古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

0.6μシーベルト超を確認した獅子ケ谷での測定会、その様子は...

9月30日 金曜日。晴れ。
今日は、メールで相談があった獅子ケ谷にお住まいの方と一緒に、獅子ケ谷周辺地域で放射線料の測定を行いました。総勢は6名で、中にはメールでお手伝いできる方と呼びかけたところ、佃野町にお住まいの方から「手伝ってもいいよ」とのメールがあり手伝っていただきました。

二ツ池に集合して打ち合わせ。「昨日も東台小学校で今までで最高の放射線が測定された。いま0.59μシーベルト以上は、市に連絡すれば再測定の上、汚染物質は除去してもらえる。見つからないことに越したことはないですが、子どもたちが立ち寄りそうなところを中心に測定してきましょう」と私からお話をしながら、測定の流れを確認しました。
少し高台にある、獅子ケ谷公園と依頼された方のマンション近辺を中心に、歩きながら随時測定していきました。
CIMG4735.jpg
公園内は、0.07〜0.129μシーベルトで、それほど高くないことを確認。そこから階段を下がって行くと、谷戸になったところでは空間線量も0.1μシーベルトと高く、地表近くでは0.174μシーベルト。そのまま歩いている中で、路上のなんでもない吹き溜まりのところを図ってみると、
CIMG4736.jpg
数値がぐんぐん上がっていきました。
CIMG4732.jpg
市が対応する基準の0.59μシーベルトにあと少しの、0.534μシーベルト。どんなところにもホットスポットはあります。
依頼者のマンションの広い中庭近辺を測っていると、子どもたちがよく遊ぶところも、0.233μシーベルトと高い。
また、最近の小学校で高い線量が確認されている屋上、
IMG_3988.jpg
測ってみると、やっぱり出ました。本日の最高の放射線量を測定、数値は、
IMG_3990.jpg
0.648μシーベルト。
今回は、依頼者がマンションで対応するとのことで、市への連絡はしませんでした。

測定を終えての参加者からの感想です。
「今日は、放射能測定会お疲れさまでした!そして本当に有難う御座いました!!
身近な場所で、具体的にどんなところが危険で、気をつけたり、
除染を行えば良いのかがわかり、ぼんやりとした不安が明確になり
精神的にも落ち着くことができ、本当に感謝しきれません!
そもそも、市民の呼びかけに素早く対応して頂けたことに
本当に感動しています。
放射能に関して言えば、これからまだまだ課題は山積みですが、
もっと市民が声を発し、訴えかけることが大事なんだなということを痛感しました。」

ということで、これからも、相談あればどこにでも行きます(鶴見区内)ので、ご連絡ください。
メールアドレスは、y-furu3941@triton.ocn.ne.jp


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

お気軽にご相談ください。

相談やお困りごとがありましたらこちらまでご連絡ください。
携帯:090-6528-9414
mail:y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
事務所:045-504-5121
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

DATE 2011/09/30(金) 09:50 相談 トラックバック(-) コメント(-)

プロフィール

古谷やすひこ
横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこ。
1971年生まれ,”不惑”の40歳。
何事にもしっかりスジを通す日本共産党の所属です。
連絡先 
090-6528-9414(個人携帯)y-furu3941@triton.ocn.ne.jp(個人PC メルアド)045-504-5121(事務所電話)

中央大学法学部法律学科(夜間部)卒業。
財団法人横浜勤労者福祉協会 汐田診療所事務次長、汐田総合病院事務次長などに従事、現在は同協会顧問。
鶴見区矢向1丁目に住んでいます。
家族は、妻と子供が3人(7歳9歳12歳と男の子3人です)。
趣味は、なんといっても、オートキャンプ!年に、5~6回は行きたいですが...なかなか行けなくなりました!
得意料理は、山芋たっぷりのお好み焼き。
好きな作家は、たくさんたくさんいますが、東野圭吾や帚木蓬生、梁石日、久坂部羊などなど、ジャンルは問わずとにかく本屋さんをウロウロするのが趣味!
何かご相談事あれば、お気軽に連絡ください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

DATE 2011/09/30(金) 09:49 プロフィール トラックバック(-) コメント(-)

病院経営局について質疑の場に立ちました!

9月29日 木曜日。晴れ。
昨日から、昨年度の横浜市の各局の事業や決算について論議する決算特別委員会が行われています。
今日は、局ごとの審査の初日、病院経営局について質疑の場に立ちました。
P9290014.jpg
 横浜市2010年度決算特別委員会・病院経営局の審査で、古谷やすひこ議員が日本共産党を代表して、防災計画での病院経営局の役割、市民病院の新生児特定集中治療室(NICU)および緩和ケアについて質問しました。
 周産期医療において、危険な状態で生まれてきた赤ちゃんを集中的に治療するNICUが不足しています。また、がんによる痛みや辛さをやわらげる緩和ケア病棟のニーズも高まっています。
 ところが市民病院では、周産期医療に不可欠なNICUのベッドが6床あるうち、3床しか稼働しておらず、緩和ケア用ベッドも20床のうち稼働しているのは10床です。古谷議員は、フルオープンできないのは必要数の看護師が確保できないことを質問で明らかにした上で、「市民病院として政策医療に責任をもつ立場で、NICUと緩和ケア病棟、フルオープンさせて、市民の要望に応えていただきたい」と要望しました。
 大場副市長は、「産科拠点病院の整備やNICUの整備を行う病院に対する病床の優先配分など、周産期救急患者の受け入れ態勢の強化に努めていきたい」と答え、鬼頭市民病院長は「同規模の緩和ケア病棟を有する他の病院の体制等を参考に、適切な体制を整えていきたい」と答弁しました。

詳しくはコチラ


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

速報!鶴見区の東台小学校で0.96マイクロシーベルト!

速報です!!
鶴見区の東台小学校の屋上で0.96マイクロシーベルトを測定。
img076.jpg
img077.jpg
まだまだ、ホットスポットはあるはずです。
早急に、子どもたちの行動範囲を測定して、除染していくように市に働きかけていきましょう。

明日9月30日(金)AM9:00から
獅子ヶ谷周辺地域での測定会を行います。
お手伝いしていただける方、二つ池に来てください!!
自宅メールアドレスは、  y-furu3941@triton.ocn.ne.jp
携帯は、090-6528-9414


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

学校給食食材の全食材検査を行います by林文子市長

9月28日 水曜日。晴れ。
今日から、2010年度の決算特別委員会が始まりました。初日は、終日「総合審査」ということで、各党から代表して、質問します。明日からは、各局ごとに、市会議員は二つに分かれて、質問します。
今日の質疑の中で、放射能汚染の問題のやり取りの中でも、いくつか進展がありました。
まず、
「低レベルの汚染については健康影響がわからないので、できれば食べないほうがいい」との立花健康福祉局長の答弁。
そして
「学校給食食材の検査について、毎日1校を選定して、翌日の全食材検査を行います」との林文子市長の答弁。

一歩ずつですが、市の認識も、対応も変わりつつあります。

明日から、昨年度の決算の局別の検査が始まります。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見区内での測定を手伝ってください!!

お知らせです。
鶴見区内を放射線量の測定をしますよ、と呼びかけたところ、2箇所決まりました。

①獅子ケ谷周辺 9月30日 AM9:00集合  二ツ池 (http://yj.pn/vRKKkK)
  獅子ケ谷市民の森など
②梶山周辺   10月6日 AM9:30集合  梶山診療所(http://yj.pn/Pl4b0Y)
  三ツ池公園など

どちらも、Radi2台で測定します。
ぜひ、お手伝いしていただける方、急募します。

また、鶴見区内の別の場所でも測定して欲しいところがあれば、
y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで連絡ください。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

10万ベクレル超も管理処分場に 埋め立て容認へ、環境省

10万ベクレル超も管理処分場に 埋め立て容認へ、環境省

 環境省の有識者検討会は25日、1キログラム当たり10万ベクレルを超える放射性セシウムを含む焼却灰などについて、外部に放射線が漏えいしない対策を取った上で管理型最終処分場で埋め立てを容認する方針で一致した。コンクリート製の箱に詰め、全体を覆土する方法を想定、来月の次回検討会で詳細な埋め立て方法などを議論する。

 10万ベクレル超の焼却灰について、環境省は有害な重金属などを含む廃棄物を埋め立てる遮断型最終処分場での埋め立てが可能としてきたが、委員から「処分場の作業員や周辺住民の安全が確保できれば、管理型処分場での埋め立てでも問題ない」との指摘があったという。

2011/09/25 19:47 【共同通信】

南本牧問題が再燃しかねません。
地方議会だけではなく、国の大元から変えていかなければ、問題解決には至りません。
日本のすべての「放射能から子供たちを守りたい」「原発はいらない」の声を集めて、国を動かさなければ、次々と問題が出続けます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

福島第一原発と同様の危機が首都圏にも!!

9月25日 日曜日。晴れ。
今日は、「原発ゼロへ!原子力空母はいらない!」と題した、米原子力空母ジョージワシントンの横須賀母校3年抗議集会が行われ、自衛隊の艦船が浮かぶ横須賀のヴェルニー公園に家族で参加しました。
CIMG4720.jpg CIMG4724.jpg大きな原子力災害を招く可能性のある原子力空母の存在は、横須賀に「原発」を設置されていることと同じです。ジョージワシントンの原子炉は、熱出力60万キロワットの原子炉を二基搭載しています。もし大きな地震やその地震によって引き起こされる津波によって、冷却水が取水できなくなることが起これば、福島第一原発事故と同様の事故が起こる可能性があります。
そうなってしまえば、「全員が死亡する7シーベルトの被爆範囲は風下8㌔。半数が致死に至る3シーベルトの被爆範囲は13㌔で三浦半島がすっぽり入ってしまいます。さらに急性症状を起こす250ミリシーベルトの被爆範囲は60㌔で、神奈川県内全域と東京都・房総半島の大半が範囲になります」との予測も出ています。
CIMG4719.jpg
集会の最後には、「原発ゼロ」「原子力空母いらない」の紙を掲げて参加者全員でアピールしました。
CIMG4731.jpg CIMG4722.jpg

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見区内の放射能測定、どこでも行きます!

9月24日 土曜日。晴れ。
今日は、梶山地域・矢向地域で挨拶回りを行いました。
そのついでに、一昨日届いた「Radi PAー1000」を試しに使ってみました。
CIMG4717.jpg
鶴見区梶山の梶山診療所の中庭で図ったところ、怪しそうなところも含めて、0.04μシーベルトから0.08μシーベルトの間。しかし、雨樋の受け口のところを図ったところ、
CIMG4715.jpg
0.145μシーベルト。結構な高さです。
やっぱりホットスポットは、法則があるので、いそいで市内のホットスポットについて、
測定して除染を行うことが必要です。

そこで、
「鶴見区内の放射能測定、どこでも行きます!!」ので、どこでも呼んでください。
但し、市内全域では余りにも広すぎるので、鶴見区限定とさせてください。
連絡は、y-furu3941@triton.ocn.ne.jp (古谷の自宅メールアドレス)まで。

また、10月6日には、朝から梶山地域で公園など含めて2〜3台で測定行動をを行います。
協力していただける方は、是非お手伝いしてください。
また、私が顧問を務めています「汐田総合病院友の会」でも、同じ機種を購入していて会員さんを中心に貸出をする準備をしています。

土壌が汚染されていることは、はっきりしたわけですから、私たちが出来ることをまずやって、行政にもしっかり動いてもらうように、働きかけていきます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

原発がある限り、新たな放射能汚染源となり続けます!

9月23日 金曜日。晴れ。
今日は、夕方から鶴見駅西口で、
「原発ゼロの日本へ」
「期限を決めて原発からの撤退を」
「鶴見区『原発ゼロ大宣伝・署名行動』」
を参加者総勢40人で宣伝してきました。
CIMG4709.jpg CIMG4710.jpg
中島文雄 前市会議員をはじめ、次々とマイクを握り、脱原発・自然エネルギーへの転換を訴えました。
                   CIMG4712.jpg
私からは最後に、こう訴えました。
「国連総会で野田首相が事実上の原発推進表明をしたことは、皆さんの気持ちと一致しているでしょうか?
首相のこの発言は、原発の再稼働を急ぐ電力会社やアメリカ側の意向に沿ったもので、決して、国民の皆さんの方を向いて発言したものではありません。横浜の一連の放射能汚染の問題のすべての根幹は、原発の存在にあります。いくら、土壌を除染したり、食品の検査体制を整えても、原発がある限り、新たな放射能汚染源となり続けます。こんな放射能と生き続けていくことをみなさんに強要するような発言が、首相の発言です。こんなことは許されません。横浜市も、市民の切実な声をきいて、放射能汚染への対応も少しずつ変わりつつあります。国の方も、日本国中の国民の皆さんひとりひとりの声を集め、大きく動かしていきましょう!!」

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

市民に放射線測定器を貸し出せ!!

9月22日 市長あてに、市の放射能対策への緊急申し入れを日本共産党市会議員団として行いました。
DSC_0004.jpg
市の放射能汚染対策についての緊急申し入れ
 3・11東日本大震災を引き金に起こった福島原発の事故は、いまだ収束を迎えるというには程遠い状況です。そんな中、横浜市の学校給食にセシウムに汚染された稲藁を摂取した牛肉が市場を経由して提供されてしまいました。その後、放射能汚染された下水汚泥焼却灰が南本牧最終処分場に埋め立てされるという発表が突然出され、その後市民や港湾・漁業関係者からの猛反対を受け、「凍結」されました。さらに、港北区で見つかった極めて高濃度の「ホットスポット」(周辺より高い値の放射線量が測定された場所)が市民からの通報で見つかり、堆積物を撤去するということまで起こりました。
その全ての問題の大本の責任は、東京電力と国にあります。しかしながら、市民の不安を取り除くべき行政が、逆に不安を増幅させているのが、今の実態です。このような不安な思いをもった市民に対して、寄り添わない市の姿勢は問題です。
そこで、市の放射能対策について、特に緊急を要する下記の事項について要望します。

1.土壌のホットスポット対策について
(1)市民の通報を待つことなく、子どもたちがよく利用する施設(学校・保育園・幼稚園・公園・砂場など)の放   射線量測定と撤去作業を、直ちに市として行うこと。
(2)ホットスポットについての情報を市民に周知すること。
(3)放射線量測定機器を十分に揃え、市民に貸し出すこと。
2.下水汚泥焼却灰の処理について
   市中の最終処分施設で埋め立て処理をするのではなく、国が責任を持って、放射性物質を含んだ焼却灰の処   理をするよう、国に強く求めること。
3.学校給食の放射線量測定
   土壌汚染が明らかになった以上、あらためて現行の1食材ではなく、主要な全ての食材あるいは給食1食分   の放射線量を測定すること。
4.「広報よこはま 震災対策特別号放射線特集」について
   低レベル放射線被曝についての安全性は、専門家の中でも見解が分かれている問題です。その見解が分かれ   ている問題に市が答えを出すようなことは誤りです。「広報よこはま」の震災対策特別号放射線特集第2弾   を直ちに発行して、放射能と市民がどう向き合うか、正しい知識と情報を伝えるようにすること。
5.東京電力・国へ請求
   本市が費やした放射能対策費用の全てを、市民の税金を使うことなく、東京電力と国に対して随時請求する   こと。請求額はその都度公表し、この問題についての責任の所在を広く社会に知らしめること。
DSC_0011.jpg
緊急の申し入れで市長不在だったため、放射線対策部の大場副市長に要請しました。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

今までで最高のホットスポットが市内の小学校で見つかった!!

SCAN0011.jpg
前回、港北で見つかったホットスポットは、0.91μシーベルト。
今回は、それを超える0.92μシーベルトが見つかりました。
これから、順次、全市立学校で測定を行うこととなりました。

見ていただくと気づくと思いますが、「除染」という言葉は一切文面では出てきません。
それは、市側によると「『除染』ほど、放射能レベルが高くなく、清掃をした」ということです。
「清掃」の様子も、港北の土木事務所で写真を見せてもらいましたが、
ほうきとちりとりを使って、まさに「清掃」そのもの。
これは、またまた問題になるのではないでしょうか?

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市鶴見区の台風被害について(第二報)

鶴見区の台風情報です。
img074.jpg倒木や壁の一部崩壊、看板などが倒れてくることなど、今回は主な被害となりました。
泊り込まれて、対応に当たられた職員の方々、本当にお疲れ様でした!!


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

10月からの子ども手当てについて(お知らせ)

10月からの子ども手当について。
金額については以下のとおりに変わります。
(2011年10月~という欄です)
img072.jpg
手続きについては特に変わりません。支給される条件は若干変わっています(詳細は厚労省HPへ)。
今回の改定で問題なのは、支給された子ども手当てから、保育料や学校給食費についても、自治体の判断で徴収できるようにできるとのこと。
しかし結果的には、「システム変更が間に合わないため」横浜市は、給食費や保育料を子ども手当てから徴収することはありません。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

「下水汚泥処理施設を視察」しんぶん赤旗9/22付

9月22日 木曜日。曇り。
今日付けのしんぶん赤旗に、記事が載りました。
img071.jpg
右上のほうに、傘を持っている黒く写っているのが私です。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

鶴見の台風情報です。

鶴見区の台風情報です。

・市災害対策警戒本部の設置状況
  設置日時 平成23年9月21日(水)00時29分
  区災害対策警戒本部設置・・・全区
・停電
  15:56発生 鶴見区駒岡一丁目、獅子ヶ谷二丁目(停電戸数149戸)
  16:36発生 梶山一丁目、北寺尾一~四丁目、下末吉六丁目、東寺尾五丁目、三ツ池公園、駒岡一丁目、獅子ヶ谷一丁目

人的被害はないようです。
以下は、今晩の人員配備状況です。

「配備人員等」
  区配備人員   327人
  局配備人員   896人
  総配備人員  1,223人

CIMG4708.jpg
これは、市役所をでたところで撮影したものです。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

たまり続ける放射性物質を含んだ焼却灰の現場

9月21日 水曜日。雨風激しい一日。
今日は、朝から緊急の区の議員団会議。下水汚泥焼却灰の処理について、廣段下水道施設管理課長から報告と質疑がありました。その中で明らかになったことは、
・市内2箇所の施設で一年間で6億トンの下水を処理し、1万5千トンの焼却灰が残る。
・一日一日南部で20t、北部で20t(うち5tは改良土として出している)がたまり続けている。
・北部はまだ場所があるが南部はまもなく一杯になる。南部のものを北部にもってくるということは、現在考えて いない。
・働いている人の健康対策として、灰を袋に詰めている請負の作業員には防護服とマスク・線量計を持たせてい  る。
・汚泥を燃やす炉は5号まであり、煙突にはバグフィルターで99%灰を補足している。線量は図っていない。
・仮置きは、ブルーシートを引いてフレコンバッグに詰めた焼却灰を並べ上からブルーシートで包むというもの  で、いずれ朽ちてしまう。長期保存も検討している。
などなど。
その後、北部汚泥資源化センターへ。
CIMG4674.jpg
及川係長から施設概要の説明。
「この施設は市民200万人分の下水を処理している。」「130〜150ベクレルに落とした改良土の搬出は今週から止めている。」「施設の境界線には、一週間に一回放射線量測定を行なっている。」
現場を見ることに。
左側が焼却炉の建物で、右側がその煙突。
CIMG4677.jpg CIMG4678.jpg
これは消化タンクと呼ばれる建物で、下水汚泥を減量させ性状を安定させるもの。
CIMG4679.jpg CIMG4686.jpg
これは、焼却炉に入れる前の「汚泥ケーキ」と呼ばれるもの。目にしみる臭いでした。
CIMG4699.jpg
そしてここが、放射性物質を含んだ焼却灰を「フレコンバッグ」に詰めているところです。
一応、”フル装備”で作業されていました。(この作業されている方々は、請負契約の労働者です。)
CIMG4687.jpg CIMG4688.jpg
これが、放射性物質を含んだ汚泥焼却灰を野積みしているところです。
CIMG4689.jpg CIMG4690.jpg
結び目はこんな感じ。                   カッパを着ただけで作業されています。
CIMG4695.jpg CIMG4694.jpg
場内では、フレコンバッグをこんな感じで運んでいます。
CIMG4697.jpg
焼却灰のサンプル。                    建設発生土を混ぜて改良土になります。
CIMG4703.jpg CIMG4704.jpg
生きている誰もが出す汚泥を今までは、すべてリサイクルしていたものが、今は巻き散らかされた放射性物質のため、処理できずにたまり続けています。
この問題をどう解決するのか?
当面は、今の状態のような野積み状態の仮置きではなく、保管する施設を作ること。
そして最終的には、国が責任をもって処理する場所を作ること。
これしかありません。

この問題で横浜市が何も”泥をかぶる”必要はありません。
正々堂々、市民のために、国に処理を求めてください!
林市長!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

児童生徒が近づく可能性のある場所を市が測定!

9月21日 放射線対策部からの記者発表資料です。
img068.jpg
img069.jpg
17日に発表した、港北区内で”マイクロスポット”対策を行ったことを受けて、港北区内の全市立保育園と全市立小学校で放射線測定がを行われたようです。
重要なのは、「公園緑地」なども測定・清掃・撤去を行っていくとのこと。
とりあえず、お知らせまで!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜市民の皆さん!一人で120万円も使う海外視察を認めますか?

横浜市議会第3回定例議会が、一旦終わりました。
今回は、震災対策での予算が目立つ補正予算。議案も大きく賛否を問われるものは、なかったという印象です。
そんな中で、放射能汚染への対応が次々とせまられる事態になりました。

法案や補正予算などへの賛否を確認していた中に、「職員派遣について」という議題で、いわゆる「海外視察」が本会議場で、その賛否が問われました。私たち日本共産党は、この問題では「なぜ一人あたり120万円もかけて海外での視察が必要なのか」「もし海外視察が必要であれば、歳費とは別に月々55万円出されている政務調査費を使うべきではないか」との主張で、一貫して海外視察に対しては「止めるべき」の立場を貫いています。
しかし、本会議場では、日本共産党以外の全ての市会議員さんが、認める結果となりました。
しかも、この海外への「議員派遣」については、「質疑・討論は行わず、即決の扱いとする」「意見等があれば、議会運営委員会で表明することができる」ことと、取り決めがなされていて、もちろん議会運営委員会では反対の立場を表明しましたが、本会議場では、議論されることなく、粛々と決められてしまいました。

横浜市はお金がないない、と、ことあるごとには言っている一方で、概算で一人当たり120万円、
自民党・民主党・公明党・みんなの党、全部で23人。
単純に計算すると、2760万円の支出です。
今のご時勢で、一人当たり一回で120万円も使うようなことが、一般有権者からみて、どう映るのでしょうか?
また、今回派遣される先生方は、有権者にきちんと成果物を出せるのでしょうか、その金額に見合うものを。
img065.jpg
数ヶ月前には、地方選挙の選挙戦の中で、「無駄遣いをなくします」と、いろんな方が言っていませんでしたか?
有権者の見えないところで、議論もせずに、さっさと決めてしまうのは、余りにもひどい!
市の財政が厳しい中、当面、海外視察は辞めるべきだし、行くのであれば潤沢にもらっている政務調査費を使うべきである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。





にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

測定器もなしに、ホットスポットを除染せよ、との緊急通達!?

9月20日 火曜日。曇り。
先週末に発表された港北の土壌汚染問題で、担当課長は朝からバタバタで逢えずじまい。
それでも、いくつか分かったことがあります。
一つは、港北の除染の様子を写真でみましたが、普段の服装でマスクもせずに、ほうきとちりとりで土を取っている様子が写っていました。除染の際のルールがない!
もう一つは、土曜日に緊急記者会見をして、翌日には(日曜日なのに)保育園の施設長あてにホットスポットが疑われるところについて除染せよとの通達が出されています。しかし、それを支持された園側は戸惑いながら、測定もしないまま、除染作業をしたようです(全てかは分かりませんが)。
img063.jpg
そして、保護者向けに園で張られているものがこれ。img064.jpg
動きが速かったのは、よかったことかも知れませんが、あまりにも放射線のホットスポットについての知識、また除染の方法など、徹底が足りなさ過ぎませんか?
保護者から聞かれても園側も困ってしまうと思います。

今、放射線対策部で土壌調査についての方針の議論真っ最中だそうで、それについては、また明日。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

脱原発を求める「さようなら原発5万人集会」に、なんと6万人が参加!!

9月19日 月曜日。晴れ。
行きたかったけど行けなかった、集会!!なんと6万人!すごいね。
もう、この流れは誰も止められない。
政府は、この声をどう聞くのか?

(下記は、東京新聞ニュースから)


脱原発、6万人の最大規模集会 東京・明治公園
2011年9月19日 18時16分

 作家の大江健三郎さんらが呼び掛けた脱原発を求める「さようなら原発5万人集会」が19日、東京・明治公園で開かれ、約6万人(主催者発表)が参加した。東京電力福島第1原発事故後の集会では最大規模。廃炉に向けて活動している福島県の市民団体メンバーや大江さんらが口々に「原発はいらない」と訴えた。
 「ハイロアクション福島原発40年実行委員会」の武藤類子さん(58)は、原発事故からの半年を「逃げる、逃げない。食べる、食べない。日々、いや応なしに決断を迫られた」と振り返った。
 大江さんやルポライターの鎌田慧さん、作家の落合恵子さんらもそれぞれに脱原発を呼び掛けた。
2011091901000399.jpg
脱原発を求め、東京・明治公園で開かれた集会に集まった大勢の人たち=19日午後、共同通信社ヘリから


脱原発へ、私たちひとりひとりが出来ることを!
私も横浜市会議員としてできることを提案していきます!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

気が付けば、「放射能」関係の読書ばかりなり!!

私が、今日買った本。
内部被爆の真実 ゴーストタウン
1106068762.jpg 1106070274.jpg
1106070984.jpg 1106069200.jpg 
1106056973.jpg 
気が付けば、こういう読書ばかりするようになった近頃。
こういう責任も、経済的負担も、東京電力のせい?

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

子供の運動会に!結婚披露宴に!

17日の土曜日は、子どもたち人が通っている新鶴見小学校の運動会の日。
2重3重の人だかりで、校庭内が大変な人だかりです。
CIMG4665.jpg
そんな大変な人だかりの中、3人の我が子を見つけるのも至難の技です。気づいたら、もう走り終わっていたり、演技が終わっていたりすることも、しばしば。
CIMG4664.jpg
でも、家の中では見せない成長した姿を見るのは、本当に感無量です。
CIMG4668.jpg

翌18日の日曜日の夕方、元職場で同僚だった女性が結婚することにになり、その披露宴に呼ばれました。
新婦のつながりで来ていた三輪さんと一緒に記念撮影。
CIMG4673.jpg
どうぞ末永くお幸せに!!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

速報!横浜市の緊急記者会見「ホットスポット対策」

0000452.jpg
全面的に、横浜市が土壌検査にも取り組むように舵を切ったわけではないようです。
しかし、「市民から通報があれば、今回のようにホットスポット対策には取り組む」ようです。
とにかく情報まで。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

放射能汚染の下水汚泥の焼却灰の処理について誰が責任取るのか?

9月15日 木曜日。晴れ。
下水汚泥焼却灰の南本牧最終処分場へ埋立について、林市長が「市民への説明が足りなかった」とし、計画凍結を昨日発表しました。
しかし問題は全く解決していません。
1日1日、焼却灰は15~40tペースで増え続けています。
金沢区にある南部汚泥資源化センターは、9月中にも保管場所が満杯になる見通しだとのこと。
当面は、南部センターに新たに倉庫を建てるかどうかの検討をしているようである。
しかしそれにしても、解決の方向性はこれでは見えません。

周辺自治体はどうか。
川崎市は、入江崎総合スラッジセンターや浮島第一期管理型埋立地に保管しています。焼却灰の運搬時には飛散防止措置を施してコンテナにつめて保管しているとのこと。8~9ヶ月分にあたる約4500tが保管できる見込みだそうです。保管期限については、「セメント業者の受け入れが再開されるか、安全な埋立策が見つかるまで」とのこと。
横須賀市は、追浜浄化センター敷地内のコンクリート建屋内に保管しています。焼却灰は、飛散しない袋(フレコンバッグ 容量600kg)に充填密封してコンクリート建屋で適正に保管するとのこと。
これまで、焼却灰については全量をセメント材料としてリサイクルしていたが、5月10日以降、焼却灰から放射性物質が測定されてからはセメント会社から受け入れを一時停止されている。
保管期限については、今後のセメント会社の受け入れ状況の変化や焼却灰を埋め立てる処分場が見つかるか、焼却灰の放射能濃度の変化など変動要因がいくつもあるので、明確な時期は特定できない。しかし、追浜浄化センターの敷地にも限りがあるので、いつまでも焼却灰を搬入するということにはならない、とのこと。

つまり、周辺自治体も含めて、関東地方・東北地方の全ての自治体が、「放射能に汚染された下水汚泥を焼却した焼却灰の処理をどうするか」の問題に直面したことになります。
がれきにしても、汚泥焼却灰にしても、放射能汚染した物質をどう処理するのかは、そもそも人類が答えを出していない問題です。日々動いている原子力発電所で、日々出ている低レベルの放射能汚染されたゴミについては、ドラム缶に詰めて積んであったり、結局解決策をもともと持っていません。

だから、
そんな完結していない原子力発電はやめようと、改めて言いたい。
そして、
国の責任で、放射能汚染の焼却灰の置き場について、確保すること。
このことを林市長は国に強く強く要望することを求めます。
千葉の松戸市・柏市・流山市・我孫子市・印西市の5市は、千葉県に対して置き場確保を緊急要望しています。

もともとの発端は、国や東電の責任をあいまいにした「原発事故に伴う放射性物質汚染対処法」の問題です。
これによって、低レベルの放射性汚染の廃棄物は、国の責任を放棄して、地方自治体に丸投げされた形になってしまいました。
発生責任の東京電力と、その監督責任の国は、放射能汚染へ対応と各自治体が負担した放射線対策費用を全て、責任を持つことを求めます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

速報!横浜市の下水汚泥焼却灰の埋立は凍結決定!!

img055.jpg
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

15日から予定されていた南本牧に下水汚泥焼却灰を埋め立てることは延期されました!!

9月13日 火曜日。晴れ。
今日は、病院経営局健康福祉局の常任委員会。
様々議題があった中、この間の横浜市の「総合的震災対策」を論議しました。
直接の担当部局ではありませんでしたが、下水汚泥焼却灰の埋め立ての問題について質問しました。
これは、9/10付けの新聞各紙に出ていた問題で、北部と南部の下水道施設に野積みされている下水汚泥の焼却灰を南本牧にある最終処分施設に埋め立て処理をするというもの。
minamihonmoku_add22_12.jpg
昨日の経済港湾の常任委員会で出されたのは以下の資料です。
SCAN0010_20110913204419.jpg
この内容について、自民党・横山議員が質問したことに関連して質問しました。
古谷「この埋め立て決定に当たって、住民の説明会は行いました?」
当局「行なっておりませんので、これから住民の方や沿線の方へ行う予定です。したがって、15日から埋め立て   開始することはありません。」
古谷「沿線含めて地域の方へは全く説明しないまま、埋め立てしようとしたんですか?」
当局「以前には、説明したことがありましたので...」
古谷「それはどんな内容で、いつ行なったんですか?」
当局「今は答えられません。」

ともかく、15日からの埋め立ては当面延期することになったようです。
しかし、この問題は何から何まで分からないことだらけです。

放射能汚染した下水汚泥をどんな施設で燃やしたのか?フィルターなど対策は万全?
「長期的な管理の方法を検討した上で埋め立て可能」との政府指針があるが、どんな検討をしたのか?
なぜ地元住民への説明を全くしないのか?
また地元で漁業に従事されている方々には説明したのか?

あす朝から、担当者の方呼んで、また報告します。

しかししかし、この問題の発端は、国会で通ってしまった「原発事故に伴う放射性物質汚染対処法」の問題があります。民主・自民・公明・みんなの賛成で通りました。
私たち日本共産党の反対の理由は、以下のとおり。

本会議に先立つ環境委員会で反対討論に立った日本共産党の市田忠義議員は、国が除染処理をするのは年間放射線量20ミリシーベルト以上の地域のみで、それ以外は自治体や住民任せにしていると指摘。「汚染にさらされている福島県民をはじめ国民の苦難と不安にこたえることはできない」と批判しました。

 また、汚染レベルの低い廃棄物を一般廃棄物とみなし、地方自治体で処理させることについても、「地域住民の健康や生活環境への不安をいっそう拡大し、到底容認できない」と強調しました。

 汚染処理費用については、東京電力にすべて賠償させるべきであり、国は、国民の命と健康を守る立場に立って、すべての環境汚染に対し責任をもって処理することを明確にして、大規模かつ長期的事業として取り組むことだと強調。「そうした点をあいまいにして、地方自治体と国民に負担を負わせ、責務を課し、国の施策への協力を求めるなどは本末転倒だ」と批判しました。

この法律が通ったことによって、いわば東日本中心に、日本国中に放射性物質が巻き散らかされる可能性が出てきました。今回は、横浜市から動き始めていますが、いずれ、周辺市や県にも広がることになります。こうなれば、どこから手をつけていいかわからない事態が出てくることが予想されます。
ともかく、新しい情報がわかり次第、提供していきます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!私の活動の励みになりますので、応援のクリックをお願いします。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

いい映画です!!「さようならUR」

9月11日 日曜日。晴れ。
今日は、以前から観たいと思っていた「さようならUR」という映画が桜木町の海岸通団地の集会場で上映されるということでうかがいました。
はじめに、海岸通団地自治会の平山会長のあいさつ、続いてドキュメンタリー映画監督・早川由美子監督からのあいさつ で始まりました。
CIMG4643.jpg
映画は、東京日野市にあるUR管理の高幡台団地、その中でもメインの建物である73号棟が耐震性を診断したところ「耐震性不足で取り壊し」されることになった。
しかししかし、本当にこの建物が危ないのかを住民が調べようとしても、構造設計書を住民が開示請求して、URから出てきた資料は、表紙のみで後は真っ黒の黒塗り資料だけ。本当に、この建物は危ないのか、改修して住み続けることはできないのか?
URに交渉に行っても、門前払い。
退去を求められ、家族の中でも意見が対立する。
URからの度重なる追い出し工作に、心身の不調を訴える住民。
この問題での様々な専門家の意見。
URトップへの突撃取材。

映画の予告編はコチラ。

映画の上映情報などは、コチラ。 http://www.petiteadventurefilms.com/index.php

私は、この映画を新聞記事で見て、ぜひ観たいと思いました。今、鶴見区は、様々な大規模な開発計画が持ち上がっており、そのほとんどの事業主体がURです。そのURは、公の責任としてどんな仕事をするのか、気になっています。
この映画自体は、住宅の問題ですが、URがどんな姿勢で住民を見ているかはよくわかります。
今、公の職務につく組織や個人が、何のために、誰のために、その仕事をしているのか、問われることが多いです。
URは、公の機関として、市民に良質な住戸を安価に提供する使命を持っているはずです。
その使命に照らして、今やっていることが正しいことなのか、映画は静かに問いかけています。
そのURが「法律」を盾に、本来の責務を果たさないのであれば、その「法律」を変えるのは政治家の役割です。
あらためて、自身の立ち位置を再確認して頑張りたいと思います。

(年齢は聞かなかったですけど)若い早川由美子監督が住民目線でよりそっている、いい感性だと思いました。今後に、活動に注目します。ありがとうございました。
CIMG4644.jpg

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

ガン啓発キャンペーン「リレーフォーライフ」に参加してきました!!

横溝屋敷の「お月見・竹とうろうまつり」の後、そのまま家族で、日産スタジアム脇にある日産フィールド小机で開かれていた「リレー・フォー・ライフ ジャパン2011 IN新横浜 第4回」に参加。
リレーフォーライフとは、アメリカで始まったガンに負けない社会を目指す、ガン啓発のキャンペーンです。アメリカでは5000箇所以上世界20箇国で開催され、国内では30箇所で開催されています。SCAN0009.jpg
会場では、無数のルミナリエバッグと呼ばれる紙袋にメッセージを書いてトラック沿いに並べてあります。その周りを24時間、様々な方が歩き続けます。
CIMG4638.jpg
会場スタンドには、ルミナリエバッグで作られた「HOPE」の文字がきれいに浮かび上がっています。
CIMG4639.jpg
俳優の渡辺裕之さんも参加しておられ、記念撮影させてもらいました。
CIMG4637.jpg
トラック内には、協賛団体のテントが張られていて、市会議員のテントも。
CIMG4642.jpg
ガンで亡くなったり、そのことで悲しい思いをする方々を少しでも減らせるように、私も市の検診制度の低い受診率を上げるように、頑張ります。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←ブログ村ランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします