古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

11/3 鶴見中央地域の測定会行います!

お知らせです。
11月3日 木曜日 午後2時より、鶴見中央地域で放射能測定会を行います。
メールで下記のような相談を受けました。

はじめまして
HPを拝見し、放射線量の測定をお願いしたく、ご連絡させていただきました。

【希望地域は下記のとおりです。】
◆鶴見中央2丁目鶴見神社横のJRガード下 ➠かなり不安です。
◆鶴見神社公園
◆鯉ヶ淵公園
◆佃野公園
◆鶴見川河川敷 など

横浜市道路局にガート下の測定について、相談しましたが、
測定器を持ち合わせていないため、対応は出来かねる。
測定および清掃は地域住民にお願いしたい旨、回答を得ました。
ガート下は子供達の通学路でもあり、雨どいから雨水が流れ込み、側溝は雨が上がっても数日間水溜り状態です。
水が乾燥すると堆積した汚泥が姿を現しています。
よろしくお願いいたします。

待ち合わせは、午後二時に、鶴見図書館横の鯉ヶ淵公園に集合です。
どなたでも参加していただけます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

介護保険料と利用料の負担増を回避するために 〜第5期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の策定に当たっての申し入れ

10月30日 月曜日。晴れ。
今日は、間もなく発表される来年からの介護保険の第五次計画についての申し入れを行いました。
PA310006.jpg
2011年10月31日
横浜市長 林 文子 様
                               日本共産党横浜市会議員団
                                団長 大 貫 憲 夫

第5期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の策定に当たっての申し入れ

施行後11年を経た介護保険制度は、高すぎる保険料・利用者負担、深刻な施設不足、実態を反映しない要介護認定や利用制限額によるサービス制限など様々な問題が噴出しています。また、急速な高齢化に伴い、孤独死や「認認介護」、高齢者虐待など悲惨で深刻な事例も急増しています。
今年6月に国会で成立し、来年度から施行される改定介護保険法は、こうした問題の解決には手をつけず、逆に新たな給付抑制策を盛り込むなど利用者・家族に重大な影響を与えるものと批判されています。
同法は、「地域包括ケア」を目玉とし、その一歩として「介護予防・日常活動支援総合事業」、「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」等が制度化されました。しかし、総合事業は、要支援高齢者に介護保険を使わせない危険性をはらみ、定期巡回訪問介護看護サービスは、細切れサービスであり、お年寄りの生活を支える点では不十分と関係者から指摘されています。
改定介護保険法の内容は、市町村が策定する来年4月からの第5期介護保険事業計画(2012年度~2014年度)に盛り込まれることになります。
本市の第5期計画策定に当たっては、国の制度改悪に影響されることなく、高齢者が安心して暮らせることを主眼にする必要があると考えます。
とくに、国が試算しているような保険料の大幅な引き上げは、制度の破たんにもつながるものでもあり、その抑制は不可避の課題となっています。
ついては、第5期計画には、つぎの諸点が反映されるよう要望するものです。
1)介護保険料と利用料の負担増を回避するために
①神奈川県財政安定化基金の取り崩しと本市介護給付費準備基金全額の繰り入れを行うこと。
 県財政安定化基金の取り崩しに当たっては、県と国の拠出分についても保険料軽減のために市町村に交付するよう国・神奈川県に強く要求すること。
②国に負担割合の引き上げを求めるとともに、市として一般会計からの繰り入れを行い、介護保
険料を引き下げること。
②低所得者の介護保険料を軽減するために、さらなる多段階化等をはかること。
③保険料減免制度を大幅に拡充すること。減免分は、一般会計から補填し、他の高齢者の保険料
負担としないこと。
④一般会計繰り入れによる利用料軽減制度を拡充すること。
2)特別養護老人ホームの待機者解消のために
①年間300床(H23~26年度)整備という現計画を見直し、整備目標を引き上げること。
②整備にあたっては、低廉な負担ですむ多床室も行うこと。
3)人材育成と確保にむけて
①国の動向如何にかかわらず、市独自に介護職員処遇改善事業を行うこと。
②ヘルパー2級資格取得支援など、人材育成確保支援事業を充実すること。
4)介護予防サービスの拡充にむけて
①要支援1,2の方を介護保険から排除する「総合事業」を導入しないこと。
②配食サービスや高齢者見守りサービスなど地域支援事業・高齢者施策を拡充すること。
5)策定過程への住民参加のために
①改定介護保険法にのっとり、日常生活圏ごと住民要求を把握するとともに、圏域ごとに日常生活圏域部会をつくり、住民参加で計画づくりをすすめること。
②第5期計画素案の住民説明についても、区ごとではなく、中学校区単位を原則とし、少なくとも、連合町内会単位とすること。

保険料だけ高くなり、サービスはますます貧弱になるような状況は、避けなければいけません。
今出されている素案では、具体的な内容はほとんどなく、それでいて介護保険料だけは、現在の平均4500円から、平均5200円と大幅に上がる提案だけ出されています。
介護保険のたたかいは、これからです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

雨がふればバケツをもって走り回っていたこと 〜汐田健康まつりに参加

10月30日 日曜日。曇り。
今日は、第37回の汐田健康まつりに参加させていただきました。
オープニングは、地元の方の三線(さんしん)でスタート。
CIMG4834.jpg
私も来賓として挨拶させていただきました。
CIMG4836.jpg
「この汐田診療所で働いていた頃、雨がふればバケツをもって走り回っていたことを思い出します。」
「私が、朝、正面玄関を開けるときには、いつもたくさんの患者さんが待ってくださっていて、地元の皆さんに愛されている診療所だとあらためて実感しました。」
「来年は、新たな診療所での健康まつりを皆さんのお力で成功させていきましょう。」
「また、議会では、来年には診療報酬と介護報酬のダブル改訂の年にあたっていて、既に提案されている案では介護保険の保険料は、今年まで4500円平均だったものを平均5200円まで引き上げることが提案されています。私もみなさんの声をしっかり議会に届けて、誰もが安心して住み続けられる街づくりのために働いていきます。」との挨拶。
CIMG4844.jpg CIMG4845.jpg
外では、もちつきや焼きそばなど、お祭りらしい雰囲気で健康まつりを地域の方と職員で盛り上げていました。
来年5月の予定でできる診療所はこんな感じ。
image0051.jpg
医療だけではなく、歯科や精神科なども併設した総合診療所となる予定です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

矢向4丁目の測定「近隣の状況が分かって安心しました」 〜鶴見区内まだまだ、どこでも放射能測定に伺います

10月29日、午前中の二ツ池公園化事業の住民説明会ののちの夕方、矢向4丁目の二人の男の子を持つご夫婦から、「ぜひ子供たちがよく遊ぶところを測って欲しい」との依頼を受け、測定に伺いました。
私の妻にも測定を手伝ってもらって、ついでに子供たちも連れていったので、依頼者のご家族がお子さん二人ですから、男の子が5人、大人が4人で、計測開始!
CIMG4809.jpg
しかし、測定場所が公園ですから、5人の子どもたちはテンション高く、遊んでいる横で測定をしています。 
CIMG4810.jpg
落ち葉の吹き溜まりなど線量が高そうなところも含めていろいろ測りましたが、
CIMG4811.jpg CIMG4813.jpg
「矢向4丁目子供の遊び場公園」は、0.118〜0.075μシーベルトと、ひとまず安心レベル。
依頼者のマンション周りや、子供たちがよく遊んでいる空き地なども測定。隅っこに溜まっている吹き溜まりのところは、0.133μシーベルト と少し高め。
CIMG4815.jpg CIMG4816.jpg
そこから小学校に向かってスクールゾーン沿いに測っていくと、いきなり今日一番の高い線量の高いところが...
CIMG4822.jpg
0.351μシーベルト!!普通に子どもたちが毎日使っている道路です。
続いて道路沿いの端っこを測ってみると、
CIMG4823.jpg
0.294μシーベルト。結構高い!!しかし子どもたちは言うことを聞かずに近づいていきます。
その後、「町の原っぱ」「南町公園」と測る頃には、もう真っ暗。
しかしまたまた、最後に測った矢向南町公園の一番奥の建物の際を測ると、
0.305μシーベルト!!隣では小学生がサッカーをしているところです。

日ごろ気になっていた所をあちこち測定してみて、依頼者(妻)は「思ったほど高くなくて安心しました。本当にありがとうございました」、依頼者(夫)は、終わったあとメールで「今日はお忙しいところ、またお子さんの誕生日にもかかわらずご足労頂き、大変ありがとうございました。妻も近隣の状況がわかり、安心できたようです。」

これからも、鶴見区内どこでも測定に伺いますよ。
連絡お待ちしています。
古谷メール  y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
古谷ケイタイ 090-6528-9414
気になるところがあれば、連絡ください。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「釣りができる公園にして欲しい」〜二ツ池公園基本計画 第一回意見交換会に参加

10月29日 土曜日。晴れ。
今日は、獅子ケ谷小学校で行われた「(仮称)二ツ池公園基本計画 第一回意見交換会」に参加してきました。
CIMG4802.jpg
会場となった体育館に用意した椅子は一杯になるほどの盛況。地域の方々の関心の高さを感じます。CIMG4803.jpg
今までの経過や、二つ池の今までの歴史、そしてこれからの公園化にあたってのスケジュールなどがだされたあとに5つのグループに分かれて参加者で意見を出し合いました。
CIMG4804.jpg
「釣りができる公園にして欲しい」
「二ツ池の自然景観をできるだけ守って欲しい」
「子どもたちが水に親しめる親水コーナーみたいなものを作って欲しい」
「トイレは設置して欲しい」
「外来生物は駆除して欲しい」
などなど、思いついた意見を発表すると同時に、付箋紙にも書いて、張り出していく。
CIMG4806.jpg
そうやって、いろいろ出された意見を見渡して、同じグループに分けたりして整理していく。
CIMG4808.jpg
グループごとに論議された中身を全体でも発表して意見交換を行います。
CIMG4807.jpg
なかなかのグッドアイデアです。
こうやって、住民の方からの意見を出しやすくする。
いい進め方だと思いました。

しかし、問題はこれからです。
今日出された意見を見て、次回は、基本計画案が出されます。
そこで、どれだけ住民意見を反映させたものとなっているのか?
次回も参加させていただきたいと思っています。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市の放射能汚染対策で足りないこと! 〜日本共産党横浜市会議員団としての申し入れ

10月28日の本会議終了後、日本共産党の横浜市会議員団として、第2段目の放射能対策の申し入れを林市長あてで、放射能対策部の責任者の大場副市長へ行いました。

PA280001.jpg
2011年10月28日
横浜市長  林 文子 様
日本共産党横浜市会議員団
団 長  大 貫 憲 夫

市の放射能汚染対策についての緊急申し入れ[第二次]

 日本共産党横浜市会議員団は、9月22日に「市の放射能汚染対策についての緊急申し入れ」を行いましたが、その後、土壌のホットスポットの問題が大きくクローズアップされ、市立の小中学校の放射能測定作業も進み始めています。学校給食も、毎日1校ずつとはいえ、全食材について放射性物質の測定が行われるようになりました。また、下水汚泥焼却灰の最終的な処理方法について、林市長が国土交通省等に「国の責任で対処してほしい」と申し入れを行ったことと聞いています。
このように、放射能汚染に関して次々と起こる問題に対して、全体として対応が進んでおり、一定評価しておりますが、その一方でまだ対応が遅れている問題が残っています。
 そこで、前回に引き続いて、市の放射能対策について緊急を要する下記の事項について要望します。

                        記
1.スクールゾーンの放射線量測定の実施
  東京都世田谷区で異常に高い濃度の放射線が測定され、福島原発事故由来ではないものの、そこがスクールゾーンであったことから、心配する多くの保護者からの声が当市議団にも届いています。そこで、毎日通うスクールゾーンの安全確保を今後の最優先課題と位置づけて、全てのスクールゾーンの放射線量測定を行うこと。
2.高校や障害者施設の放射線量測定の実施
 市立小中学校の放射線量測定は10月中に終える予定だということですが、今まで測定を実施していない高校や障害者施設などについても、放射線量の測定を行うこと。
3.ストロンチウムの測定の実施
 セシウムよりも数倍人体に与える影響が大きいと言われるストロンチウムについて検査対象とすること。
4.給食食材の放射性物質測定の継続と拡充
 全食材検査を12月までではなく、来年も当面継続すること。さらに、1日1校だけではなく検査対象の学校数を増やし、安全性をなお一層高めること。
5.横浜市中央卸売市場における放射性物質検査体制の拡充
 横浜市中央卸売市場の本場、南部市場、食肉市場における放射性物質の検査体制は、検査機器の補充、検査員の増員などを行って、抜本的に拡充すること。検査員は兼務ではなく専任とすること。
6.放射線量基準値の見直し
次々と見つかっているマイクロスポットの対応をより市民の安全安心を第一とするために、本市の対応基準を抜本的に見直すこと。本市は、地上1㎝の空間線量が0.59μSv/hを超えた場合を「再測定の目安」としていますが、除染基準値を少なくとも川崎市なみに厳しくすること。
7.ホットスポット・ストロンチウムについての市民への周知
局所的に放射線量が高いホットスポットやマイクロスポット、さらに今回港北区で見つかったストロンチウムについて、正しい知識と情報の市民への周知・提供をさらに進めること。
8.放射能対策部の拡充
放射能対策部の職員を兼務ではなく専任として増員するなど、人員体制を拡充すること。
以上

数時間前に本会議上で全会一致で国への意見書を上げたばかりですが、その足りないところを私が起草して団として申し入れを行いました。
ちなみに、前回(9/22)に申し入れを行なった中身はほとんど今、実現しています。
今回も、この内容が実際の政策として動き出すように、さらに働きかけていきます。
PA280013.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「放射性物質に関する安全基準の早期設定等を求める意見書」が議論され、全会一致で成立!!

10月28日 金曜日。晴れ。
本日は、9月はじめから始まった第三回定例議会に続いて22年度決算特別委員会、今日の午後の本会議で最終日です。その本会議前に、健康福祉常任委員会が臨時で開催され、「放射性物質に関する安全基準の早期設定等を求める意見書」が議論され、全会一致で本会議へと送られ、本会議場でも成立!
img093.jpg
img094.jpg
いろいろ足りないところはありますが、まずは全会一致を目指して、項目の調整や文言の調整が行われました。
これで横浜市議会としての放射能対策の意思表明が国への意見書の提出という形では初めてなされました。
一歩一歩です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「近所の子供の遊び場を測定してください!!」 〜引き続き鶴見区内の放射能測定にどこでも伺います。

矢向4丁目にお住まいの方から、放射能測定の依頼がありました。


鶴見区内で放射能測定をする活動をして頂いていることを知り、
是非近所の子供の遊び場を測定して頂きたいと思いメールさせて
頂きました。近所の子供達も良く遊んでいる場所です。

測定場所は子供達がよく行く場所を考えています。
> ・四丁目子供の公園とその周辺の側溝付近など
> ・小学校の通学路
> ・矢向南町公園
> ・新鶴見公園、町のはらっぱ(すでに測定済みでしたら結構です)
> ・幸緑道及び南河原公園(川崎市のため可能であれば)


そこで、
明日(10月29日 土曜日)午後4時に
矢向4丁目子供の遊び場に集合し、
そこから歩いて測定していきたいと思います。

どなたでも、参加いただけます。

また、鶴見区内の放射能測定も引き続き、受け付けています。
また、放射能汚染に関するご相談ごとも受けていますので、ご連絡ください。

古谷のメールアドレス y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
古谷のケイタイ    090-6528-9414

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市の除染基準が変わったが、しかし...

横浜市の除染基準が変わりました。
SCAN0020.jpg
除染基準が下がったことはいいことなのですが...。
なんともしっくりきません。
一歩一歩という所でしょうか。

ちなみに、明日の横浜市健康福祉常任委員会が臨時に開かれ、「放射性物質に関する安全基準の早期設定等を求める意見書」が論議される予定です。身になるものなるようにガンバリマス。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

三ツ池公園での測定会 どこもかしこも線量が高そうに見える、その結果は?

10月24日 月曜日。曇り。
今日は、梶山地域・三ツ池公園での放射能測定会。
IMG_1235.jpg CIMG4795.jpg
メールで参加をしていただいた方、
ビラを見て参加していただいた福島からの被災者の方、
友の会の会員さん
などなど、総勢23名の参加で、三ツ池公園をくまなく測定してきました。
「サッカーグラウンドを測って欲しい」「ついでに野球場やテニスコートも測って欲しい」
との要望もあり、
CIMG4797.jpg CIMG4796.jpg
サッカーグラウンドは、0.062〜0.07μシーベルト
野球場は、0.061〜0.092μシーベルト
テニスコートは、0.093〜0.127μシーベルト

歩道に戻って測ると、突然高いところが...
CIMG4799.jpg CIMG4798.jpg
0.413μシーベルト。北門入ってしばらく行った、右側の側溝です。

途中の売店で、測ろうとしていると、売店のご主人が「ぜひしっかり測ってくださいよ」と激励の声も。
CIMG4800_20111024215040.jpg CIMG4801.jpg
続いて、子供たちがよく遊ぶ、ローラー滑り台などの遊具のあるところも測定。
IMG_1248.jpg IMG_1251.jpg
遊具の周りは、0.065〜0.178μシーベルト。

合計で28箇所を測り、たっぷり2時間かけて、測定会を終えました。
公園内を歩いていると、次々と怪しげなところが出てきます。
排水溝が詰まったところがあちこちにあって、どこもかしこも線量が高そうに思えますが、測ってみると、そこまで高くは出ないという印象でした。

引き続き、鶴見区内の測定をあちらこちらで行いますので、「ここを測って欲しい」というところがあれば、連絡ください。
メールアドレス y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
お待ちしています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

共産党市議団は11月の海外視察に参加するのでしょうか?

「共産党市議団は11月の海外視察に参加するのでしょうか?」という問い合わせがありました。
先日の東京新聞で「サッカー親善を公費で!?」というニュースが出たためと思いますが、
私は既にいち早く、この問題についての情報提供と並びに、見解をはっきり9/22の段階で書いていましたが、問い合わせが多いので、再掲します。



法案や補正予算などへの賛否を確認していた中に、「職員派遣について」という議題で、いわゆる「海外視察」が本会議場で、その賛否が問われました。私たち日本共産党は、この問題では「なぜ一人あたり120万円もかけて海外での視察が必要なのか」「もし海外視察が必要であれば、歳費とは別に月々55万円出されている政務調査費を使うべきではないか」との主張で、一貫して海外視察に対しては「止めるべき」の立場を貫いています。
しかし、本会議場では、日本共産党以外の全ての市会議員さんが、認める結果となりました。
しかも、この海外への「議員派遣」については、「質疑・討論は行わず、即決の扱いとする」「意見等があれば、議会運営委員会で表明することができる」ことと、取り決めがなされていて、もちろん議会運営委員会では反対の立場を表明しましたが、本会議場では、議論されることなく、粛々と決められてしまいました。

横浜市はお金がないない、と、ことあるごとには言っている一方で、概算で一人当たり120万円、
自民党・民主党・公明党・みんなの党、全部で23人。
単純に計算すると、2760万円の支出です。
今のご時勢で、一人当たり一回で120万円も使うようなことが、一般有権者からみて、どう映るのでしょうか?
また、今回派遣される先生方は、有権者にきちんと成果物を出せるのでしょうか、その金額に見合うものを。
img065.jpg
数ヶ月前には、地方選挙の選挙戦の中で、「無駄遣いをなくします」と、いろんな方が言っていませんでしたか?
有権者の見えないところで、議論もせずに、さっさと決めてしまうのは、余りにもひどい!
市の財政が厳しい中、当面、海外視察は辞めるべきだし、行くのであれば政務調査費を使うべきである。


これが私たちの立場です。
ちなみに、この時と若干変わっているのは、民主党・中尾議員が逮捕されている状況ですので、当然参加しないことになっただろうと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

三ツ池公園での放射能測定会 10/24開催します!

この間、流れ流れていた、

三ツ池公園での放射線測定のお知らせです。

10月24日 月曜日  AM9:30  梶山診療所 集合
    (もしくはAM9:50  三ツ池公園北門 集合)

堀場のRadi 2台を用意します。

測定器をお持ちの方も、お持ちでない方も、興味のある方は、お集まりください。


参加ご希望の方は、メールにて連絡ください。

y-furu3941@triton.ocn.ne.jp


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

矢向の日枝神社のお祭りに参加させていただきました!

10月22日。
午後から、地元・矢向の日枝神社のお祭りに参加させていただきました。
PA210005.jpg
写真の場所は、汐田総合病院の駐車場で休憩しているところです。
神輿を担いでいる高学年の子どもたちと、その後ろに隊列を組んできている子どもたち。
子供たちだけでも、総勢で300名以上が町内を練り歩きます。
PA210009.jpg
そしてところどころで、お菓子の接待所があり、子どもたちはその場所場所で、お菓子をもらえるという仕組みです。この場所で接待をしていた汐田総合病院の友の会の方々です。
PA210013.jpg
この子ども神輿の運行させるために、50人以上の町内会の方々が裏方で動いています。
PA210015.jpg
これほどの町内会の人たちが一同に集まる企画は、このお祭りしかありません。
本当にお疲れ様です。
その筆頭であります、矢向一丁目町内会長の大島さんです。
PA210006.jpg
来年も、また参加させていただきたいと思います。
PA210003.jpg
ありがとうございました。祭りは明日も続きます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

質問が集中した市の放射能対策の問題

10月22日 土曜日。雨時々曇り、変な天気です。
今日は、午前中に、駒岡地区センターで「古谷やすひこ市政報告会」が行われ、32人の方に参加していただきました。
CIMG4791.jpg
会の冒頭に、日本共産党の北東地区委員会の若林さんから、石巻ボランティアの報告がありました。若林さんは、現地の受け入れの責任者として32日間、石巻で滞在し、神奈川・千葉・東京などからくるボランティアの受け入れを行なっていました。
CIMG4792.jpg
その後、私から「今、横浜市議会で何が議論されているのか? 第三回定例議会 & 決算特別委員会」と題した議会報告と、「放射能汚染から子供たちを守る!!〜本市の放射線対策の現状と 日本共産党横浜市会議員団としての取り組み」と題した放射能汚染対策に絞った報告を2本行いました。
CIMG4794.jpg
報告後、質問が集中したのは、市の放射能対策の問題。
「横浜市の水道は大丈夫なのか?」
「野菜などは皮をむいて食べたほうがいいのか?」
「自宅でみつかった放射能汚染された土壌はどう処理すればいいのか」
などなど。
また、地域の要求問題として、
「いつも要望が出されている末吉橋や水道橋はどういうことになっているのか?」
などの地域要望の質問も出されました。

まだ議会は開会しているところでありますが、これから順次、市政報告会を行なっていきます。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

矢向・日枝神社での放射線測定

「放射能測定にどこでも伺います」とのビラを見ていただいた方から、
「子供たちがよく遊んでいる日枝神社を測定して欲しい」との依頼があり、早速伺いました。
CIMG4785.jpg
依頼者とは、神社前で待ち合わせて、早速計測。
まずは、入口付近の排水の悪そうなところを測ると、0.139μシーベルト。
稲荷明神の前のこれまた排水の悪そうなところを測ると、0.195μシーベルト。
そしてそして、境内内にある町内会館の雨樋の下、
CIMG4786.jpg
出ました!0.380μシーベルト。(写真は計測途中の写真です)
CIMG4787.jpg
神社社務所脇にある木の下は、0.151μシーベルト。
参道脇にあるベンチの下は、0.140μシーベルト。

依頼者と二人で測定していると、近所の方も寄ってきて、興味深そうに見ていきます。
CIMG4789.jpg

こんな感じで、どこでも伺います。
ご連絡お待ちしています。
メールアドレス y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
ケイタイ電話  090-6528-9414

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

一風変わった放射線の測定依頼

10月20日 木曜日。曇り。
ブログからも、ビラからも、「放射能測定 どこでも伺います!」と呼びかけていたところ、おかげさまであちこちから反響があり、順次連絡して対応しています。
今日は、東台自治会から、ちょっと変わった放射能測定依頼が。
「ウチの町会に、”ゴミ屋敷”があって、対応に困っていて、そのうち、東台小学校で高い放射線が計測されたというニュースを聞いて、その”ゴミ屋敷”が心配になった。計測に来て欲しい」とのこと。
ということで、行ってみると、本当にすごいゴミの山です。
CIMG4782.jpg CIMG4783.jpg
かろうじて、足が入る玄関先と、家の塀の周りを測ってみましたが、0.06〜0.08μシーベルトと、特に異常値は見つからず、ひとまず良かったということに。
今回のこの”ゴミ屋敷”の計測には、東台町会の役員さんが10数名と警察官が2名と、ものものしいなかで、行われました。放射線の数値は高くはありませんでしたが、ゴミの問題はひとつも解決していません。県内の他の”ゴミ屋敷”の解決事例などを調べながら、警察と相談しつつ、解決に向けて行きたいと思います。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

住民のいのちとくらしを守るべき地方自治体の役割が問われている!

10月18日 火曜日。晴れ。
今日は、2012年度横浜市の予算編成に対する要望書を団として林文子市長宛に提出しました。
PA180001.jpg
 要望書では、3月11日に発生した東日本大震災と福島第一原発事故による未曾有の被害は、これまでの災害対策やエネルギー政策等のあり方の再検討を私たちに突きつけており、住民のいのちとくらしを守るべき地方自治体の役割が問われているとしています。

 その上で、市が9月5日に発表した「平成24年度予算編成にあたっての市政運営の基本的考え方」と「施策推進・予算編成・組織運営の方針」に示された「災害に強いまちづくりの実現」などを一定評価。しかし、中小企業支援や保育所待機児解消など優先的に財源を集中する事業以外は休止・先送りし、拡充は原則として行わないとしていることにたいし、その他の切実な市民要求を入り口でふさぐものと批判し、再考を求めています。

 大貫団長は、今年は予算編成の方針を出すのに間に合うように、あらかじめ8月25日に「2012年度予算編成にあたっての申し入れ」を行い、9つの重点要望を申し入れましたが、今回はこれらの重点要望に加えて、4つの大項目に分類された211項目の要望であり、予算編成にあたってはぜひ検討してほしいと述べました。

 対応した大場茂美副市長は、3.11の大災害をどのように横浜で検証するのかという観点で改めて考えてみたいと述べました。

全文はこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

園児がよく遊んでいる「矢向1丁目公園」の放射線測定結果

10月17日 月曜日。晴れ。
今日は、地元の矢向一丁目にある、「矢向一丁目公園」を機械の使い方のレクチャーの意味合いも込めて、測定会を行いました。ちょうど、近くの二つの保育園から園児がたくさん遊んでいました。
PA160003.jpg
総評としては、「まずは大丈夫」という所でしょうか。
PA160001.jpg
公園内の吹き溜まりであるとか、流れのない側溝とか、お砂場、すべりだいの下とか、意地悪く数値が高く出そうなところを狙って測りましたが、最高でも、0.145μシーベルト、平均して0.08μシーベルトという所でしょうか。
IMG_1190.jpg
私たちが測っていると、保育士の先生方も、「どうですか?」と声をかけてくれます。
みんな、気になりますよね。
この結果については、近くの二つの保育園と学童の先生にはお渡ししたいと思います。
しっかり測って、問題なければ、安心できます。

また、今日も東台の自治会の方から「町内の”ゴミ屋敷”をぜひ測定して欲しい」という依頼や、矢向の方から、「今週にお祭りのある日枝神社は、子供たちもよく来るところなので、測って欲しい」とか、個別に依頼が来ています。

ということで、まだまだ、どこにでも放射能測定に伺いますので、連絡ください。
古谷メール  y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
古谷ケイタイ 090-6528-9414

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

駆け抜ける毎日の中、誕生日を祝ってくれました!!

少し前のことになりますが、そして私事ではありますが、
10月14日に誕生日を迎え、40歳となりました。
40歳は、「不惑」と言うようですが、まだまだその境地には至らないと思います。

この4月に市会に送っていただいて以来、毎日がめまぐるしく過ぎていき、充実した毎日を過ごしています。
その反面、家族には大変迷惑をかけているなあ、と自覚しつつも、舵を切り替えることもできずに、今に至っております。
しかし、そんな私の誕生日を家族で祝ってくれました。
CIMG4780.jpg
そして、子どもたち3人でお金を出し合って、プレゼントまでくれました。
CIMG4781.jpg
毎日使う財布、以前に使っていた、ちょっとヨレヨレの財布から、今日からはこれになります。
ありがたいことです。

明日からも、全力で頑張ります。
大切な家族も、しっかり支えていきたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

安全性を確認できない場所での課外活動は行わないこと!

教育委員会での質疑で引き合いに出した、10月6日付けの小中学校向けの通知です。
課外活動について、安全を確認した上で行うことや安全性を確認できない場所での課外活動は行わないこと、と極めて、いい内容での通知です。
SCAN0014.jpg
SCAN0018_20111016092458.jpg
SCAN0017.jpg

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見区内での測定は引き続き受け付けています 〜本日の梶山地域の測定会は中止です。

本日(10月15日)の梶山地域の測定会は、中止です。

前回に続いて、雨天の為中止とします。

ご連絡をいただいた方、大変申し訳ありません。

あらためて、呼びかけさせていただきます。

また、鶴見区内でお住まいの方々からの「ここを測定して欲しい」というご要望は引き続き、受け付けておりますので、メールでご連絡ください。

y-furu3941@triton.ocn.ne.jp


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

通学路、修学旅行、林間学校などでも子どもを放射能汚染から守れ!

10月13日の決算特別委員会での教育委員会審議の様子で、学校現場での放射線対策についてです。



通学路、修学旅行、林間学校などでも子どもを放射能汚染から守れ
最後に、学校現場での放射線対策について伺います。
昨日、世田谷で毎時2.7マイクロシーベルトと非常に高い道路が見つかり、そこがしかもスクールゾーンであったということがわかりました。そして、本日のニュースでも、世田谷でさらに高い値が出たというようなニュースが流れております。そこで、本市の児童が通う通学路についても早急に安全を確保すべきだと思いますが、これは通告しておりません、見解を伺います。
山田教育長:現在、すでに本市のおよそ500校にわたる学校の校庭の空間線量は測定終わっておりまして、現在、今月中に終わることを目途に学校のマイクロスポットといわれるようなところの一応測定、確認を行っているところでございますけれども、通学路等については、それぞれその道路を所管している局あるいはその公園を所管している局、それぞれのところで通学路の近辺の測定している場合もございますので、そういったものを参考にしながら、児童生徒の放射線からの安全に努めていきたいというふうに考えおります。
古谷議員:はい。今朝に世田谷はたいへん混乱をしているようです。13日の朝、本日の朝は、教育委員会など区の職員が子どもたちの通学路を変更し、迂回させるなどの対応に追われたと、区民からは原因を究明してほしい、早めに対応してほしいといった電話が殺到していると、こういった要望も出ているようです。ですので、スクールゾーンの安全の確保は大変重要だと感じておりますので、ぜひ強く改めて要望しておきます。
 先日、健康福祉局の答弁の中には、本市の放射線対策について「できるだけ内部被爆をさせないこと」が対策の基本であると伺いました。そこで、今、学校の敷地そのものは測定が進んでいるところだと、いま教育長の答弁からも伺いましたが、児童は学校以外での課外活動をする場合において、その安全性をどう確保されているのか、伺います。
山田教育長:児童生徒が校外活動等で学校の敷地外に出る場合、市外に出る場合市内の場合いろいろあろうかと思いますけれども、まず各地元の自治体が測定をした放射線量の情報、あるいは市立小中学校500校以上での、先ほど申し上げましたような放射線量の測定の結果、あるいは文部科学省による航空機のモニタリング測定結果などから、通常の校外学習には現在は支障はないというふうに考えております。
古谷議員:わかりました。教育委員会から小中学校へ出している通知、10月6日付けですかね、見たんですが、それによると、課外活動についてはずいぶん踏み込んだ書かれ方をしていて、ずいぶん保護者の方の不安の声に寄り添う内容となっているなあとたいへん評価をしております。
その中で、「民有地を活動場所とする場合に」「所有者に相談したり、あるいは他の場所に変更するなど、必要な措置をとる」と書かれてありますが、あるいはたとえば日光の修学旅行や赤城の林間学校などの安全を確保するために本市がとっている「必要な措置」というのは何でしょうか。改めてお聞きします。
山田教育長:いまお話ございましたたとえば日光への修学旅行、これについては日光市が測定をしておりますデータをホームページ上で確認をまずいたしておりまして、修学旅行に行くことについては支障がないというふうに考えております。なお、その修学旅行の中で土や地面に直接触れるような活動は想定をいたしておりません。
また、赤城の林間学園につきましては、実際に本市の職員も立ち会いまして、昭和村の職員が放射線量を測定いたしておりまして、問題のない数字となってございます。今後本市としても必要に応じて、活動場所の放射線量の測定はしてまいりたいというふうに考えています。
古谷議員:たいへんこういうところでも心配されている保護者の方も多いと聞いておりますので、ぜひ必要な措置多くとっていただきたいというふうに強く要望しておきます。
学校給食の牛乳の安全対策を
 次に、学校給食について伺います。
 我が団として、9月の22日に放射能対策の緊急申し入れを行い、毎日1校ずつの全食品の測定が行われるようになったということは、すばらしいことだというふうに感じております。その中でお聞きします。
まず、ほぼ毎日出されている牛乳について、伺います。基準値はいくらでしょうか。
佐竹健康教育・人権教育担当部長:牛乳の食品衛生法の暫定規制値は放射性ヨウ素でキログラムあたり300ベクレル、放射性セシウムはキログラムあたり200ベクレルでございます。
古谷議員:ありがとうございます。それでは、基準値以下であれば、たとえばセシウムでいうと199ベクレルであれば出すということでよろしいでしょうか。確認です。
山田教育長:基本的には国が示しております暫定規制値を基準として考えておりますけれども、さまざまな状況を踏まえて、総合的に判断をしていきたいというふうに考えております。牛乳につきましては、いままでの検査では放射性ヨウ素およびセシウムともに1ベクレル未満というふうになってございます。なお、昨日検査した干しシイタケから暫定規制値、これは500ベクレルでございますけれども、これ未満でございましたが、350ベクレルの放射性セシウムが検出をされました。この検査結果をうけまして、現在産地や収穫時期等について調査をする必要があるということなどから、当面、念のために干しシイタケの使用を控えることといたしました。
古谷議員:はい、ありがとうございます。たとえ基準値以下であっても、いま私がいったような毎日摂取される牛乳については、基準値以下だからといって、毎日飲んでも大丈夫だというのではなくて、「できるだけ内部被曝を避ける」という立場で対応していただきたいというふうに思います。再度伺います。
山田教育長:まず出荷元の自治体において検査を行っておりますけれども、本市独自に12月まで毎日小学校1校を選定いたしまして、翌日学校給食で使用する十数種類にわたる食材をすべて検査してまいります。従いまして、牛乳についてもほぼ毎日検査を実施するということにもなります。今後検査結果について確認をし、必要な場合には放射線対策で協議し、適切に対応してまいります。
古谷議員:質問終えます。ありがとうございました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市の教育予算は政令指定都市中、最低水準!!

10月13日の決算特別委員会の教育委員会での質疑です。
横浜市の教育予算は、神戸市の教育予算を児童一人あたりに換算すると、44%しか使われていません。

PA130004.jpg
児童1人あたり政令市中2番目に少ない教育予算を増やせ
古谷議員:日本共産党、古谷靖彦でございます。党を代表して質問いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
まず、本市の教育費について伺います。
 平成22年度決算では769億円という決算額でしたが、ここ5年で教育費の決算額はどのように推移していますか、伺います。
内田担当理事兼総務部長:過去5年間の決算額につきましては、平成18年度が781億円、19年度約771億円、20年度約793億円、21年度約899億円、22年度が769億円となっております。このように概ね800億弱で推移してございますが、21年度だけが899億と突出しておるのは、国の緊急経済対策によるものでございます。
古谷議員:ということで、5年をみればだいたい少しずつ若干減っているというふうにみているんですが。では、平成22年度決算額における児童1人あたりにかかっている費用について、全国の政令指定都市と比較して、本市はどのような位置にいますか、伺います。
内田担当理事兼総務部長:政令市が公表しております22年度の決算額と文部科学省の学校基本調査における児童生徒数を用いて比較してみますと、最も高いのが神戸市で約65万円、最も低いのが浜松市で約26万円となっております。横浜市は浜松市に次いで19市中下から2番目、約29万円となってございます。
古谷議員:全国的にみても限りなく低い水準ということと、一番上位の神戸市では65万円ですから、本市と比べて児童1人当たりにかけている費用、これは神戸市は2.4倍ということですから、非常に低いという水準だと思います。
毎年、教育費が少しずつ減っていき、その水準が全国の政令指定都市の中では最低水準だということについて、教育長の見解を伺います。
山田教育長:ただいまご質問ございましたように、本市の教育費、全政令市でみてかなり低いわけですけれども、それぞれの政令市によって違いがございまして、どういった経費を入れるとか入れないということ含めて違いがございまして単純に比較はできませんけれども、児童1人当たりの経費が低いと、そういった状況であるということは認識してございます。今後ともそういったことから教育環境の充実に努めていきたいというふうに考えております。
古谷議員:今回の決算特別委員会の総合審査の際に、林市長は「教育環境を整えていくのは非常に大事だと思う」「心豊かな教育ができるようにかじを切り直していきたいという気持ちが率直にある」と述べられております。
 そこで、この市長の決意について、実質的に教育予算の編成に責任をもつ教育長の見解、伺います。
山田教育長:市長、この前そういったようなご答弁申し上げたわけですけれども、我々としてもこれから次年度以降の予算編成にかかわってくるわけですから、ぜひそういった言葉を私なりに大切にしながら、予算編成に取り組んでいきたいというふうに考えております。
PA130026.jpg

古谷議員:しっかりとかじを切り直していただき、本市の一人ひとりの子どもたちが心豊かな教育を提供できるように、予算増をぜひ図るようにしていただきたいと要望しておきます。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市のストロンチウム 記者発表資料[速報]

10月14日記者発表資料です。


SCAN0013.jpg



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

ストロンチウムが見つかっても対応は変わりません!

10月12日 水曜日。晴れ。
今日は、明日の教育委員会での質問準備で終日、控え室に。
しかし、今日は、朝から控え室に各マスコミからの問い合わせ、また家に帰ってからも「TBSのNEWS23でが...」との問い合わせ。ストロンチウムに振り回された一日でした。

私も、担当の倉持課長に今の状況とこれからの対応について聞きました。
古谷「今の対応状況は?」
倉持課長「9月に港北で見つかったマイクロスポットを通報していただいた方との引き続きの対応です。10月4日に同位体研究所に検査を依頼して、一番早く結果が出るように依頼して、明日か明後日には結果が出て記者会見をすることになります。」
古谷「もしストロンチウムが見つかった場合に、市の対応は?」
倉持課長「今回もしストロンチウムが見つかったとしても、セシウムがあるところにはストロンチウムは一定あるのはわかっていたんですよ。ですから、あまりセシウムの対応と特に変わることはないと思います。福島でも2200箇所見つかったところもそんなに危険なレベルではないと聞いています。」

東京新聞・朝日新聞・毎日新聞・神奈川新聞の4紙で掲載され、もしストロンチウムが発表されれば、さらに大きく報道されることになると思います。とりあえず、情報はここまで。
また新たな情報が分かれば、発信していきます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「できるだけ体内被曝は避けたほうがいい」と言明!

続いて、10月11日の健康福祉局での質問で、放射線対策についても、問いただしました。


 「体内被曝を避けた方がいい」とは受け取れない「広報よこはま」
最後に、放射線対策について伺います。
低レベル放射性物質の体内被爆について、伺います。国による基準もいろいろ意見があるところだと思いますが、本市の考え方として、低レベルであってもできるだけ体内被爆は避けたほうがいいという立場で方針を立てていられるのか、あるいは、基準値以内であれば体内被爆はある程度仕方がない、問題はないという立場で対策をとられているのか、どちらか伺います。
豊澤担当理事兼保健所長:放射線対策は外部被曝と内部被曝を合わせた被曝量で計算いたしますが、年間の追加被曝線量を1ミリシーベルト未満にするという国際放射線防護委員会ICRPと申しますが、こちらの勧告によって国の考えがこれに基づいて実施されております。低レベルの放射線量といえども、自然放射能以外の被曝はなるべく少なく、放射線によるリスクをなるべく下げるということを基本的な考えとしております。
古谷議員:低レベルであっても体内被曝を避けた方がいいという答弁でしたが、大場副市長も伺います。
大場福祉長:いま、保健所長、答弁したとおりでございます。
古谷議員:その今のご回答と、「広報よこはま」放射線特別号との関係では、私からみれば、見解の相違が大いにあるのではないか、齟齬があるように思いますが、その点いかがでしょうか。
豊澤担当理事兼保健所長:特集号を作成した趣旨は、放射線に関する一般的な基礎的な知識やこれまで本市の放射線測定の取り組みなどを市民のみなさまにわかりやすくお伝えすることを目的として作成したものでございます。紙面では、低線量被曝について明確なエビデンスが得られていないという井上先生の解説文も掲載しており、低レベルの放射線量であっても避けた方がよいという立場には変わりがございません。
古谷議員:ぜひ、誤解のないような表現でお願いをしたいというふうに思います。
マイクロスポット対応職員に万全な安全対策を
土壌汚染の問題について伺います。
港北でのマイクロスポットが見つかったことで、一気に土壌をはじめとするマイクロスポット対策が動き始めました。今後の全市域にわたるマイクロスポット対策についての展望とテンポについて伺います。
立花健康福祉局長:マイクロスポットの対応につきましては、原則として国が示したガイドラインに基づいて、子どもの健康を第一に考えまして、保育所、小学校、それから公園等から順次測定、清掃などの対応を行ってまいります。終了時期の展望ですが、現在所有する測定機器を最大限活用して対応しておりますけれども、なるべく早期に対応するため、新たな危機の調達など体制整備をいま急いでいるところでございます。
古谷議員:では、今まで見つかったマイクロスポットから除去した廃棄物などは、どのように保管しておりますか。
豊澤担当理事兼保健所長:マイクロスポットが確認され、除去されました堆積物等につきましては、子どもが立ち入らないようにするなどの方策を講じ、厚手のビニール等に入れて保管してございます。
古谷議員:ぜひ、厳重に対応していただきたいと思います。
対応されている職員の方も、もちろん放射線対策の専門家はいらっしゃらないと思いますので、健康上の問題も大変心配しています。そこで、港北をはじめ、見つかったマイクロスポットへの対応の際に、装備や健康管理上の注意点について、どのように行っているのか、伺います。
豊澤担当理事兼保健所長:マイクロスポット対応を行う職員の安全対応が重要であると考えております。清掃や除去の処理にあたっては、基本的には国が先ほど示しました市町村による除染ガイドラインに基づく、手袋、マスク等装着して作業を行うこととしております。また、終了後はうがい、手洗い等を行うよう指導しております。
古谷議員:ぜひ、対応される職員の方の健康の問題、大変心配しておりますので、そのように対応していただきたいと思うとところですが、港北での除去の様子、写真で拝見しました。マスクなどをしている人はかろうじて一人だけいましたが、それ以外の方についてはマスクなしで半袖で対応されているというふうにみえます。もちろん、その現場現場でさまざまな判断もあろうかと思いますので、一概にはいえませんが、先ほどの答弁の中でも、できるだけ体内被曝は避けた方がいいという前提で対応しているといった答弁がありましたので、ぜひ装備なども再度徹底していただきたいというふうに思います。
民地のマイクロスポット対応の周知を進めよ
通告はしておりませんが、民地について伺います。市が所管する場所については対応が進んでいるものと思いますが、基本的に民地については個人の対応になると思いますが、だからこそ積極的に、市民に向けてもマイクロスポット対策についての注意などを周知する必要があると思いますが、見解を伺います。
立花健康福祉局長:民地については、基本的に所有者に対処していただくということになりますが、仮に電話でいろいろ相談がありました場合は、その除染の仕方、清掃の仕方、あるいはその時にどういう装備でやったらいいのかとか、そういうアドバイスはさせていただきます。
古谷議員:ぜひ、電話があった場合だけではなくて、たとえば広報よこはまを改めて発行するなど、周知を進めていただきたいというふうに思いますし、ぜひ要望しておきたいというふうに思います。
質問を終えます。ありがとうございました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

生活保護に至らぬように、医療の減免制度などの周知をもっと!

10月11日 火曜日。
横浜市会・決算特別委員会の健康福祉局で質問に立ちました。
今問題になっている、生活保護世帯の増加について、「生活保護に至らぬように、医療の減免制度などの周知をもっと行うように」求めました。
無題

病気・失業・老齢が生活保護受給に至る3大要因
古谷議員:おはようございます。日本共産党、古谷靖彦でございます。党を代表して質問いたします。若干通告とは変わったところもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。
はじめに、本市の生活保護行政を中心とした社会保障行政について伺います。
まず、生活保護の件数について、過去10年どのように推移してきたのか、また今後の件数の見通しについて、伺います。
立花健康福祉局長:過去10年の推移ですが、13年の4月が2万4943世帯であったのに対し、10年後の本年4月には4万7679世帯、約1.9倍となっております。生活保護の動向というのは、景気や雇用情勢と密接に関連しておりまして、いわゆるリーマンショック後の伸びが顕著でございますが、最近では失業率の改善に伴ってやや伸びが緩やかになってきております。
 今後の保護動向につきましては、引き続き、景気や経済、雇用情勢に注視していく必要があるものと考えています。その一方で、生活保護世帯の約半数は、高齢世帯でございまして、今後も高齢化が進むために高齢者世帯の増加傾向は続くというふうに思っております。
古谷議員:ここ10年で1.9倍と、そしてこれからの見通しが増えるということだということですが。そこで、生活保護世帯が増え続けていることについて、本市がどのような取り組みを行っているのか、伺います。
立花健康福祉局長:生活保護世帯については、本市として独自に取り組める就労支援といったようなものは、自立を促す施策については積極的に取り組んでおります。一方で、現在の生活保護制度については、他の社会保障制度や施策の充実も含めまして抜本的な見直しが必要だというふうに考えておりまして、国に対して独自の要望行動を行っているところでございます。
今年の6月には3つの点について、国に要望しました。ひとつは、自立の可能性が低い高齢者については、生活保護制度でなくて、別の社会保障制度を創設して対応すること。それからふたつ目には、市民から信頼される制度とするために、不正を許さない制度へ転換をすること。それから生活保護に至る前の低所得者世帯に対する支援策を構築すること、というのを要望いたしました。
古谷議員:平成22年度に保護を開始された方が1万1337人ということですが、保護受給のきっかけとなった理由で一番多いものは何でしょうか?
青木生活福祉部長:22年度は世帯主の傷病によるものが4029件と最も多く、全体の35.5%を占めています。
古谷議員:傷病だということですが。私も資料いただいたんですが、続いて「手持ち金・預貯金の喪失」といった一般的な理由に引き続いて、失業が引き金になっていたり、あるいは老齢によるということが引き金になっています。つまり、病気・失業・老齢、これが生活保護受給に至る3大要因だというふうに考えます。
医療費支払い困難な人に医療費減免制度や無料低額診療事業などの周知を
本市として、就労支援に力を入れていたり、あるいは国の年金水準の低さを結果として保護制度が年金制度を補完するような役割になっていると、そのことを国に対して改善を求めていると要望しているのも、よくわかります。先ほど述べたように、生活保護受給に至る3大要因のうち、失業や老齢については対応していこうという姿勢はわかりました。また、不正受給を防止することへの対応についても積極的に進めるべきだと考えますが、保護受給の最大要因になっております傷病がきっかけで保護受給することについての対応も積極的に必要だと思いますが、いかがですか?
青木生活福祉部長:傷病等の事由によりまして、医療費が生活を圧迫するため、病院等の窓口で一部負担金を支払うことが困難な場合、国民健康保険ではその状況に応じて一部負担金の減額、免除または徴収猶予ができる制度があります。また、一部の医療機関では、生活に困窮している方に対して無料や低額で診療を行う無料低額診療事業を実施しています。
古谷議員:それらの施策、いろいろあるとは思うんですが、制度はあっても周知されなくては意味がありません。そこで、保険料の減免制度、あるいは窓口負担金の減免制度、無料低額診療事業など、病気になって収入が減ったときにも、医療にかかりやすくする、お金がないことで医療にかかれなくなる事態を回避するために、それらの制度を周知するために、どのようにしてきたのか、伺います。
青木生活福祉部長:国民健康保険の一部負担金減免制度については、これまでも国民健康保険パンフレットやホームページでの紹介に加えまして、この10月に市内の病院に制度案内チラシを送付しまして、医療費の支払いで困っている被保険者に対し、区役所へ相談していただけるよう周知を行いました。また、無料低額診療事業については、事業を実施している医療機関の一覧を本市のホームページに掲載し、事業の周知を図っております。
古谷議員:私、まだまだ周知が足りないというふうに思いますが。それでは、それらの制度が実際に活用されてきたのかということで、例えば窓口負担金の減免制度について、平成22年度の1年間かけて、どれだけ活用されてきていますか、伺います。
青木生活福祉部長:国民健康保険の一部負担金減免制度の22年度の延べ利用者数ですが、62人でございます。
古谷議員:1年間かけて62件ということですが、余りにも少ないと私は考えますが、これについて、局長、見解を伺います。
立花健康福祉局長:あんまり多くてもいけないんじゃないかというふうに思います。
古谷議員:無料低額診療事業をあらためて増やすために、医療機関への周知はどのようにしておりますか。
青木生活福祉部長:無料低額診療事業については、現状では医療機関に対する積極的な周知までは行っておりません。本事業については、現在国で事業のあり方の検討を進めているところでございますので、医療機関に対する周知方法についても、その結果を踏まえて検討していきます。
わかりづらい国保減免制度の説明
古谷議員:新しく国保のガイドブックができたと先日うかがいました。その中には「保険料納付にお困りの場合」というページの中で、制度概要が書かれています。しかし、実際自分がこの減額対象に当てはまるのかどうか、この制度が使えるのかどうか、大変私自身がわかりづらい書き方だなというふうに感じております。各医療機関の中でも、患者さん向けに周知の工夫をすること、あるいは国保の保険証の更新の際に、全ての方々に周知することとか、できるだけ制度を周知して制度をしっかり使ってもらうことが大切だと思いますし、そのことが生活保護制度へと使うことなく自立を助長することになると思いますが、局長、いかがですか?
立花健康福祉局長:そのように思います。
古谷議員:ぜひ積極的に周知していただきたいというふうに思います。今回は時間の関係で触れませんが、制度そのものの拡充もぜひ検討していただきたいというふうに思います。こういった制度が周知されずに、必要な方に活用されなかったりして、また国民健康保険証の取り上げ・資格証の発行によって生活困窮に陥った方が、結果的には、第二・第三のセーフティーネットでは救えずに、最後のセーフティーネットである生活保護に至ってしまう。小さな出費を削ることで大きな出費に至ってしまうことになっていないでしょうか。あらためて、低所得にあえぐ市民を助けるセーフティーネット網の2重にも3重にもしっかりと構築していただきたいと要望しておきます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「課外活動は原則、放射線量を測定してください」との踏み込んだ通知

10月11日 火曜日。晴れ。
小中学校の課外活動への通達に引き続いて、市立の保育所・民間認可保育所・横浜保育室などへあてての課外活動への通知が出ました。
img087.jpg
img089.jpg
img090.jpg
中々踏み込んだ内容で、「放射線量を測定することができないことから、原則として活動場所を変更してください」とまで、しっかり書かれています。
しかしその後に、芋ほりの記述では従来どおりで、前段に紹介したものと比べて、対応がちぐはぐな感じです。担当の吉川課長と話をすると、「土壌は県の調査で低く出ていますので、大丈夫です。芋は、県が検査をしているので大丈夫です」とのこと。
????????
いまいち一貫性がないですね。
少しずつ、少しずつ、発展はしていますが...。
この内容をある保育園の理事長さんに伝えると、現場は大変困る、とはっきり言われてしまいしました。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市会議員のとある週末

10月10日 月曜日。晴れ。
議員の活動は、連休だからといって、暇になるわけではなく、むしろ、世間の休日の方が忙しい一日を過ごします。この3連休も、区内の各地での挨拶回りをしながら、50人を超える後援会旅行のお見送りがあったり(大島の旅でした、本当は行きたかったですけど...)、
CIMG4771.jpg CIMG4772.jpg
各地域の運動会でご挨拶させていただいたり、
CIMG4774.jpg
年金者組合鶴見市部の定期総会に、一言ご挨拶をさせていただいたり、
CIMG4776.jpg
あちらこちらと、飛び回って、忙しい連休を過ごしました。

いよいよ、明日からの決算議会も、大詰めです。
私は、健康福祉局と教育委員会の質問が残っていますので、
原稿チェックして、明日に備えたいと思います。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見区内での放射能測定会のお知らせ(鶴見市場地域を追加)

鶴見区内(横浜市)での放射能測定会のお知らせ!!

梶山地域での測定会
  10月15日(土)AM9:30から
  集合場所・・・梶山診療所 友の会
  三ツ池公園近辺を測定予定です。

鶴見市場地域での測定会
  10月15日(土)PM2:00から
  集合場所・・・未定
  公園中心に測定予定

どちらの地域も、Radiを2台持って、あちこち測定してまわります。
機械をお持ちの方も、そうでない方も、ただ見るだけの方も、
測定器に触れてみたい方も、
どんな方でも、お気軽にご参加ください。
私の連絡先は、メールアドレス y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
携帯電話    090-6528-9414


子どもたちの未来は、私たちが守る!頑張りましょう!!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします 
  
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします