道の跡、平安時代のお墓(約1100年前)、古墳時代の集落跡(約1300年前)、縄文時代の集落跡(約6000年前)などが発見されており、土器や石器などたくさんの遺物が出土しています。」(公益財団法人かながわ考古学財団 資料より)
baba04.jpg
(公益財団法人かながわ考古学財団HPより 古墳時代の住居跡)

 鶴見区で、江戸時代で使われていた道の跡だったり、6000年前の竪穴住居跡が見つかるなんて、すごいですね。

 ぜひ見たいと思いますが、昨日は公開されていたようですが、今後は公開の予定はないとのこと。こういう身近で歴史を感じ取れるものを生で見る機会をぜひ、作って欲しいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

日光で視察した放射線量数値データを公表します!!  ~横浜の修学旅行問題  

日光の修学旅行問題で、1月17~18日に視察した際のRadiで測った数値を公表します。
日光市放射線測定20120117公表用データ_01
日光市放射線測定20120117公表用データ_02
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

【雨天中止のお知らせ】本日の末吉地域での放射線量測定会は、雨天延期

お知らせです。
「久々ですが、末吉地域での放射線量の測定会を行います。」

と予定していましたが、雨天延期とさせていただきます。
予定されていた方、大変申し訳ありませんが、
あらためて、ブログ上にて、公表させていただきます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

たかだか、これだけの情報で「問題なし」と宣言するのは、余りにも拙速です。 ~環境省が日光修学旅行での線量を発表

 日光への視察の報告を受けて、ブログで視察報告を行なったところ、メールでもツイッターでもコメントがいくつか寄せられています。その一つに、
「1月21日朝日新聞37面によれば、環境省は『線量影響なし』とのこと。この報道を受けて古谷市議の最新のコメン トを開示して下さい。」
とありましたので、コメントしたいと思います。
SCAN0091.jpg
 私が日光に行って、強く感じたことは、外部被爆に対する多くの日光市の方々の認識の低さ。「国による除染の基準は0.23μシーベルトで、いまの日光市はこれぐらいの線量だ」ということをほとんど認識していません。
 だから、今回のように環境省が安全宣言をして国によるお墨付きをすることで、さらに日光市が外部被爆に対して何も対応しないくなることは、目に見えるようです。
 しかも記事をよく読んでみると、戦場ヶ原や湯ノ湖の日光市の中でも西の方で、もともとスピーディーでみても低い地域ですし、私が戦場ヶ原で測定したときの数値も、たしかに、環境省の発表通りです。ですが問題は、この地域より東の日光市の中心部や、さらに北の方の日光江戸村や東武ワールドスクエアなども、ぜひ環境省で発表したうえで、”安全宣言”を出して欲しいと思います。
 たかだか、これだけの情報で「問題なし」と宣言するのは、余りにも拙速です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

2/13 みのもんたの「朝ズバ」などでおなじみの小池あきら(党政策委員長)が鶴見公会堂にやって来ます!!

お知らせです。
みのもんたの「朝ズバ」などでおなじみの小池あきら(党政策委員長)が鶴見公会堂にやって来ます。
消費税の増税は、どう考えたらいいのか?
政府が進めようとしている税と社会保障の一体改革とは、どういうものなのか?
小池さんらしく、明確にお話します。
SCAN0090.jpg
どなたでも参加できます。
ぜひ、小池あきらさんの話を聞きに来てください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

生麦の貝の浜公園に、鶴見区で初めての、津波警報システムの屋外スピーカーが設置されます!

年度内の小年の3月いっぱいまでに、津波警報システムの屋外スピーカーが、鶴見区では一箇所、生麦の貝の浜緑地公園に設置されます。
SCAN0089.jpg
SCAN0088.jpg
 一箇所では、まだまだ足りませんけど、まずは一歩というところですかね。
 4月からの年度ではもっと速いペースで設置をしていってもらいたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

日光への修学旅行について、どうすべきか?  ~修学旅行問題 日光への視察(その五 最後です)

 日光への視察報告の最後になります。

 今回の日光での視察を受けて感じたことは、市の担当者の方も「積極的に対応していきたい」というものの、その対応は、あくまでも「積極的に測定をして、それを公表する」ことにとどまっていること。測定して、基準値より高ければ除染をして、数値を基準値内にするように対応するわけではありません。

 しかし、日光市は12月に国による除染対象地域と指定されたことから、年度内にも除染地域を確定し除染計画を作り実施していくことになります。そうなれば、0.23μシーベルト以上の場所は除染することになります。
 しかしこのテンポではとうてい間に合いません。5月頃には、新6年生の修学旅行シーズンが始まることになりますから。

 どうするか?
 修学旅行ポイントは限られていますから、特別に除染することをまずは求めたいと思います。さらに、旅館やホテルや立ち寄るレストランなどは、食材の産地をホームページなどで公表すること、さらに実際に食べる直前の検査も実施すること。そうして内部被爆と外部被爆の双方をできうる限り下げる努力をすることを求めます。このことはひいては、日光市に住む子どもたちのためにもなるものとも思います。
 こういった対応ができないということであれば、横浜市教育委員会に対して、修学旅行先の変更を求めます。

 ぜひご意見をお寄せください。
 ご意見は、メールにてお願いします。
 y-furu3941@triton.ocn.ne.jp



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

修学旅行で立ち寄る先を実際に測定したその結果は... ~修学旅行問題 日光への視察(その四)

 日光への視察報告(その四)です。
 修学旅行で立ち寄る先を測定器(堀場Radi)を持って測ってきました。
 まず、新宿から特急に乗って東武日光駅に着きましたが、その前の下今市駅周辺での車内の線量。
CIMG5623.jpg
 ちなみに、新宿を出発時には、0.044μシーベルト。
 そして東武日光駅は、0.153μシーベルト。
 レンタカーを借りて、こんな感じで測定しながら移動。
CIMG5625.jpg
 いろは坂では、「い」のところで0.143μシーベルト。
 戦場ヶ原に到着。男体山をバックに記念撮影ポイントでは、地上1mで、0.120μシーベルト、地表では、0.126μシーベルト。
CIMG5629.jpg
 次のスポットは、湯滝。
CIMG5633.jpg
地上1mでは、0.087μシーベルト。地表では、0.097μシーベルト。
 次のスポットは、竜頭の滝。
CIMG5635.jpg
地上1mでは、0.087μシーベルト。地表では、0.097μシーベルト。
 次は、有名な華厳の滝。
CIMG5639.jpg
展望台の上で、地上1mで0.125μシーベルト。地表で0.126μシーベルト。
華厳の滝の駐車場で測定してみると、地表で0.222μシーベルト。ここは県の管轄の場所だそうです。
CIMG5645.jpg
 翌日には、これまた有名な日光東照宮へ。陽明門や
CIMG5664.jpg
「みざる、いわざる、きかざる」の三猿。
CIMG5660.jpg
眠り猫。
CIMG5668.jpg
家康公のお墓。
CIMG5670.jpg
詳しくは書けませんが、総じて地上1mで0.150μシーベルト前後。

 また、横浜の小学校は行きませんが、鬼怒川温泉近くのある有名レジャー施設では、入口の写真スポットでは、地上1mで0.409μシーベルト、地表で0.482μシーベルト。この場所では、市の観光課の職員が持ってきたミスターガンマでも同じ場所を測定しましたが、Radiの値とほとんど変わりませんでした。
CIMG5671.jpg
 そのすぐ近くの有名レジャー施設では副施設長が案内して頂きました。しかしここでも、数値は高く、入口付近で地上1mで0.370μシーベルト、地表で0.482μシーベルト。園内の芝生の上では、地表で0.892μシーベルトをカウントしたところもありました。その日は、たまたま営業日ではありましたが、除染作業を職員総出でされているところでした。
CIMG5678.jpg
CIMG5684.jpg
 しかしその施設では、測定器がなく、除染前がどういう状態で、除染をした結果、どこまで数値が下がったかを何も知らないまま、除染が行われているという現実。これではなかなか対応は進まないのでは、と市の担当者には伝えました。 

 続く。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

日光の放射能から子どもを守る会との懇談 ~修学旅行問題 日光への視察(その三)

 日光への視察報告(その3)です。
 日光市の担当者の方との懇談後、「日光・放射能から子どもを守る会」の大島さんの御自宅へ伺い、お話を聞かせていただきました。

 「いまの日光は非常に危険なところであると思いますよ。全部の小学校を測定して対応していると市側はいうものの、いまだに0.4とか0.5μシーベルトの学校が残っている。一番高かった小百小学校は0.71μシーベルトありましたからね。」
 「私が問題だと思うのは3点。一つは、市の放射能汚染に対する考え方が甘いということ。二つ目には、対策を点で考えるのではなくて、面で考えて欲しいということ。三つ目は、とにかく子供や妊婦さんのことを何よりも優先的に対応して欲しいということ。」
 「今、日光の会は、10数人で活動しています。活動し始めるのが本当に遅かった。市の対応を見ていると、『放射能』という言葉をとにかく使わないようにしている。日光市全体を変えるぐらいの強い気持ちがないと市の対応は変わらないと思う。」
 「市側をチェックする議会側も、危機感を感じている人が居ないのではないかとも思ってしまう。小学校の汚染地域を放置していること自体、必死さがないと思う。極端にいえば、戦争よりも大変な事態になっていると思いますよ。」
 「中から日光市を変えることが難しければ、外圧を使ってでも日光市の対策を変えていきたい。」
などなど。

 心配されている方々が切り離されていて、頑張っている大島さんなども孤軍奮闘されている様子です。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

0.2、0.3、0.4μシーベルトのところに日光市の子どもたちは生活しているんです ~修学旅行問題 日光への視察(その二)

 日光への視察報告(その二)です。
 福田市議との懇談後、日光市の担当者との懇談の場へ。
  柴田 明(総務課長)大橋富昭(総務課課長補佐)
  海老原忠(観光交流課長)本間佳夫(観光交流課観光企画係)  
  塩谷弘志(観光振興課長)田中宏充(観光振興課誘客推進係長)
  星野一晃(教育委員会学校教育課長)
が忙しい中、対応していただきました。こちら側は、私と綾瀬の上田市議、日光の福田市議。
CIMG5646.jpg
 日光市が今取り組んでいる放射能汚染対策について、柴田総務課長からお話がありました。
「国による汚染重点調査地域に日光市は指定され、これからデーターをもとに除染地域を選定していく。国による0.23μシーベルトを超えるところは計画的に除染していくことになります。その際、これからの子どもたちの所や観光都市日光としては、観光客が多く集まる観光地を中心に進めていきたい。」「現在でもホットスポット対策として、子どもたちが集まる所の雨樋や側溝などを1426地点を測定し、3割が基準値1μシーベルトを超えていたので、順次除染しているところです。」「日光市全体の線量マップも作って、これからの対策に活かしていっている」とのこと。そのマップは以下のとおり。
SCAN0087.jpg
 その後、暫時質疑応答がありました。
問「日光江戸村など非常に高い線量だと聞いているが、除染は行わないのか?」
答「先程の言ったとおり、国の指定をこの度受けたので、除染実施計画を年度内にたてて2年を目処に計画を実施していきたいと思っています。民間事業者である日光江戸村には、補助対象として除染をお願いしていくことになる。」
問「それでは、今年の5月ぐらいからはじまる修学旅行シーズンに間に合わないのではないか?今の状態で、日光が安全だと思っているのでしょうか?」
答「私たちは、ホットスポット(1μシーベルト超)以外は大丈夫だと思っています。現に、0.2、0.3、0.4のところで、日光市の子どもたちは暮らしています。被爆と一口にいっても、日常生活を送っていれば、もともと医療被爆もあれば自然被爆もある。どれが科学的に正しい数字なのかは政府も示していない。」
問「土壌調査を日光市としてやらないのはなぜか?」
答「県では耕作地の検査を行なっています。市では、国基準がないので土壌の調査はやりません。」

 その後、観光課からは、ホテルの食材についての報告がありました。「原則は地産地消をうたっています。出荷元などの検査は県が行なっています。さらに食材の公開なども行なっていきたい。しかし、昨今の状況ではそれだけでは足りないということで、実際に宿泊施設ごとでお客さんに出す前の食材検査を行うようなことを検討しているところが出てきている。私たちとしても、ホテルや旅館さんに要望を聞きながら、機器も揃えていきたいと思っている。」 とのこと。
問「地産地消ということですが、日光市の公設市場ではどんな検査の体制がありますか?」
答「市場には検査体制はありません。」
問「牛肉などの食材は、栃木産なのか、どういうものを使っていますか?」
答「修学旅行生を受け入れるホテルや旅館では同じメニューにするようにしている。その中で牛肉は国内産ではなく、オージービーフを使うことになっています。」
CIMG5648.jpg
 まだまだ細かかなやりとりはいっぱいしたのですが、書き留めきれませんでした。
 一言感想は、内部被爆に対する対応は比較的行おうとしている様子はわかりましたが、外部被爆に対する認識は驚くほど低いことに驚きです。範囲が広すぎて除染ができないと思っているのか、除染は必要ないと思っているのか分かりませんが。マップを見ても、日光市の中心部が0.3~0.4μシーベルトという緑マークが広がっています。とにかく意識の差は、埋めがたいほどあることを感じてきました。 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

とにかく”放射能”という言葉を風評被害を恐れてできるだけ使わないようにしている~修学旅行問題  日光への視察(その一)

 日光市への視察の報告(その一)です。
 日光に着いた日の午後から、日光市議会議員の福田悦子議員(日本共産党)と懇談しました。
 「日光市は、とにかく”放射能”という言葉を風評被害を恐れてできるだけ使わないようにしている。例えば、放射能汚染対策に対応する特別委員会が9月に設置されたが、その名前は”震災後の安全安心に関する特別委員会”となっている。」
28_000.jpg
と話す福田市議。「空間の線量は、平均して0.2マイクロシーベルト前後。だから0.2μシーベルトは日光では当たり前に数字に残念ながらなってしまっている。日光の小学校で見つかったホットスポットは346箇所。そのうち、最高値は、16.55μシーベルトと考えられない値。」ちなみに、ここでいうホットスポットとは、1μシーベルトを超えた地点が346箇所あって、これが日光市の除染基準値。「そのほかにも、雨樋の下などを測ると、4~5μシーベルトがでるところもある。」「議会の一般質問などで、放射線対策のことも特別委員会ができてしまったおかげで質問をしずらくなってしまった。」
 その他、日光市議会での放射線対策の様子や各議員の議論、また日光市の放射線対策の問題点などを意見交換しました。
 また福田市議から頂いた資料の中に、市民意識アンケートに寄せられた日光市民の生の意見が載せてありましたのでいくつか紹介します。
「現在、3歳の息子がおり、保育園に通っています。最近は外遊びが始まり、、子供は楽しそうにしているのですが、放射能による土壌汚染がとても気になっています。公園や園庭・校庭など砂を変えていただくなど、徹底して取り組んでいただけたらと思います」
「今、日光市が観光都市として生き残るためにすべきことは、市を上げて除染をし、数値を下げる活動をアピールすることです。自分たちの市の子どもたちを大切に思うやさしい日光市には、必ず観光客が戻ってくるはずです。大好きな日光市を早く綺麗で安全な日光市に戻してください。」

 一言感想。数字のケタが違いすぎて、日頃0.05μシーベルトの横浜ではなかなか理解できない。しかし、同じように、議会でも問題を指摘している議員がいて、横浜とも同じように心配している若いお父さんお母さんたちがいて、その中で、修学旅行問題で関わっている私たちに何が出来るのか。

続く。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見川にかかる水道橋を2015年にも撤去工事が開始か??

矢向1丁目と上末吉2丁目にかかる「水道橋」が2015年にも撤去工事が始まります。
「水道橋を存続させる会」で川崎市水道局に説明を聞く会を設けています。
SCAN0085_20120119162138.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜でもようやく放射線量測定機器(堀場のRadi)の貸出が始まることになりました!!

横浜で、ようやく放射線量測定機器の貸出が始まります。
SCAN0086.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

なくせば457人分の経費に相当する政党助成金を受取り続ける11政党

まっすぐにスジを通す私たち 日本共産党の主張です。
SCAN0084.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市の8割の小学生が行っている日光への修学旅行は本当に大丈夫なのか? ~日光へ視察に行ってきました

 1月18日 水曜日。晴れ。
 今、大きな問題になっている小学生の修学旅行先の問題で、私も1月17~18日の一泊二日で、綾瀬市の上田市議と一緒に行ってきました。
 行程は以下のとおり。
17日(火)AM 修学旅行先の測定(戦場ヶ原・湯滝・竜頭の滝・華厳の滝)
      PM 福田悦子 日光市議との懇談
        日光市 担当者との懇談
          柴田 明(総務課長)大橋富昭(総務課課長補佐)
          海老原忠(観光交流課長)本間佳夫(観光交流課観光企画係)  
          塩谷弘志(観光振興課長)田中宏充(観光振興課誘客推進係長)
          星野一晃(教育委員会学校教育課長)
        大谷川公園内にある農作物を持ち込んで測るする施設を視察
        大島さん(日光・放射能から子どもを守る会)との懇談
18日(水)AM (修学旅行生を受け入れている)ホテルチェーン社長との懇談
        新井俊一(日光観光協会会長)との懇談
        大久保政一(日光観光協会事務局長)との懇談 
        修学旅行先の測定
            (日光東照宮・日光江戸村・東武ワールドスクエア)
        
と、盛りだくさんの日程でまわってきました。
 報告することが多すぎて、明日以降に詳細な報告をさせていただきます。
 
              

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市民の請願陳情権は保証されているのか? ~横浜市健康福祉局での請願議論の実際から

 横浜市会のホームページで、「陳情・請願」という欄に、こう書かれています。
 「市政などについての意見や要望があるときは、誰でも請願書や陳情書を市会に提出することができます。」
 これに基づき、議会ごとに市民の方や団体の方々から、様々な陳情や請願が市会に提出され、議題として論議され、採択・不採択となっていくわけですが、現実的に市民の陳情請願権は、形式上出すことはできますが、実質的には、ほとんどの陳情請願は、不採択となっています。
 ちょっと長いですが、少し読んでみてください。
SCAN0081.jpgSCAN0082.jpgSCAN0083.jpg
 この場合は、まだ多少議論らしきものをしていますが、ほとんどの場合、わが党議員以外の委員からの発言はないまま、「議論は尽きたもの」とされ、反対(賛成)意見を述べないまま採択・不採択の結論だけ出すことになります。
 つまり、請願陳情の中身が問題ではなくて、「誰が」出した請願陳情なのか、というところだけで判断されているのではないかと思います。これでは実質的な議論はできません。
 
 あるべき姿として、どんな団体や個人から出されたものであれ、請願陳情の論議は、その中身で論議されるべきだと考えますが、みなさんはどう考えますでしょうか?
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

本場と南部の市場の放射能検査体制が強化されます ~横浜市の来年度予算の内示がありました。

 1月13日。
 今日は、横浜市の来年度予算案のレクチャーがありました。
とりあえず、ここでは放射能汚染対策として、計上されたものを載せます。
SCAN0077.jpg
 今の対策とは大きな変更はありませんが、南部と本場の市場の放射能測定器が現在の簡易のものではなく、核種分析までできる機械が導入されることになりました。
 とりあえず情報まで。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

日本で稼働している原発は、現在6基  ~ブルームバーグ日本語版ニュースより

昨年のブルームバーグで出ていたニュースですが、
いまの日本で稼働している原発はたった6基!!
それでも、日本は動いています。
いまこそ、原発からしっかりと脱却して、どう自然エネルギーへと転換していくのかをビジョンを出していくべき時ではないでしょうか。


原発:全54基中6基が運転中、稼働率11%-玄海4号機が定検入り

 12月26日(ブルームバーグ):ブルームバーグ・ニュースが電力各社のウェブサイト情報を基に算出した国内原子力発電所の稼働状況は以下の通り。26日午前11時現在で、原発全54基(出力合計4896万キロワット)のうち出力ベース11%に相当する6基(同562万4000キロワット)が運転中。

  九州電力は25日、玄海原発4号機(出力118万キロワット)を定期検査で停止した。

      電力各社の原発運転状況は以下の通り

電力会社 発電所 号機 出力 運転状況
北海道電力 泊  1号 57.9  停止中 再開未定
         2号 57.9  停止中 再開未定
         3号 91.2  運転中 来年4月までに定検

東北電力 女川  1号 52.4  停止中 地震後に停止
         2号 82.5  停止中 地震前から停止
         3号 82.5  停止中 地震後に停止
     東通  1号 110.0  停止中 地震前から停止

東京電力 福島第一 1号  46.0  停止中 メルトダウン
         2号 78.4  停止中 メルトダウン
         3号  78.4  停止中 メルトダウン
         4号  78.4  停止中 原子炉建屋が破損
         5号  78.4  停止中 地震前から停止
         6号 110.0  停止中 地震前から停止
     福島第二 1号 110.0  停止中 地震後に停止
         2号 110.0  停止中 地震後に停止
         3号 110.0  停止中 地震後に停止
         4号 110.0  停止中 地震後に停止
    柏崎刈羽 1号 110.0  停止中 定検で停止・再開未定
         2号 110.0  停止中 07年の地震後に停止
         3号 110.0  停止中 07年の地震後に停止
         4号 110.0  停止中 07年の地震後に停止
         5号 110.0  運転中 来年1月25日から定検
         6号 135.6  運転中 来年3月10日から定検
         7号 135.6  停止中 11月中旬まで定期点検

中部電力 浜岡  3号 110.0  停止中 地震・津波対策強化で停止
         4号 113.7  停止中 地震・津波対策強化で停止
         5号 138.0  停止中 地震・津波対策強化で停止

北陸電力 志賀  1号  54.0  停止中 不具合で停止・再開未定
         2号 120.6  停止中 定検で停止・再開未定

関西電力 美浜  1号  34.0  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  50.0  停止中 不具合で停止・再開未定
         3号  82.6  停止中 定検で停止・再開未定
     高浜  1号  82.6  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  82.6  停止中 定検で停止・再開未定
         3号  87.0  運転中 来年2月20日までに停止
         4号  87.0  停止中 定検で停止・再開未定
     大飯  1号 117.5  停止中 冷却装置の不具合で停止
         2号 117.5  停止中 定検で停止・再開未定
         3号 118.0  停止中 定検で停止・再開未定
         4号 118.0  停止中 定検で停止・再開未定

中国電力 島根  1号  46.0  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  82.0  運転中 来年1月下旬までに停止

四国電力 伊方  1号  56.6  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  56.6  運転中 来年1月中旬までに停止
         3号  89.0  停止中 再開先送り

九州電力 玄海  1号  55.9  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  55.9  停止中 定検で停止・再開延期
         3号 118.0  停止中 定検で停止・再開延期
         4号 118.0  停止中 定検で停止・再開未定
      川内 1号  89.0  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  89.0  停止中 定検で停止・再開未定

日本原電 敦賀 1号 35.7  停止中 3月まで定検
         2号 116.0  停止中 燃料漏れで5月7日停止

   東海第二    110.0  停止中 地震で破損

*出力=万キロワット
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「鶴見区内各地で放射線量測定」「特養入所待ち326人 全く足りない区内の施設」 ~古谷やすひこ写真ニュースができました!

 1月13日 金曜日。晴れ。
 昨年の4月の選挙で当選以来、とにかく情報をどんどん発信しようと、このブログをはじめ、ツイッターやフェイスブックなど、インターネットでの情報発信は、がむしゃらにやってきましたが、他方でインターネットを全く使わない方にとっての情報発信が足りないことも感じていましたので、この度、私の「写真ニュース」ポスターをつくりました。
IMG_0634.jpg
 今、徐々に鶴見区内で張り出しつつあります。「うちの壁に貼ってもいいよ!」と言う方は、ぜひぜひ連絡ください。y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。
 また駅などでの宣伝も旺盛に行いながら、これからも速やかな情報発信を行なっていきたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

アメリカの新たな核実験へ抗議する横浜市の態度表明

横浜市のやるじゃないか、と思ったこと。
1月6日付けで、アメリカの新たな核実験への抗議を行なっています。
SCAN0076.jpg
ちなみに、「Zマシン」というのは、世界で最も強いエックス線を発生させる装置で、これを用いて核兵器が爆発した時に近い超高温、超高圧の状態をつくり、核兵器の材料になるプルトニウムの反応を調べるというもの。

若干抗議をするには、遅かったような気がしないでもありませんが、ともかくしっかり態度表明をしたことは評価できます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

高いところでも、0.198μシーベルトの線量  ~日光に赴いた市教育委員会からのレクチャー

 1月10日 火曜日。晴れ。
 今日は、今大きな問題になりつつある日光への修学旅行の問題で、教育委員会の指導企画課の森田係長から、先日に行った現地に赴いて日光市との懇談や、線量を測定したとのことだったので、その内容をお聞きしました。
 
古谷「私は、日光に行ってはいけないと言っている訳ではなくて、日光であれどこであれ、修学旅行先の安全はしっかり確保すべきであって、その安全性を確保する義務は、日光市と市の教育委員会にあるという立場でお聞きしたい。先日の日光市へ赴いたのはどういう目的で行ったのか?」

森田係長「私ともう一人で12月の20~21で日光市に行きました。目的は3つ、一つは修学旅行先の線量測定を行うこと。二つ目は、各学校毎で修学旅行の下見の際にそれぞれが線量計をもって測ることを了承してもらうこと。三つ目は、観光組合や旅館組合などに実際に生徒が泊まるホテル旅館などでの食事の食材の産地公開や測定結果などの公表をしてもらえるのかを確認すること。」

一つ目の線量結果は、持っていったミスターガンマで地上1センチと地上1メートルを測ったが、地上1mでは、高いところで0.180μシーベルト、地上1cmでは0.198μシーベルト。
二つ目の各学校ごとの下見の際に線量計を持っていって測定することはOKだということ。但し、公表の仕方などは学校毎の判断となる。
三つ目の食材の問題は、おおむね産地公開や測定結果の公表などを行うことは合意できる。さらに、実際生徒が泊まる日の食材の産地公開や検査結果などの公表は、個別にも公表することが、なんとか合意出来そうだということ。

森田係長「実際、線量計をもって行って測るまで、高いんじゃないかと思っていたが、横浜市よりは高いものの、思ったほどではなかったことにホッとしている。2つ目3つ目の目的については、心配される保護者への不安対応のために丁寧に行い、しっかり情報発信していきたい。」
森田係長「横浜市内の小学校345校中、8割の280校ぐらいは、修学旅行先に日光に行っている。数で言えば、2万人ぐらいのことかもしれないが、もし横浜市内の全ての小学校が日光に行かないとなれば、大変な風評被害を受けることになる。今朝も他都市から、日光の修学旅行についての横浜市の対応の質問が来た。慎重にかつ、丁寧に対応していきたい。」


みなさんは、どう考えますか?
私は、さらにいくつか疑問は湧いてきます。
国による除染対象地域となったが、いつからどうやって除染を行うのか?
公設市場の検査体制はどうなっているのか?

もう少し、突っ込んで調べていきたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

希望ある日本をともに ~成人式宣伝の様子がしんぶん赤旗に載りました

昨日の成人式での訴えの様子が、しんぶん赤旗 首都圏版に載りました。
SCAN0075.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

希望ある日本を一緒につくりましょう!  ~横浜アリーナでの成人式宣伝

 1月9日 月曜日。晴れ。
 今日は、横浜市主催の成人式。私も、ここ10数年来、会場の横浜アリーナ近くの新横浜駅での宣伝に参加しています。今年は、横浜市の新成人は、3万4000人、全国では122万人。
 即席のお立ち台で私も訴えさせて頂きました。
古谷
 「3・11以降、『自分に何が出来るのか』と考え、現地にボランティアに駆けつけたり、脱原発の集会やデモに参加したりする若者が増えています。これまで、『自己責任』論を押し付けられバラバラにされてきた若い世代が『少しでも被災者の力になりたい』と社会的連隊の絆をつくろうと行動しているのは、日本にとっても新しい希望の流れです。」「今まで、日本の政治は、この7年間毎年違った首相で新年を迎えています。自民公明の政権でも、民主党の政権でも、財界からお金をもらうことを是としている政党では政治は変わりません。アメリカからの圧力に、モノを申せない政党では政治は変わりません。このままでは政治の閉塞感が打開できず、国民の暮らしも平和も守れないことは明らかです。原発の再稼働の問題も、民主党も自民党も再稼働に容認姿勢を示しています。私たち日本共産党は、この閉塞状況を作り出した政治の古い枠組みを打ち破り、新しい本当の意味での国民こそが主人公の日本を、みなさんとともに実現することを目指しています。いつの時代も、新しい歴史を作るのは、未来に生きる青年であり、私たち日本共産党はいつの時代も青年と共にたたかう政党です。新成人のみなさん、激動の時代に、希望ある日本を一緒につくっていきましょう!!」
 衆議院比例候補の畑野きみえさんも駆けつけ、新成人へのお祝いの言葉を述べました。
市議団3

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見区中から集結してきた消防車の数々 ~鶴見区消防出初式に参加してきました

 1月7日 土曜日。晴れ。
 新年明けてから、長年支持している方々への挨拶回りや各種新年会・賀詞交歓会など、この一月は、議会はありませんが、殺人的なスケジュールで毎日動いています。
 今日は、鶴見区の消防出初式に参加してきました。
 この一年の表彰やあいさつ、祝辞などに続いて、消防団による纏振込み。
CIMG5606.jpg
 続いて、鶴見区ではおなじみ、全国大会に何度も優勝している潮田中学校のマーチングバンドの演奏。
CIMG5607.jpg
 全ての消防所から、この出初式に集結してきた消防車のお披露目。
CIMG5609.jpg
CIMG5610.jpg
 続いて、家庭消防員による消火訓練の様子。的に当てると後ろから文字が出てくる趣向。
CIMG5611.jpg
 交通事故での負傷者の救出訓練。
 CIMG5613.jpg
 地震などでの、建物からの人命救助訓練。
CIMG5614.jpg
 最後に、一斉放水をして、お開きとなりました。たくさん来ていた子供たちに最後に風船が配られていました。行政が行う行事では珍しい風景でした。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

私がいつも街頭などで演説の参考にするのは、この人   ~小池晃 政策委員長の新春第一声

私がいつも街頭などで演説の参考にするのは、この人、
前参議院議員の小池晃さん。
テレビなどでもおなじみの小池さんの話はわかりやすい。
いまの日本の諸問題を20分で語っています。
ぜひ聞いてみてください。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

市民のみなさんが希望の持てる一年を! ~関内駅での新年のご挨拶

1月4日 水曜日。快晴の朝。
今日は、市役所も仕事始めの日。
毎年恒例の関内駅をお借りしての日本共産党神奈川県委員会の新年のご挨拶。
CIMG5605.jpg
衆議院南関東ブロック比例代表候補の畑野きみえさんや小池神奈川県委員長とともに、新年の訴えを行いました。
CIMG5600.jpg
「昨年は、3月11日の東日本大震災やそれに伴う福島第一原発の事故。それによって、ここ横浜市でも放射能汚染の問題が大きな問題となってきました。しかし、小さなお子さんを持つお父さん方お母さん方を中心に、市政に働きかけ、横浜市の放射能汚染対策は、不十分なところはあるものの、大きく前進してきました。私たち日本共産党横浜市会議員団は、2回の緊急申し入れを行い、議員団としても市政を動かすように働きかけを行ってまいりました。引き続き、本年も、市民のみなさんが希望の持てる一年となりますように、私たちも全力で頑張ってまいりたいと思います。」
CIMG5599.jpg
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします