古谷やすひこの政治を変えるチカラ 

[日本共産党の横浜市会議員]

日本共産党の横浜市会議員(鶴見区選出)の古谷やすひこです。私の活動をご紹介させて頂きます。鶴見区をよりよい街にするために様々なアイデアもどんどん募集しています。ご意見やご相談は y-furu3941@triton.ocn.ne.jp まで。ツイッターは@furuyayasuhikoです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

4男・希望(のぞみ)の命日での我が家の過ごし方 

 7月20~21の一泊二日で、自宅から一番近いキャンプ場、城南島海浜公園のオートキャンプ場に行ってきました。

 昨年の7月20日に、4男・希望(のぞみ)が神奈川県の子ども医療センターで生まれました。元気な産声は上げてくれましたが、すでに複数の障がいをもって生まれてきて、5時間後には亡くなりました。
 葬式のこと、焼場のこと、お仏壇のこと、お墓のことなどなど、そのときから、慣れないことに振り回される日々。あの日から一年がたちました。結局、御骨は、お墓には入れずに、小さなお仏壇の中に置いています。
 今日は、その希望(のぞみ)が生まれてきてくれた日から、ちょうど一年ということで、普通なら命日ということで、御経をあげてもらったりとするところかもしれませんが、家族で話をして、希望(のぞみ)の誕生日会をしようということになり、どこかに食事に行くかと話していました。でも、やっぱり難しい。
 それなら、家族でキャンプに行けば、周りに気兼ねなく、希望(のぞみ)の誕生会ができるのではないかということになり、厳しい日程でしたが、なんとか行ってきました。
 雨の中でテントを設営しバーベキューをしたのち、用意していた誕生ケーキでお祝いをしました。
CIMG6898.jpg

 設営時も撤収時も雨となりましたが。3人の子どもたちは、ずぶ濡れになりながら元気に遊び回っていました。
CIMG6884.jpg
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

我が家の節分

 今日は、節分ということで、三人の子どもたちは学校からそれぞれ、豆ともらってきていて、晩ご飯の時には、「鬼はパパがやってよね」というので、「じゃんけんで決めよう」と提案。しかし結局私が負け。晩ご飯は、妻が頑張って、巻き寿司をつくってくれました。
CIMG5718.jpg
 その後、ジャンケンに負けた私は、鬼となって豆をぶつけられました。
CIMG5721.jpg
 まだ、節分行事を家族でできるというのは幸せを感じられる瞬間でもあります。
 ありがたいことです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜の公立中学校入学にかかる費用は...  高い!!

 1月28日 土曜日。晴れ。
 いよいよ我が家の長男も、今年の春には、中学生になり、近くの公立中学校に通うことになります。今日は、その制服など、諸々の買出しがあるということで、夕方に出かけました。
 「矢向中学なんですが、...」と話すやいなや、店員さん5人ぐらいがワラワラとやってきて、よってたかって、服を着せ始めます。
IMG_0638.jpg
 「上着とズボンとワイシャツを一式揃えていただくと、特典でヤイシャツをもう一枚プレゼント」とか、
 「卒業式用のブレザーなんかも、今なら無料でレンタルできますよ」とか、
 とにかく、それぞれの口からいろんな情報が発せられるので、聞き取る方は大変です。
 とにもかくにも、4月からの入学用の物は一式揃えました。
 上着が、19950円
 冬ズボンが、11445円
 長袖ワイシャツ(2枚)が、5340円
 ネクタイが、1575円
 ベルトが、2000円
 夏ズボンが、10920円
 夏用半袖ワイシャツ(2枚)が、5120円

 しめて、その総額は、56350円です。ちょっとびっくり、高いですね。そのほかに、カバンやジャージなど、今日揃えていないものもありますので、6万円は超えることでしょう。
 その後も含めて、これから次男三男と続いていくと思ったら、教育費にお金がかかっていくのは、これからです。「子育てにお金がかかる」ことを実感して、帰ってきました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

横浜にもっと外国人観光客に来てもらえるようになるためには...~日本語でも全く不自由しない街・ソウル

12月26~27日で、夫婦で一泊二日のHISの格安ツアーでソウルへ行ってきました。
CIMG5358.jpg
ホテルからの移動は、ほぼ公共交通機関の地下鉄を利用。最低運賃で70円ぐらいからです。事故が起こらないようにホームドアが付いていました。
CIMG5360.jpg
ソウルで一番の繁華街・明洞は本当に賑やかです。
CIMG5364.jpg
CIMG5398.jpg
5階までがユニクロが入っているビル。
CIMG5395.jpg
大きな辻には立っている、外国人向けの案内人。もちろん無料です。
CIMG5427.jpg
ソウルタワーは、ソウルのシンボル的なタワー。このタワーを観光資源としてフル活用していることが随所に出てきます。アトラクションのようなエレベーターや展望ラウンジでの観光客を飽きさせない細かな工夫など、もう一回行ってみたいと思わせる、観光スポットです。
CIMG5392.jpg
ソウルタワー近辺は、観光バス以外の車は禁止で、クリーンな電気バス用の給電スタンドもあります。
CIMG5394.jpg
 妻の買い物と食事と若干の観光で一泊二日はすぐに終わってしまいました。しかし、韓国のエネルギーを肌で感じた旅行でした。言葉にも、こんなに不自由しないものかと感心しました。先程の繁華街でもガイドさんはもちろんのこと、小さなコーヒーショップの店員さんでも、カタコトの日本語が使える人がいました。明洞の繁華街では、店員さんの客引きの言語は、ほとんど日本語です。
 ひるがえって、横浜をみてみて、それぞれ観光スポットが外国からこられた方々にとって、どうなのか?考えさせられもします。
 食事もそれぞれ本当に美味しかった。
CIMG5363.jpg
CIMG5373.jpg
CIMG5423.jpg
CIMG5432.jpg
つかの間の休日、充実した二日間でした。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

幻想的でとても素敵な”まちおこし企画”です!!~「宮ヶ瀬湖クリスマスみんなのつどい」に行ってきました!

12月17日 土曜日。晴れ。
今日は、久々のオフ。昼過ぎまでに、DVDを見ながらゴロゴロした後、年末年始の日程調整など、少々仕事を。
その後、家族5人で、宮ヶ瀬湖で行われている「宮ヶ瀬湖クリスマスみんなのつどい」に行ってきました。
到着するまでの道のりは、街灯も少なく、こんなところに人が来ているんだろうかと心配になるほど、寂しい道中でしたが、着いてみると、近くの駐車場はいっぱいで、3番目の少し離れたところにある駐車場に案内されて、会場へ。すると、人・人・人。すごい人出です。
CIMG5288.jpg
会場も広く、そして屋台や模擬店、通常営業のお店など、たくさんの飲食を中心にしたお店が並んでいました。これだけでも、結構行く価値はあるかも。寒かったので、甘酒や豚汁、ラーメンなど、あったかいものに目が惹かれます。
広い会場に至るところに電飾で飾りつけられ、例えるならば、ディズニーランドのエレクトリカルパレードの動かない版みたいな感じ。
CIMG5290.jpg
CIMG5292.jpg
CIMG5297.jpg
シンボル的な大きなクリスマスツリーも、本当に綺麗でした。
CIMG5298.jpg
駐車場への帰り道は、宮ヶ瀬湖にかかる吊り橋を、これまた電飾で飾り付けられたアーチ型の通路がこれまた幻想的です。
CIMG5301.jpg
CIMG5302.jpg
CIMG5303.jpg
この中を歩いていくと、途中で次々と色が変わっていきます。
CIMG5304.jpg
CIMG5306.jpg
CIMG5307.jpg
クリスマスムードを先取りしたような、素敵な空間でした。
難点は、ただ一つ、寒すぎること!!

この企画を運営されていたスッタッフの方々は本当に寒い中お疲れ様でした。
いいまちおこし企画だと思いました。
また来年も、ぜひ来たいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします

キャニオニングに初挑戦!!

なでしこJAPANとの懇談のあと、そのまま三日間のお盆休みを取りました。
市役所からそのまま、妻の実家の新潟へ、夏休みに入って預かってもらっていた小学生の子供たち3人を迎えに出発。翌日には、群馬県にある水上温泉で一泊。いつもは泊まりと言えばキャンプ場だったので、子供たちは大騒ぎでした。
今回の旅の一番のメインは、水上に数あるアクティビティーのひとつのキャニオニングに子どもたち3人と私で参加しました。
キャニオニングというのは、「キャニオン(渓谷)で遊ぶフランス発祥のスポーツで、ヨーロッパでは古くから親しまれています。 水の力がつくりだした天然のウォータースライダーを滑って遊んだり、大きな天然プールに飛び込んで泳いだり、時には沢登りやシャワークライミングのテクニックを駆使しながらゴールを目指します。大自然との一体感とスリルを味わえるリバースポーツです。」(キャニオンズのHPより)
出発前の記念撮影。これから約30分の山登りで、やっとスタート地点に到着。
am.cany 001真夏とはいえ、川の水は本当に冷たい!!
am.cany 002小さな滝をくぐっていきます。
am.cany 025子供たち3人で、天然ウォータースライダーを滑ります。
am.cany 037滝つぼや川の深みにダイブ!
am.cany 065
キャニオニングは、小学校1年生の3男には、ちょっと厳しかったかもしれないですが、長男は大満足、また行きたいとのこと。久々の家族団らんを楽しみました。
明日からは戦線復帰です。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村←私の活動の励みになりますので皆さんからの応援クリックをお願いします